47件中 21 - 30件表示
  • 三木均

    三木均から見た長野久義長野久義

    、社会人野球・鷺宮製作所に加入。同年夏の第80回都市対抗野球大会2回戦(初戦)の対Honda戦に先発するも、1回表にソロ本塁打、2本の二塁打(打者は長野久義と西郷泰之)、単打を打たれ降板(失点3)。チームも初戦敗退となった。三木均 フレッシュアイペディアより)

  • 第15回アジア競技大会野球日本代表

    第15回アジア競技大会野球日本代表から見た長野久義長野久義

    プロ野球はシーズンオフに入っているため参加が可能ではあったが、12月及び1月は参稼期間(契約期間)に含まれていないため、大会期間が12月に及ぶこの大会ではプロの参加は見送られ、社会人17人、大学生5人の計22人でチームが編成された。第2戦では、全員プロ選手で構成された韓国に、長野久義が呉昇桓からサヨナラ3ランを打ち勝利し、この敗戦は全員アマ選手の日本代表に負けたということで、韓国で衝撃的なニュースとして伝えられた。第5戦では、姜建銘、郭泓志など海外で活躍するプロ選手も代表入りしていたチャイニーズタイペイ戦で敗れ、4勝1敗の2位に終わり銀メダルを獲得した。第15回アジア競技大会野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • マット・マートン

    マット・マートンから見た長野久義長野久義

    の開幕戦では「1番・右翼」でスタメン出場し、第一打席でタイガースでは1955年の金田正泰以来56年ぶり、球団史上2人目の開幕戦初回先頭打者本塁打を放ったが、長打力向上を狙って春季キャンプから行ってきた打撃フォームの改造が裏目に出て、春先は打率1割台と苦戦した。5月26日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、3-1でロッテがリードの8回表、1死走者二塁の場面で、打者の清田育宏が打ち上げたライトフライを捕球した際に3アウトチェンジだと勘違いし、ボールをスタンドに投げ入れてしまった。これにより二塁走者の今江敏晃には2個の安全進塁権が与えられ、ロッテに1点が追加された(このプレーによる記録はマートンのエラー)。走者がいる場面でアウトカウントを間違い、それにより得点が入ったのは、2003年5月21日の巨人のクリス・レイサム外野手以来である。その日は偶然にもレイサムの誕生日でもあった。これに対し球団フロントは、マートンから異例の事情聴取を行なった。その後はフォームが定まったことで調子を戻し、前半戦をリーグトップの打率.325で終え、オールスターゲームにも前年に引き続き監督推薦で出場した。後半戦は体調不良を起こしてスタメンを外れることもあったが、9月6日から10月11日まで、日本プロ野球史上6人目かつ外国人選手では最多となる30試合連続安打を記録した。最終的には5厘差で長野久義に及ばず首位打者を逃したものの、180安打を放ち2年連続の最多安打を獲得。ベストナインにも同じく2年連続で選出された。前年は外野3ポジションすべてに就いたが、この年は右翼手としての出場のみであった。同年シーズン後に2年契約が満了し、メジャーリーグに復帰する可能性も取りざたされたが、再び2年契約を結んで阪神に残留した。マット・マートン フレッシュアイペディアより)

  • 川端崇義

    川端崇義から見た長野久義長野久義

    高校卒業後は国際武道大学に進学。野球部では2年時秋と3年時秋に首位打者を獲得し、ベストナインにも4回選出されている。4年時には、大学日本代表に選出され、同学年だった日本大学の長野久義(現・読売ジャイアンツ)とともに第35回日米大学野球選手権大会と第3回世界大学野球選手権大会に出場した。また全日本大学野球選手権大会への出場経験も有する。川端崇義 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た長野久義長野久義

    、高橋由伸の復帰や新人長野久義が加入し外野手ポジション争いが激戦となる。出場機会を求め春季キャンプから、外野と並行してファーストの守備練習にも取り組んだ。5月9日の横浜ベイスターズ主催試合(ハードオフ新潟)にて6番ファーストでスタメン出場、約10年ぶりのファーストでの公式戦出場だった。だが谷自身「ブランクの長さ」を理由に、ファースト守備に不安を覗かせていた(月刊ジャイアンツ2010年7月号より)。4月24日の木村拓也の追悼試合に代打で登場し、レギュラーシーズン初となる満塁本塁打を高橋建から放った。その後のヒーローインタビューでは涙ながらに木村拓也への思いを語っていた。しかし以降は調子が上がらず、結果的に84試合出場とプロ入り後最少の出場に留まり、去年高い数字を残した打率は.238、得点圏打率は.176と移籍後最低の成績に終わり不本意なシーズンとなってしまった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田幸文

    岡田幸文から見た長野久義長野久義

    高校卒業後のに日本大学に進学。同級生には、長野久義がいた。しかし、1年生の時に左肘の軟骨を故障して手術を受け、数カ月で大学を中退している。岡田幸文 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た長野久義長野久義

    同学年であり同じ外野手である長野久義を、大学時代からの良きライバルとして挙げている。大学時代、長野は日本大学に所属しており、共に東都大学リーグでプレー。当時は、長野が4年時に、リーグで10年ぶりとなる2季連続首位打者を獲得しており、野本も前述の好成績を残していたとはいえ、長野の影に隠れる形となっていた。社会人時代も、長野はHondaに所属し、同じ埼玉県に加盟するチームで戦ってきた。一方、日本代表では長野と同じチームでプレー。2006年のアジア大会では、全員がプロ野球選手の韓国を相手に、野本が柳賢振からタイムリーヒットを打ち、長野が呉昇桓からサヨナラ本塁打を打つ活躍で勝利に貢献。チームメートとしてプレーして以来、グラウンドを離れれば親友のような関係である。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 筑陽学園中学校・高等学校

    筑陽学園中学校・高等学校から見た長野久義長野久義

    長野久義(プロ野球選手・読売ジャイアンツ)筑陽学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ジャスト・スタンド・アップ

    ジャスト・スタンド・アップから見た長野久義長野久義

    読売ジャイアンツ外野手の長野久義が主催試合で打席に立つ際の登場曲として使用している。ジャスト・スタンド・アップ フレッシュアイペディアより)

  • サヨナラゲーム

    サヨナラゲームから見た長野久義長野久義

    2011年10月22日の巨人対横浜戦(東京ドーム)。9回裏無死満塁から、巨人の代打長野久義が横浜の山口俊からNPB史上8人目となる代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放っている(スコアは5?2)。巨人はこの試合がシーズン最終戦で、最終戦での代打逆転サヨナラ満塁本塁打はNPB史上初となる。またこの本塁打はセ・リーグ通算1000号の満塁本塁打ともなった。サヨナラゲーム フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「長野久義」のニューストピックワード