82件中 51 - 60件表示
  • 久保康友

    久保康友から見た長野久義長野久義

    1000奪三振:2015年7月13日、対読売ジャイアンツ11回戦(横浜スタジアム)、3回表に長野久義から空振り三振 ※史上143人目久保康友 フレッシュアイペディアより)

  • 石川慎吾

    石川慎吾から見た長野久義長野久義

    2017年、開幕一軍入りを果たす。当初は代打中心の起用だったが、4月14日に移籍後初安打を放つと、その後は長野久義が不振に陥ったことによって先発出場する機会が増えた。4月28日のヤクルト戦(神宮)では、石川雅規から2年ぶりの本塁打、また3安打猛打賞もマークし、ヒーローインタビューを受けた。6月25日の中日戦では田島慎二からプロ初のサヨナラ安打をマーク。シーズン全体でも99試合出場、57安打、5本塁打、20打点と移籍1年目でほとんどの部門でキャリアハイを記録した。石川慎吾 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋由伸

    高橋由伸から見た長野久義長野久義

    開幕前にレギュラー再奪取を目標として掲げ、開幕戦に「5番右翼」でスタメン出場。しかし、4月26日のヤクルト戦の守備で外野フェンスに激突して負傷交代、29日に登録を抹消。検査の結果、左肋骨を骨折していたことが判明した。故障明けの6月11日に再登録。7月10日には史上108人目となる1500本安打を達成。8月7日の広島戦ではチームを救うダイビングキャッチで「ジョージア魂」賞を受賞。8月20日には3年ぶりに4番として先発し、同月26日の阪神戦でも攻守に活躍。10月12日の阪神戦では自身8年ぶりのサヨナラ本塁打を代打で放った。だがシーズンを通じては95試合出場で打率.246、15本塁打、37打点という成績に終わり、規定打席にも届かなかった。一方でOPSは.829と規定打席到達者の中でリーグトップだった長野久義(.847)と遜色ない成績を残した。高橋由伸 フレッシュアイペディアより)

  • 今永昇太

    今永昇太から見た長野久義長野久義

    初奪三振:同上、1回表に長野久義から空振り三振今永昇太 フレッシュアイペディアより)

  • ローマ字

    ローマ字から見た長野久義長野久義

    なお、拗音(KYO,SHO,CHOなど)の長音は「O」の長音でも「OH」とせず通常表記を用いるのが一般的で、正田耕三の「SHODA」、長野久義の「CHONO」、京田陽太の「KYODA」に代表されるように多くの選手が通常表記としている。正津英志も途中で通常表記の「SHOTSU」に変更している。ローマ字 フレッシュアイペディアより)

  • 歳内宏明

    歳内宏明から見た長野久義長野久義

    8月19日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(東京ドーム)5回裏には、能見篤史・歳内・山本翔也による継投で、球団史上ワーストの公式戦1イニング12失点を記録。先頭打者・長野久義からの4連打を含む6被安打で6失点の能見に代わって登板した歳内は、1被安打・2与四球・3失点という内容で、1死も取れないまま山本への交代を命じられた。もっとも、レギュラーシーズン全体では、オール救援ながら一軍公式戦で自己最多の29試合に登板。試合序盤からのロングリリーフや、ビハインドの場面からの登板を中心に好投を続けた結果、1勝1敗2ホールド、防御率2.62という成績を残した。歳内宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た長野久義長野久義

    、高橋由伸の復帰や、この年のルーキー長野久義が加入し外野手ポジション争いが激戦となる。出場機会を求め春季キャンプから、外野と並行して一塁手の守備練習にも取り組んだ。5月9日の横浜ベイスターズ主催試合(ハードオフ新潟)にて6番ファーストでスタメン出場、約10年ぶりの一塁手での公式戦出場だった。だが谷自身「ブランクの長さ」を理由に、一塁守備に不安を覗かせていた(月刊ジャイアンツ2010年7月号より)。4月24日の木村拓也の追悼試合では8回裏に代打で登場し(木村の急死については木村拓也参照)、レギュラーシーズン初となる満塁本塁打を高橋建から放った。その後のヒーローインタビューでは涙ながらに木村拓也への思いを語った。しかし以降は調子が上がらず、結果的に84試合出場とプロ入り後最少の出場に留まり、去年高い数字を残した打率は.238、得点圏打率は.176と移籍後最低の成績に終わった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 下水流昂

    下水流昂から見た長野久義長野久義

    目標とする選手はHondaの先輩でもある長野久義である。下水流昂 フレッシュアイペディアより)

  • マット・マートン

    マット・マートンから見た長野久義長野久義

    の開幕戦では1番右翼手でスタメン出場し、第一打席でタイガースでは1955年の金田正泰以来56年ぶり、球団史上2人目の開幕戦初回先頭打者本塁打を放ったが、長打力向上を狙って春季キャンプから左足を高く上げる打撃フォームへの改造に取り組んできたことが裏目に出て、春先は打率1割台と苦戦した。5月26日の対千葉ロッテマリーンズ戦では、1対3で2点ビハインドの8回表、一死走者二塁の場面で、打者の清田育宏が打ち上げた右飛を捕球した際に3アウトチェンジだと勘違いし、ボールをスタンドに投げ入れてしまった。これにより二塁走者の今江敏晃には2個の安全進塁権が与えられ、ロッテに1点が追加された(記録上はマートンの失策)。これに対し球団フロントは、マートンから異例の事情聴取を行なった。その後はフォームが定まったことで調子を戻し、前半戦をリーグトップの打率.325で終え、オールスターゲームにも前年に引き続き監督推薦で出場した。後半戦は体調不良を起こしてスタメンを外れることもあったが、9月6日から10月11日まで、NPB史上6人目かつ外国人選手では最多となる30試合連続安打を記録した。最終的には5厘差で長野久義に及ばず首位打者を逃したものの、180安打を放ち2年連続の最多安打を獲得。ベストナインにも同じく2年連続で選出された。前年は外野3ポジションすべてに就いたが、この年は右翼手としての出場のみであった。同年シーズン後に2年契約が満了し、メジャーリーグに復帰する可能性も取りざたされたが、再び2年契約を結んで阪神に残留した。マット・マートン フレッシュアイペディアより)

  • 12月6日

    12月6日から見た長野久義長野久義

    1984年 - 長野久義、野球選手12月6日 フレッシュアイペディアより)

82件中 51 - 60件表示

「長野久義」のニューストピックワード