150件中 41 - 50件表示
  • 長野久義

    長野久義から見たヤナセ

    ヤナセ・ジャイアンツMVP賞:1回 (2014年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たテレビ朝日

    3月29日、交際していたテレビ朝日アナウンサーの下平さやかと結婚を発表した。入団以来不動のレギュラー格であったが、このシーズンは絶不調でスタメンから外れることも多くなった。また、ボール球によく手を出してしまうため、原監督からは病院で動体視力検査を受けてくるように勧められたことも報じられた。不調はシーズン終盤まで続き、本塁打数は前年を上回ったものの、打率・安打・打点・出塁率・盗塁などほとんどの部門で自己ワーストの数字に終わった。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た本田技研工業

    本田技研工業へ入社。同社のノンプロチームHonda硬式野球部へ入部した。Hondaでは第62回JABA東京スポニチ大会で社会人デビュー。主に3番・右翼手としてチームのベスト4入りに貢献し、同大会で新人賞。また4月の第55回JABA静岡大会では準決勝で先制本塁打を放つ活躍が認められ、大会最優秀選手に選出された。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たアシャンティ (歌手)

    「Just Stand Up!」MARIAH,BEYONCE,MARY J.BLIGE,RIHANNA,FERGIE,SHERYL CROW,MELISSA ETHERIDGE,NATASHA BEDINGFIELD,MILEY CYRUS,LEONA LEWIS,CARRIE UNDERWOOD,KEYSHIA COLE,LEANN RIMES,ASHANTI,CIARA(2010年 - 2013年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た読売ジャイアンツ

    長野 久義(ちょうの ひさよし、1984年12月6日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手)。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た北海道日本ハムファイターズ

    同年秋のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから4巡目指名を受けたが、読売ジャイアンツへの入団を熱望していたことから入団を拒否。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た阪神タイガース

    4月12日のヤクルト戦(宇部市野球場)で「6番・中堅手」として自身初の開幕スタメンに名を連ね、押本健彦から3点本塁打を含む5打数3安打5打点の活躍を見せる。7月14日の阪神戦では、前日の死球の影響でスタメンを外れたアレックス・ラミレスに代わり、巨人の第75代4番打者として先発出場を果たす。そして、シーズン終盤にかけては、阪神のマートンと熾烈な首位打者争いを展開。最終戦である10月22日の横浜戦では、1点ビハインドの9回裏無死満塁の場面で山口俊からプロ野球史上8人目となる代打逆転サヨナラ満塁本塁打を記録し、首位打者を決定づけた(巨人の入団2年目での首位打者獲得は、の長嶋茂雄以来、52年ぶり3人目。また、巨人の選手の首位打者は2009年のアレックス・ラミレス以来2年ぶりだが、日本人選手に限定すると2001年の松井秀喜以来10年ぶりで、日本人右打者だと1971年の長嶋茂雄以来40年ぶりである。)。このサヨナラ本塁打でサヨナラ賞を受賞、またセ・リーグ通算1000本目の満塁本塁打となった。この年は統一球導入の影響により多くの選手が打率低下に苦しんだが、打率.316、17本塁打、OPS.847と好成績を収めた。また、自身初となるベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たロイヤル・ハント

    「Crash ?戦慄?」Royal Hunt(プロレスラー・蝶野正洋のテーマ曲(自身にちなんだプレーヤーズ・デーということで、苗字の読みが同じ蝶野正洋が観戦に訪れた2010年6月18日の対中日戦の第2打席のみの限定使用だったが、同年後半から前述の「Hate That I Love You」に代えて公式に採用された)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たジェニファー・ハドソン

    「All Dressed In Love」Jennifer Hudson(2011年7月下旬 - 2013年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た松田遼馬

    公式戦に入り、5月15日のロッテ戦で、右翼手として二死満塁の場面で、セス・グライシンガーの右前打を素早く処理して一塁で封殺させ、巨人ではの呂明賜以来となる右ゴロの補殺を記録した。前半戦は打率.259と長く不振が続いたが、後半戦は打率.313と復調を見せた。8月29日の阪神タイガース戦では、松田遼馬から自身二度目のサヨナラ本塁打を放った。9月12日のDeNA戦ではトニ・ブランコ、10月2日のヤクルト戦では打者走者松岡健一を一塁で封殺させ、シーズン3度目の右ゴロの補殺を記録した。シーズン3度の右ゴロ補殺は球団では中島治康以来70年振り。前半戦の不振もあって、入団以来続いていたタイトル獲得は途切れ、3年連続3割も逃したものの、3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

150件中 41 - 50件表示

「長野久義」のニューストピックワード