150件中 21 - 30件表示
  • 長野久義

    長野久義から見たビヨンセ

    「Run The World(Girls)」Beyonce(2011年7月中のみ)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たマイリー・サイラス

    「Just Stand Up!」MARIAH,BEYONCE,MARY J.BLIGE,RIHANNA,FERGIE,SHERYL CROW,MELISSA ETHERIDGE,NATASHA BEDINGFIELD,MILEY CYRUS,LEONA LEWIS,CARRIE UNDERWOOD,KEYSHIA COLE,LEANN RIMES,ASHANTI,CIARA(2010年 - 2013年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た小川泰弘

    100本塁打:2016年4月14日、対東京ヤクルトスワローズ6回戦(明治神宮野球場)、1回表に小川泰弘から左越ソロ ※史上276人目長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た土本恭平

    新人合同自主トレで、柔軟性・持久力には課題を残すものの、マシン打撃で鋭い打球、外野守備練習で快足を披露し首脳陣から信頼を得る。続くオープン戦でも結果を残し、同期新人の土本恭平、市川友也と共に開幕一軍登録された。開幕戦である3月26日のヤクルト戦で左翼手としての守備からの途中出場で1軍デビュー。3月28日のヤクルト戦で「2番・中堅手」としてプロ初スタメンを飾った。以後は、6番、7番を中心にコンスタントにスタメン起用されたが、8月以後は不振に陥ってスタメン落ちが散見されるようになり、9月17日、不振からプロ入り初の二軍降格を経験する。このシーズン終盤には坂本勇人の不振で1番での先発出場を経験するなど、4番・5番を除く全打順での先発出場を経験した。10月8日の東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)での試合は、勝てば2位・負ければ3位が決まってしまう試合で、9回裏一死満塁で打席が回ってきたが三振に倒れた。結局サヨナラのチャンスを逃したチームも敗れて3位が決定しCSの本拠地開催権を確保できなかったが、1年目にして規定打席に到達し、打率.288・19本塁打をマークした。19本塁打はの高橋由伸と並び、巨人の新人では3位の記録。これにより2010年の新人王を獲得。巨人からは前々年の山口鉄也・前年の松本哲也に続き、3年連続の新人王誕生となった。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たシェリル・クロウ

    「Just Stand Up!」MARIAH,BEYONCE,MARY J.BLIGE,RIHANNA,FERGIE,SHERYL CROW,MELISSA ETHERIDGE,NATASHA BEDINGFIELD,MILEY CYRUS,LEONA LEWIS,CARRIE UNDERWOOD,KEYSHIA COLE,LEANN RIMES,ASHANTI,CIARA(2010年 - 2013年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たニーヨ

    「Hate That I Love You(K-Klassic Remix Feat.Ne-Yo)」RIHANNA(2010年前半のみ)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た加藤康介

    初打点:2010年4月1日、対横浜ベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)、8回表に加藤康介から左翼線へ適時二塁打長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たボビー・バレンタイン

    、ドラフト会議で巨人以外に指名された場合はプロ入りせず会社に残留する意志を固めていたが、巨人以外でも入団するとの情報を得ていた千葉ロッテマリーンズが2巡目で“強行”指名。当日のボビー・バレンタインとの面会を拒否し、11月25日の入団交渉後、12月3日に入団拒否を明らかにした。翌日にロッテ球団側に直接入団拒否を申し入れ、球団側も了承。Honda残留が決定し、2009年のドラフトで巨人の指名を待つこととなった。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たセス・グライシンガー

    公式戦に入り、5月15日のロッテ戦で、右翼手として二死満塁の場面で、セス・グライシンガーの右前打を素早く処理して一塁で封殺させ、巨人ではの呂明賜以来となる右ゴロの補殺を記録した。前半戦は打率.259と長く不振が続いたが、後半戦は打率.313と復調を見せた。8月29日の阪神タイガース戦では、松田遼馬から自身二度目のサヨナラ本塁打を放った。9月12日のDeNA戦ではトニ・ブランコ、10月2日のヤクルト戦では打者走者松岡健一を一塁で封殺させ、シーズン3度目の右ゴロの補殺を記録した。シーズン3度の右ゴロ補殺は球団では中島治康以来70年振り。前半戦の不振もあって、入団以来続いていたタイトル獲得は途切れ、3年連続3割も逃したものの、3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た村田修一

    この年から村田修一に代わり選手会長を務める。同年8月16日、出場選手登録期間が7年に達し国内FA(フリーエージェント)権を取得した。シーズンでは6月から約1ヶ月間ほど4番を務めるなど、3年ぶりに全試合出場を果たし、安打数や打率は前年を大きく上回ったものの、11本塁打、42打点はいずれもプロ7年間で最少の数字に終わった。長野久義 フレッシュアイペディアより)

150件中 21 - 30件表示

「長野久義」のニューストピックワード