82件中 41 - 50件表示
  • スミ1

    スミ1から見た長野久義長野久義

    日本シリーズでは2015年現在、スミ1試合は2度記録されている。どちらも記録したのは読売ジャイアンツである。1度目は1994年の日本シリーズ第2戦、東京ドームでの西武ライオンズとの試合で、1回裏に鈴木健の失策から出した走者を犠打で2塁に進め、2死から原辰徳の詰まりながらもゴロでレフトに抜ける安打で1得点し、それを槙原寛己が守り抜いた。西武の先発・工藤公康も2安打に抑えたが、ずしりと重い1点となった。2度目は2012年の日本シリーズ第2戦、東京ドームでの北海道日本ハムファイターズとの試合で、1回裏の長野久義の先頭打者本塁打によって記録したものである。スミ1 フレッシュアイペディアより)

  • 薮田和樹

    薮田和樹から見た長野久義長野久義

    初登板で対戦した第一打者に被本塁打:2015年7月1日、対読売ジャイアンツ13回戦(東京ドーム)、1回裏4球目を長野久義に左越ソロ ※史上67人目薮田和樹 フレッシュアイペディアより)

  • 的場寛一

    的場寛一から見た長野久義長野久義

    の第80回都市対抗野球大会ではトヨタ自動車創部以来初の決勝に進出。本人は打率5割を打ち、長野久義らを擁するホンダに挑むが、2-3で敗れ準優勝に終わる。大会優秀選手に選出。的場寛一 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤拓郎 (野球)

    伊藤拓郎 (野球)から見た長野久義長野久義

    初奪三振:同上、8回裏に長野久義から空振り三振伊藤拓郎 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2016年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た長野久義長野久義

    巨人は田口、DeNAは今永の先発となった。2回表に田口の暴投でDeNAが先制。3回裏には巨人が坂本の2号ソロ本塁打で同点に追いつく。その後は両先発が共に7回1失点と力投。迎えた8回裏、巨人は長野が勝ち越しタイムリーを放ち、均衡を破った。前日2失点した澤村に代わりマシソンが2回を無失点に封じ逆王手をかけた。DeNAはチャンスで続かなかったのが響いた。2016年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見た長野久義長野久義

    メークドラマから20年後の2016年は、広島が交流戦で11勝6敗と5つの貯金を作り、貯金を作ることのできなかった他のセ・リーグ5チームから頭一つ抜け出した。交流戦終盤から続いた連勝はリーグ戦が再開しても止まらず、6月29日の対ヤクルト戦まで11連勝。その後も首位街道を突き進み、7月24日時点で2位巨人と10ゲーム差をつける。しかし不振だった巨人打線が1番長野久義、4番阿部への打順変更で7月後半から復調し、徐々に広島とのゲーム差を詰め始めると、マスコミは「独走する広島と追う巨人」という1996年と同じ構図にメークドラマを重ねてこぞって「リメークドラマ」と報じ出し、これが瞬く間に拡散。広島側からもジェイ・ジャクソンが「以前、カープが首位を走って大きくゲーム差を付けていたにもかかわらず、2位のジャイアンツに引っくり返されて逆転優勝を奪われた話も聞いた。でも、そんなことはもう2度と起こらない。」と発言するなど、選手・ファンともに巨人の追い上げムードへの意識が高まっていく。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 大田泰示

    大田泰示から見た長野久義長野久義

    は年始に阿部慎之助や長野久義らと共にグアムで自主トレを行い、春季キャンプから一軍に帯同。オープン戦では21打席連続無安打など絶不調ながら外野の一角として起用され、自身初の開幕一軍入りを果たす。しかし、開幕後も調子は上がらず4月10日に二軍降格。9月1日に再昇格し同日の横浜戦に「7番一塁」でスタメン出場。先制タイムリーを含む3打点、自身初の猛打賞の活躍でお立ち台に上がった。9月23日のヤクルト戦で待望のプロ第1号本塁打を放つと、9月25日の広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)でもバックスクリーン左に2試合連続本塁打を放った。リーグ終盤戦では一塁手または中堅手などで17試合にスタメン出場。最終的に21試合に出場した。しかし、CS、日本シリーズではベンチからも外れた。11月からはアジア・ウィンター・リーグに参加。3本塁打、OPS.980を記録した。大田泰示 フレッシュアイペディアより)

  • ゴロ

    ゴロから見た長野久義長野久義

    プロ野球では打者走者が外野へのゴロでアウトになることは非常に少ないが、投手など打力が弱い打者の打席で外野手が前進守備をとっていた場合、ライトゴロが見られることがある。読売ジャイアンツの長野久義は、2013年に3回ライトゴロを成立させている。走者がフォースのときに外野手がフライを落球した後にボールを転送して走者がフォースアウトになった場合などに、センターゴロやレフトゴロなどといった表現をされるケースは比較的多い。フォースの状態でない走者には進塁義務がないため、外野に飛んだゴロで次塁でタッチアウトになっても外野ゴロとはならず、安打が記録される(公認野球規則10.05(3)注2より)。ゴロ フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学硬式野球部

    日本大学硬式野球部から見た長野久義長野久義

    平成18年 春季(4位)、長野久義(首位打者)日本大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 江越大賀

    江越大賀から見た長野久義長野久義

    祖父が読売ジャイアンツの大ファンで、本人も少年時代は松井秀喜、学生時代は長野久義に憧れていた。「大賀」という名前の由来も、「土台のしっかりした人間になって欲しい」という願いが込められた「大」と、「みんなに祝ってもらえる」という意味を持つ「賀」を、大工の実父が組み合わせたのに過ぎない。もっとも、名前の読み(たいが)が阪神のニックネーム(タイガース)を連想させることから、本人はドラフト会議で阪神から指名を受けた際に「阪神との縁を感じる」という喜びのコメントを寄せた。江越大賀 フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「長野久義」のニューストピックワード