82件中 31 - 40件表示
  • 三木均

    三木均から見た長野久義長野久義

    、鷺宮製作所に入社して同社硬式野球部に所属。同年夏の第80回都市対抗野球大会2回戦(初戦)の対Honda戦に先発するも、1回表にソロ本塁打、2本の二塁打(打者は長野久義と西郷泰之)、単打を打たれわずか8球で降板(失点3)。チームも初戦敗退となった。三木均 フレッシュアイペディアより)

  • 小松剛

    小松剛から見た長野久義長野久義

    4月4日の対読売ジャイアンツ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で先発するが、長野久義にプロ第1号本塁打を場外まで運ばれるなど調子を落とし、同年は一軍定着すら果たせないまま、5試合の登板に終わった。小松剛 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た長野久義長野久義

    同学年であり同じ外野手である長野久義を、大学時代からの良きライバルとして挙げている。大学時代、長野は日本大学に所属しており、共に東都大学リーグでプレー。当時は、長野が4年時に、リーグで10年ぶりとなる2季連続首位打者を獲得しており、野本も前述の好成績を残していたとはいえ、長野の影に隠れる形となっていた。社会人時代も、長野はHondaに所属し、同じ埼玉県に加盟するチームで戦ってきた。一方、日本代表では長野と同じチームでプレー。2006年のアジア大会では、全員がプロ野球選手の韓国を相手に、野本が柳賢振からタイムリーヒットを打ち、長野が呉昇桓からサヨナラ本塁打を打つ活躍で勝利に貢献。チームメートとしてプレーして以来、グラウンドを離れれば親友のような関係である。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 基山町

    基山町から見た長野久義長野久義

    長野久義 - プロ野球選手基山町 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た長野久義長野久義

    読売ジャイアンツの長野久義が史上284人目の通算1000本安打を達成。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た長野久義長野久義

    は、開幕から1番・遊撃手でレギュラーに定着。後半戦からは2番打者を打つようになった。前半戦は全試合フルイニング出場を果たしたが10月4日、右外腹斜筋付着部(右わき腹)損傷により出場選手登録を抹消される。10月22日のシーズン最終戦の巨人戦で復帰し、9回裏に守備固めとして起用されたが、自身の失策によりピンチを広げ、長野久義の代打逆転サヨナラ満塁本塁打と内海哲也の最多勝をアシストしてしまう痛恨の結果を招いた。また2年連続で本塁打はなく、盗塁数も前年と比べて3分の1に減り失策数は13個に増加。シーズン中盤には三振数で一時リーグトップに立つなど、攻守共に粗さが目立った。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム

    プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアムから見た長野久義長野久義

    2013年度分では、各球団から3名の主力選手が出場する形式を踏襲しつつ、共通の特徴に応じて球団・リーグ混合の4チームを構成(1チーム9名)。「チームレッド」(キャプテン:山本昌広、通称「ゴールデンルーキーズ」)・「チームブルー」(キャプテン:前田健太、通称「キンキ・ブラザーズ」)・「チームグリーン」(キャプテン:長野久義、通称「イケメン☆ナイン」)・「チームイエロー」(キャプテン:三浦大輔、通称「熱血男塾」)による対抗戦へ変更。宮根誠司率いる「宮根オールスターズ」を加えた5チームで複数のゲームへ参加した後に、(オープン参加扱いの「宮根オールスターズ」を除く)総得点の上位2チームが最終バトルの「ガチンコ日本シリーズ」で優勝を争った。プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た長野久義長野久義

    8月31日、球団オフィシャルサイトにて2016年限りでの現役引退が発表された。年齢に加え、本年は一度も一軍に昇格出来なかったことで退き際を悟ったという。現役引退に際し、「今季限りでの現役を引退することを決めました。千葉ロッテマリーンズで2005年に31年ぶりの日本一など、日本一を2度経験することも出来ました。幸せな野球人生でした。それはすべて、どんな時も応援してくれたファンの皆様、そして関係者を始め、色々な形でサポートしてくれた方々のおかげだと思っています。感謝をしています。22年間、本当にありがとうございました。」とコメントした。9月25日の対オリックス戦(QVCマリン)で引退試合を行い、「4番指名打者」として先発出場した。9回表にはDHを解除し、左翼手および右翼手の守備に就いた。打撃では、最後の打席となった第4打席で二塁打を記録し、自ら引退の花道を飾った。引退の挨拶では、「私にはもう1つの夢があります。この千葉ロッテマリーンズを日本一の球団にすることです。その夢に向かって、勇往邁進してまいります。」と述べている。なお、ロッテ球団としては初のパブリックビューイングも実施された。また、引退セレモニー、および(引退に際しての)現役生活を振り返る記事等を通して、西岡剛、鈴木大地、西野勇士等から、一人の野球人として的確なアドバイスを送ったことに対する感謝の言葉が寄せられたほか、引退試合では巨人時代のチームメイト(阿部慎之助、坂本勇人、長野久義、内海哲也、山口鉄也、2014 - 2015年にロッテに在籍したルイス・クルーズ)が応援に駆け付ける等、その人望の厚さが伺える引き際となった。12月2日、自由契約公示された。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • 中崎翔太

    中崎翔太から見た長野久義長野久義

    4月12日の中日ドラゴンズ戦で中継ぎ登板し、失点を許すも直後に味方が逆転しプロ入り初勝利を挙げた。4月20日の読売ジャイアンツ戦では、予告先発投手の前田健太が右上腕三頭筋筋膜炎で登板を回避したため急遽代役を務めたが、長野久義、ホセ・ロペスにホームランを許し5回2失点で敗戦投手となった。更に5月4日の巨人戦(東京ドーム)で先発したものの、長野に満塁ホームランなどを浴び4回6失点で降板した。その後登録抹消を経て、6月8日の西武戦で7回を無失点に抑えプロ入り初の先発勝利を挙げた。中崎翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川将

    宮川将から見た長野久義長野久義

    この年にはチームがパシフィック・リーグで初優勝・日本シリーズへの初進出を果たしたことから、同シリーズの出場資格者名簿には、ドラフト2巡目で入団の同期投手・則本昂大と共に登録。巨人との対戦になった日本シリーズでは、第4戦(10月30日・東京ドーム)の4回裏に、2番手投手としてポストシーズン初登板を果たした。しかし、先頭打者からの2連続四球と長野久義の適時打で1点を失ったうえに、4人目の打者・寺内崇幸に対する頭部付近への死球で日本シリーズ史上3人目(球審からの危険球宣告では2人目)の退場処分を受けた。日本シリーズで登板できたのはこの試合だけで、1アウトも取れなかったため、シリーズでの防御率は記録上無限大になっている。宮川将 フレッシュアイペディアより)

82件中 31 - 40件表示

「長野久義」のニューストピックワード