1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
82件中 81 - 82件表示
  • 坂本勇人

    坂本勇人から見た長野久義長野久義

    2011年1月10日 - 内海哲也、山口鉄也、東野峻、松本哲也、長野久義とともに出演。坂本勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥谷敬

    鳥谷敬から見た長野久義長野久義

    大学時代には、当時の監督だった野村が1度も怒ったことがないほど、練習や食事の管理へ熱心に取り組んでいた。2年時には、東京六大学野球の春季リーグ戦で三冠王を獲得したものの、秋季リーグ戦では不振を極めた。自身や弟の学費を捻出するために両親が共働きを強いられていたこともあって、将来のMLB挑戦を視野に、NPBの球団で野球を続けることを本格的に意識。当時住んでいた野球部合宿所の自室から、テレビをはじめ、野球に必要のない私物をすべて排除したという。そのストイックさから「筋肉ファンタジー」というあだ名をつけられていた。その意識はプロ入り後も継続され、阪神への入団当初に居住していた選手寮「虎風荘」のスタッフによれば、鳥谷は当時から、カップラーメンや白砂糖を使用した缶コーヒーなどを口にしたことがないという。また、プロ入り以来最大の絶不調に陥った2016年まではグルテンフリーという小麦類を断つ食事法を徹底し、ケガをしない体づくりに努めていた(2017年からは食事に関する制限を緩和しているという)。シーズンオフには毎年ファスティング(断食)で体をリセットしている。また、NPBでも屈指の「練習の虫」としても知られており、試合の前後、遠征先、休日と常にトレーニングを怠ることはなく、最新のトレーニングを理論を取り入れ続けている。練習量について赤星憲広が尋ねたところ、「練習は歯磨きと同じく毎日やるもので、やらないと気持ちが悪い」と返答したという。このような野球に対する姿勢は大学時代や阪神のチームメイトのみならず多数の他球団選手にも影響を与えており、他球団では坂本勇人、長野久義、梶谷隆幸、丸佳浩、京田陽太などは鳥谷への尊敬を公言している。鳥谷敬 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
82件中 81 - 82件表示

「長野久義」のニューストピックワード