前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示
  • ヴィーナス (マスコットガール)

    ヴィーナス (マスコットガール)から見た長野久義長野久義

    Just Stand Up!(長野久義) 新居史麻、上田あすかヴィーナス (マスコットガール) フレッシュアイペディアより)

  • 塹江敦哉

    塹江敦哉から見た長野久義長野久義

    ''、7月14日のフレッシュオールスターゲーム(倉敷マスカットスタジアム)にウエスタン・リーグ選抜の8番手投手として8回表から登板すると、イースタン・リーグ選抜の山崎晃大朗を二塁へのゴロに打ち取った際の球速表示で159km/hを記録した。一軍が25年振りのセントラル・リーグ優勝を決めた翌日(9月11日)には、対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)の7回裏に、3番手投手として一軍デビューを果たした。しかし、最初に対戦した打者・長野久義への初球でソロ本塁打を浴びたことを皮切りに、打者7人から1死を奪っただけで6点を失って降板した。降板の時点で防御率162.00を記録したものの、一軍3試合目の登板で初めて先発投手に起用された同月19日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、5回2失点と好投。ただし、この試合で一軍初黒星を喫するとともに、DeNAに球団史上初のクライマックスシリーズ進出決定を許した。レギュラーシーズン全体では、救援登板の1試合を含めて、一軍公式戦3試合に登板。0勝1敗にとどまったものの、防御率を11.37にまで下げてシーズンを終えた。オフの10月12日に第1回WBSC U-23ワールドカップの日本代表に選出された。同大会で優勝を果たした。塹江敦哉 フレッシュアイペディアより)

  • 田島慎二

    田島慎二から見た長野久義長野久義

    入団1年目の2012年から2014年までの3年間、東京ドームでの防御率は0.00であったが、2015年は防御率10.13、2016年は11.57、2017年は23.14を記録し、鬼門とされており、「東京ドーム病」と称するメディアも存在する。2017年は巨人戦の地方を含むビジター戦で一度もセーブを挙げられなかった。2016年9月22日には1点リードの9回裏にギャレット・ジョーンズの逆転サヨナラ2点本塁打、同9月27日には同点の9回裏に村田修一のサヨナラ満塁本塁打を浴び、翌2017年4月1日の開幕2戦目には1点リードの9回裏に阿部慎之助の逆転サヨナラ3点本塁打、6月25日には1点リードの9回裏に陽岱鋼に同点タイムリーを打たれた後に代打の石川慎吾にサヨナラ適時打を浴び、同8月4日には1点リードの9回裏に橋本到の同点ソロ本塁打を被弾している。さらに9月5日の巨人戦(松本市野球場)では、3点リードの9回裏に登板したものの、2死から走者を出し長野久義の適時打で1点を奪われ2点差に詰め寄られると、なおも走者一塁で途中出場の宇佐見真吾に2ストライク(すなわち「あと1球」)と追い込んでから低めのスプリットを拾われ同点本塁打を被弾した。田島慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た長野久義長野久義

    は開幕投手を東野に奪われたが、春先から好調を維持。4月13日の対ヤクルト戦(北九州市民球場)でシーズン初勝利を挙げると、5月6日の対中日戦から6月18日の対西武戦まで7連勝した。この期間中、5月28日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)で完封勝利、前述の西武戦では1失点完投勝利を挙げ、同年5月の月間MVP(月間MVP受賞は自身2度目)と交流戦優秀選手をそれぞれ受賞した。その後も新たに習得したフォークを武器に安定した投球を続け、前年の不調を断ち切るエース級の働きをみせ、7月19日の対中日戦(HARD OFF ECO スタジアム 新潟)でセリーグ投手最速で10勝目に到達。9月25日の対阪神戦(甲子園)では自己新記録となる15勝目を挙げた。巨人の左腕投手の15勝到達は1979年の新浦寿夫以来、32年ぶりであった。最終戦となった10月22日の対横浜戦では、長野久義の代打逆転サヨナラ満塁本塁打で18勝目をあげ吉見一起(中日)とともに、巨人の左腕投手としては1969年の高橋一三以来42年ぶりとなる最多勝を獲得。防御率も自己最高となる1.70の好成績を残した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た長野久義長野久義

    5月1日に4番としての連続先発出場記録を416試合として、松井秀喜が持つ415試合を抜き、球団新記録を達成する。しかし7月13日の対阪神戦で受けた死球の影響で、翌日の7月14日に先発から外れ、長野久義が4番で先発出場し、記録は469試合で途切れた。代打で途中出場したため連続試合出場は続いたが、翌日の試合では途中出場もなかったため、連続試合出場は985試合で止まった。この記録は外国人選手としては歴代最長記録となった。8月5日、3回表に内野安打を放ち、NPB通算1793安打を記録。タフィ・ローズの1792安打を越え、歴代外国人選手の通算最多安打記録を更新した。シーズン成績は、打率(.279)が巨人入団以来初めて3割を切り、打点(73)は連続100打点が8年で止まり、来日以来最低の数字となった。本塁打数(23)も来日以来最低の数字となり、打撃三部門で来日以来最低の記録となった。但し、本塁打数はリーグ2位でチーム内では1位である。これは「飛ばないボール」(統一球)に変わったこともあり、セ・リーグの選手全体の本塁打数も減少したため、本塁打数に関しては決して不振とは言える数字ではなかった(最多は、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の31本)。指揮官の起用面を配慮し契約最終年であり、10月31日の同年のクライマックスシリーズ・ファーストステージ終了を以て、正式に退団を表明した。この年から導入された統一球によって本塁打が減少したことで大量得点を期待できず、いかに守備で失点を防いでいくかの戦いになったことでラミレスの守備難はネックとなった。お世辞にも上手い守備とは言えず、終盤は打順の降格だけでなく、スタメンを外れる試合もあった。ラミレス自身は打撃でチームに貢献したかったが、チームとしては守備面を重視する方針となっていたため、チームにとって絶対的な存在ではなくなっていた。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た長野久義長野久義

