82件中 61 - 70件表示
  • トヨタ自動車硬式野球部

    トヨタ自動車硬式野球部から見た長野久義長野久義

    の都市対抗野球では、今まで突破できなかった準々決勝で勝利し初めて決勝まで駒を進めたが、西郷泰之や長野久義擁するHondaの前に屈し準優勝に終わった。トヨタ自動車硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の日本

    1984年の日本から見た長野久義長野久義

    12月6日 - 長野久義、プロ野球選手1984年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 日本大学生産工学部・大学院生産工学研究科

    日本大学生産工学部・大学院生産工学研究科から見た長野久義長野久義

    長野久義 - プロ野球選手日本大学生産工学部・大学院生産工学研究科 フレッシュアイペディアより)

  • 市川友也 (野球)

    市川友也 (野球)から見た長野久義長野久義

    春季キャンプでは同期新人の長野久義、土本恭平と共にA班(主力組)スタートが決定、開幕1軍も示唆された。また、長嶋茂雄がジャイアンツ球場の若手を視察した際には、「ミートもうまくて、飛距離も出せる」と打撃を高く評価され、指導を受けた。市川友也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • Honda硬式野球部

    Honda硬式野球部から見た長野久義長野久義

    長野久義(外野手) - ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団Honda硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 又吉克樹

    又吉克樹から見た長野久義長野久義

    には、オープン戦で好成績を残すと、公式戦の開幕を一軍で迎えた。3月29日には、広島東洋カープとの開幕戦で、開幕投手・大野雄大の後を受けて7回表から救援投手として一軍デビュー。4月6日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦で、プロ初ホールドを記録した。4月17日の対横浜DeNAベイスターズ戦(いずれもナゴヤドーム)では、1点ビハインドで登板した9回表を無失点に切り抜けると、平田良介のサヨナラ安打によって公式戦初勝利を挙げた。ILからドラフト会議での指名を経てNPBに入った投手による一軍公式戦での勝利は、福岡レッドワーブラーズから福岡ソフトバンクホークスへ入団した金無英に次いで2人目で、日本人投手では初めての事例であった。奇しくも、この日のパシフィック・リーグ公式戦では、又吉と同じ新人投手の豊田拓矢(埼玉西武ライオンズ)と東明大貴(オリックス・バファローズ)も一軍初勝利を記録。NPBの一軍公式戦において、同じ日に3名の新人投手が初勝利を挙げた事例は59年振りであった。7月5日の対巨人戦(東京ドーム)で延長10回裏に長野久義からのサヨナラ安打で一軍初黒星を喫したものの、8月17日の対東京ヤクルトスワローズ戦(ナゴヤドーム)で一軍初セーブ。9月には、4登板試合連続ホールドを2度にわたって記録した。結局、一軍公式戦には、新人ながらセントラル・リーグ2位の67試合に登板。防御率2.21、9勝1敗2セーブ24ホールドという好成績を残した。勝利が同点または1?2点ビハインドからの救援によるものであった一方で、リードの局面からの救援登板では、交代した先発投手が有する勝利投手の権利を消すことが一度もなかった。また、同リーグの新人王争いでは大瀬良大地(広島)の後塵を拝したものの、記者投票での得票数は1位の大瀬良に次いで多かった。なお、シーズン終了後には、ドミニカ共和国のウィンターリーグに参加。リーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナに加盟するティグレス・デル・リセイの一員としてリーグ戦17試合に登板すると、0勝2敗4ホールド、防御率1.69という成績を残した。さらに、帰国後の12月20日に臨んだ球団との契約交渉では、推定年俸4,000万円で契約を更改。前年度から3,160万円もの大幅増額を勝ち取った。又吉克樹 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た長野久義長野久義

    巨人時代の原辰徳監督からは絶大なる信頼を受けていた。移籍当初の巨人はFA制度を利用しての補強が相次ぎ、その影響で世代交代・若手の育成が急務だった。原は木村に同じく巧打・堅守で知られた川相昌弘のような役割を期待していた。木村が守備で緩慢なプレーでミスをした際、すぐ交代させるなど、木村には若手への見本となるためのハードルを高く敷いた。木村もこれによく応え、野手のチームリーダー格として若手を牽引した。木村が引退時の巨人は小笠原・アレックス・ラミレス・マーク・クルーンなどまだ他球団からの移籍選手に依存していたが、2012年の優勝では打者では坂本勇人、長野久義、阿部慎之助、投手では内海哲也、山口鉄也、西村健太朗などが主力となり、木村の努力は実を結んだといえる。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た長野久義長野久義

    ''、開幕から5番に起用されたものの前年の活躍から一転して不振に陥り、度重なる故障もあって3度の二軍落ちを経験。ルーキー長野久義が台頭した影響で71試合の出場に留まり、打率.185、5本塁打、17打点の成績に終わった。11月6日、減額制限を上回る30%減の年俸4200万円で契約更改した。秋季キャンプでは「たぐいまれな器用さがある」と評する原辰徳監督の意向で三塁手へのコンバートが決まり、実戦における守備練習の機会を求めオーストラリアン・ベースボールリーグにも参加した。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 土本恭平

    土本恭平から見た長野久義長野久義

    春季キャンプでは同期新人の長野久義、市川友也と共にA班(主力組)スタートが決定した。2011年は肘を痛めたこともあって二軍公式戦登板無しに終わり、オフに自由契約、翌年からは育成選手となった。土本恭平 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見た長野久義長野久義

    1971年5月25日の対ヤクルトスワローズ戦にて、浅野啓司から史上5人目となる通算2000本安打を達成。1708試合での到達は、川上哲治に次いで歴代2位のスピード記録であり、右打者では歴代最速記録である。また、大学卒でプロ入りしたプロ野球選手では初の達成者となった。同年シーズンは2位の衣笠祥雄の.285を大きく引き離す打率.320を残し、6度目の首位打者となった。34本塁打、86打点はそれぞれ王に次ぐリーグ2位だった。なお、この年以降巨人の右打者の首位打者獲得は2009年にアレックス・ラミレスが、日本人右打者に限定すれば2011年に長野久義が獲得するまで非常に長い年数が経っていた。長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

82件中 61 - 70件表示

「長野久義」のニューストピックワード