前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 武田勝

    武田勝から見た長野久義長野久義

    も前年の調子を維持したまま好投を続けていたが、4月27日 - 5月23日にかけて先発登板した5試合全てにおいて味方打線が0点に封じられ、不運な5連敗を喫した(日本プロ野球新記録)が、その後は勝ち星を重ねてオールスターゲームにも選出される。しかし登板した7月22日の第1戦で、5回裏に荒木雅博・畠山和洋・ウラディミール・バレンティン・長野久義に本塁打を浴びるなど、「1イニング4被本塁打」というオールスター記録を更新してしまった。後半戦はウィルス性胃腸炎によって発熱と吐き気に襲われたり、シダックス時代に痛めた左肘の張りによって登録抹消された。この年は11勝12敗でリーグワーストの敗戦数となったが防御率2.46と奮闘し、ダルビッシュ有・ボビー・ケッペルとの先発三本柱を形成した。武田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た長野久義長野久義

    は開幕投手こそ東野に譲ったが、春先から好調を維持。4月13日の対ヤクルト戦(北九州市民球場)でシーズン初勝利を挙げると、5月6日の対中日戦から6月18日の対西武戦まで7連勝した。この期間中、5月28日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)で完封勝利、前述の西武戦では1失点完投勝利を挙げ、同年5月の月間MVP(月間MVP受賞は自身2度目)と交流戦優秀選手をそれぞれ受賞した。その後も新たに習得したフォークを武器に安定した投球を続け、前年の不調を断ち切るエース級の働きをみせ、7月19日の対中日戦(新潟県立野球場)でセリーグ投手最速で10勝目に到達。9月25日の対阪神戦(甲子園)では自己新記録となる15勝目を挙げた。巨人の左腕投手の15勝到達は1979年の新浦寿夫以来、32年ぶりであった。最終戦となった10月22日の対横浜戦では、長野久義の代打逆転サヨナラ満塁本塁打で18勝目をあげ吉見一起(中日)とともに、巨人の左腕投手としては1969年の高橋一三以来42年ぶりとなる最多勝を獲得。防御率も自己最高となる1.70の好成績を残した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本勇人

    坂本勇人から見た長野久義長野久義

    開幕当初は1番を打ったが、チームの打撃不振打開策として打順が大きく組み代わり、4月26日のDeNA戦からは3番を任される。その効果があってか打線が開花、交流戦以降チームは首位を独走した。この年は苦手とされた夏場を克服するなど、走攻守1年間を通して安定した活躍を見せ、阿部慎之助や長野久義と共にチームを牽引、3年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。また、シーズン最終戦で3安打を放ち、長嶋茂雄に並ぶシーズン20度目の猛打賞(球団記録)をマークすると共に、初の打撃タイトルとなる最多安打を獲得(長野と同時受賞)。また、自己最高打率(.311、リーグ2位)、盗塁数(16個)、出塁率(.359)を記録した。走塁、盗塁技術にも長け、盗塁成功率は10盗塁以上の選手で両リーグ最高の.941だった。得点圏打率は.286に終わったものの、9月14日の阪神戦(東京ドーム)で岩田稔からの逆転3ランや9月18日の中日戦(ナゴヤドーム)でエンジェルベルト・ソトから放った同点満塁ホームランなどここぞの時の勝負強さは健在であった。日本シリーズでも勝負強い打撃で25打数9安打、打率.360、3打点の活躍で日本一に、その後行われたアジアシリーズでも予選ラウンドから決勝戦に至るまでの3試合で13打数4安打、打率.308、4打点の活躍で球団として初のアジア・チャンピオンにそれぞれ貢献。加えてアジアシリーズMVPにも輝いた。坂本勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤拓郎 (野球)

    伊藤拓郎 (野球)から見た長野久義長野久義

    1年目の春季キャンプ中に右肘靭帯を痛めてリハビリを余儀なくされ、実戦登板は7月になってからだった。10月5日、対読売ジャイアンツ戦でルーキーながらプロ初登板を果たし、長野久義を三振に取るなど1回を無失点に抑えた。伊藤拓郎 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 土本恭平

    土本恭平から見た長野久義長野久義

    2009年のドラフト会議で読売ジャイアンツに3位で指名された。春季キャンプでは同期新人の長野久義、市川友也と共にA班(主力組)スタートが決定した。2011年は肘を痛めたこともあって二軍公式戦登板無しに終わり、オフに自由契約、来年からは育成選手となる。土本恭平 フレッシュアイペディアより)

  • 第36回社会人野球日本選手権大会

    第36回社会人野球日本選手権大会から見た長野久義長野久義

    打撃賞 長野久義外野手(Honda)第36回社会人野球日本選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 小松剛

    小松剛から見た長野久義長野久義

    4月4日の対読売ジャイアンツ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島?)で先発するが、長野久義にプロ第1号本塁打を場外まで運ばれるなど調子を落とし、同年は一軍定着すら果たせないまま、5試合の登板に終わった。小松剛 フレッシュアイペディアより)

  • 市川友也 (野球)

    市川友也 (野球)から見た長野久義長野久義

    春季キャンプでは同期新人の長野久義、土本恭平と共にA班(主力組)スタートが決定、開幕1軍も示唆された。また、長嶋茂雄がジャイアンツ球場の若手を視察した際には、「ミートもうまくて、飛距離も出せる」と打撃を高く評価され、指導を受けた。市川友也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のスポーツ

    1984年のスポーツから見た長野久義長野久義

    12月6日 - 長野久義(佐賀県、野球)1984年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 的場寛一

    的場寛一から見た長野久義長野久義

    の第80回都市対抗野球大会では決勝まで打率5割を打ち、現巨人の長野久義らを擁するホンダに挑むが、敗れて準優勝に終わり大会優秀選手に選ばれる。的場寛一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「長野久義」のニューストピックワード