    シーズンは、創設75周年を迎えた。原監督が2009 ワールドベースボールクラシック日本代表監督に就任したこともあり、オープン戦は伊原春樹ヘッドコーチが監督代行を務めた。シーズンに入ると、坂本を1番打者、松本哲也を2番打者に固定するなど選手起用が当たり、開幕8試合目で首位に立つとそのままシーズンを乗り切り、9月23日の対中日ドラゴンズ戦に5-3で勝利し、1965年から1973年のV9時代以来となるリーグ3連覇、33回目のセントラルリーグ優勝を決める。クライマックスシリーズでは、第2ステージで中日と対戦、アドバンテージの1勝を含む3勝1敗で勝ち抜けて日本選手権シリーズに出場を決めた。1981年の後楽園シリーズ以来となった北海道日本ハムとの日本シリーズは、4勝2敗で勝利し2002年以来7年ぶり21回目の日本一を獲得した。11月14日には長崎で行われた韓国シリーズ勝者起亜タイガースとの日韓クラブチャンピオンシップに勝利し、日韓王者に輝いた。ドラフト会議では巨人を熱望してきた長野久義を1位指名で獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見た長野久義長野久義

    は、長野久義を獲得し前年同様優勝が期待されたが、前年度活躍した内海哲也、東野峻、ゴンザレス、オビスポといった主力投手がそろって不調に陥り、高橋尚成の退団やマーク・クルーンの救援失敗も響いてチーム防御率が1点近く悪化し、連覇を逃した。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

  • ジャスト・スタンド・アップ

    ジャスト・スタンド・アップから見た長野久義長野久義

    読売ジャイアンツ外野手の長野久義が主催試合で打席に立つ際の登場曲として使用している。ジャスト・スタンド・アップ フレッシュアイペディアより)

  • 日高亮

    日高亮から見た長野久義長野久義

    春季キャンプでは浦添市の一軍キャンプに召集され、オープン戦で結果は出なかったが開幕一軍となった。4月12日の対読売ジャイアンツ戦で8回4点日ハンドから3番手としてプロ初登板を果たし、先頭の坂本勇人から空振り三振を奪ったが、2安打1四球で一死満塁として迎えた高橋由伸のファーストゴロをジョシュ・ホワイトセルがフィルダースチョイスして1失点、続く長野久義のライト前2点タイムリーヒットで途中降板となった。代わった橋本義隆が併殺に抑えた事でデビュー戦成績は0回1/3を投げ3安打1四球3失点だった。4月15日の対横浜ベイスターズ戦で8回1点リード二死一二塁のホールド機会から4番手で登板し、迎えた金城龍彦にシンカーを左中間へ運ばれ、逆転のスリーランホームランで救援失敗しチームは開幕3連敗となった。4月23日に二軍へ降格した。二軍では6月まで防御率6.00と苦しんだが、7月以降は2試合の先発を含めて防御率2.84と好調だったため、9月9日に一軍へ昇格。9月10日の対阪神タイガースで6回4点リード一死一二塁から3番手で登板し、代打狩野恵輔を空振り三振、小宮山慎二をセカンドゴロに打ち取り、プロ入り初ホールドを記録した。9月27日に本拠地明治神宮野球場で行われた対阪神戦で5回1点ビハインドから2番手で登板し、3番からの打線に走者を三塁に進めながらも無失点で切り抜け、6回を3者凡退に抑えると、同裏に代打・川島慶三の同点タイムリー安打、川端慎吾の満塁本塁打による5点の援護でプロ入り初勝利を手にした。初の3連投となる10月3日の対横浜戦では5回同点二死一三塁から登板し、内藤雄太をセカンドゴロに抑え、6回に2点の援護を貰いシーズン2勝目を挙げた。一軍では主に僅差のビハインドからのワンポイントリリーフとして起用された。CSはファーストステージの第1戦、第2戦でベンチ入りを果たしたが登板機会がなく10月31日に抹消された。日高亮 フレッシュアイペディアより)

  • 石田淳也

    石田淳也から見た長野久義長野久義

    愛工大名電高から日本大学に進学。大学では内野手で、後に同僚となる岡田幸文(中退)や長野久義と同期であった。石田淳也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
82件中 1 - 10件表示

「長野久義」のニューストピックワード