150件中 51 - 60件表示
  • 長野久義

    長野久義から見たピンク (歌手)

    「Raise your Glass」P!NK(2014年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た岡本光

    2月5日、巨人は長野にドラフト1位指名する方針を公表した。Hondaでは第80回都市対抗野球大会で打率.579(19打数11安打)の活躍で首位打者を獲得。チームを13年ぶりの優勝に導いた。10月29日のドラフト会議では巨人から確約通り単独1位で指名を受けた。ドラフト指名を2回拒否して3回目の指名を受けたのは、巨人の先輩に当たる岡本光(1982年に3回目の指名)以来となった。直後、原辰徳と対面し二岡智宏の移籍で空き番となっていた背番号「7」のユニフォームを手渡された。11月23日、契約金1億円、出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で契約合意。同日、東京ドームで行われた「ジャイアンツファンフェスタ」で入団発表を行った。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た押本健彦

    4月12日のヤクルト戦(宇部市野球場)で「6番・中堅手」として自身初の開幕スタメンに名を連ね、押本健彦から3点本塁打を含む5打数3安打5打点の活躍を見せる。7月14日の阪神戦では、前日の死球の影響でスタメンを外れたアレックス・ラミレスに代わり、巨人の第75代4番打者として先発出場を果たす。そして、シーズン終盤にかけては、阪神のマートンと熾烈な首位打者争いを展開。最終戦である10月22日の横浜戦では、1点ビハインドの9回裏無死満塁の場面で山口俊からプロ野球史上8人目となる代打逆転サヨナラ満塁本塁打を記録し、首位打者を決定づけた(巨人の入団2年目での首位打者獲得は、の長嶋茂雄以来、52年ぶり3人目。また、巨人の選手の首位打者は2009年のアレックス・ラミレス以来2年ぶりだが、日本人選手に限定すると2001年の松井秀喜以来10年ぶりで、日本人右打者だと1971年の長嶋茂雄以来40年ぶりである。)。このサヨナラ本塁打でサヨナラ賞を受賞、またセ・リーグ通算1000本目の満塁本塁打となった。この年は統一球導入の影響により多くの選手が打率低下に苦しんだが、打率.316、17本塁打、OPS.847と好成績を収めた。また、自身初となるベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たレオナ・ルイス

    「Just Stand Up!」MARIAH,BEYONCE,MARY J.BLIGE,RIHANNA,FERGIE,SHERYL CROW,MELISSA ETHERIDGE,NATASHA BEDINGFIELD,MILEY CYRUS,LEONA LEWIS,CARRIE UNDERWOOD,KEYSHIA COLE,LEANN RIMES,ASHANTI,CIARA(2010年 - 2013年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た小松剛

    初本塁打:2010年4月4日、対広島東洋カープ3回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、4回表に小松剛から左越2ラン長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た中島治康

    公式戦に入り、5月15日のロッテ戦で、右翼手として二死満塁の場面で、セス・グライシンガーの右前打を素早く処理して一塁で封殺させ、巨人ではの呂明賜以来となる右ゴロの補殺を記録した。前半戦は打率.259と長く不振が続いたが、後半戦は打率.313と復調を見せた。8月29日の阪神タイガース戦では、松田遼馬から自身二度目のサヨナラ本塁打を放った。9月12日のDeNA戦ではトニ・ブランコ、10月2日のヤクルト戦では打者走者松岡健一を一塁で封殺させ、シーズン3度目の右ゴロの補殺を記録した。シーズン3度の右ゴロ補殺は球団では中島治康以来70年振り。前半戦の不振もあって、入団以来続いていたタイトル獲得は途切れ、3年連続3割も逃したものの、3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たキャリー・アンダーウッド

    「Just Stand Up!」MARIAH,BEYONCE,MARY J.BLIGE,RIHANNA,FERGIE,SHERYL CROW,MELISSA ETHERIDGE,NATASHA BEDINGFIELD,MILEY CYRUS,LEONA LEWIS,CARRIE UNDERWOOD,KEYSHIA COLE,LEANN RIMES,ASHANTI,CIARA(2010年 - 2013年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た松本哲也 (野球)

    新人合同自主トレで、柔軟性・持久力には課題を残すものの、マシン打撃で鋭い打球、外野守備練習で快足を披露し首脳陣から信頼を得る。続くオープン戦でも結果を残し、同期新人の土本恭平、市川友也と共に開幕一軍登録された。開幕戦である3月26日のヤクルト戦で左翼手としての守備からの途中出場で1軍デビュー。3月28日のヤクルト戦で「2番・中堅手」としてプロ初スタメンを飾った。以後は、6番、7番を中心にコンスタントにスタメン起用されたが、8月以後は不振に陥ってスタメン落ちが散見されるようになり、9月17日、不振からプロ入り初の二軍降格を経験する。このシーズン終盤には坂本勇人の不振で1番での先発出場を経験するなど、4番・5番を除く全打順での先発出場を経験した。10月8日の東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)での試合は、勝てば2位・負ければ3位が決まってしまう試合で、9回裏一死満塁で打席が回ってきたが三振に倒れた。結局サヨナラのチャンスを逃したチームも敗れて3位が決定しCSの本拠地開催権を確保できなかったが、1年目にして規定打席に到達し、打率.288・19本塁打をマークした。19本塁打はの高橋由伸と並び、巨人の新人では3位の記録。これにより2010年の新人王を獲得。巨人からは前々年の山口鉄也・前年の松本哲也に続き、3年連続の新人王誕生となった。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た二岡智宏

    2月5日、巨人は長野にドラフト1位指名する方針を公表した。Hondaでは第80回都市対抗野球大会で打率.579(19打数11安打)の活躍で首位打者を獲得。チームを13年ぶりの優勝に導いた。10月29日のドラフト会議では巨人から確約通り単独1位で指名を受けた。ドラフト指名を2回拒否して3回目の指名を受けたのは、巨人の先輩に当たる岡本光(1982年に3回目の指名)以来となった。直後、原辰徳と対面し二岡智宏の移籍で空き番となっていた背番号「7」のユニフォームを手渡された。11月23日、契約金1億円、出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で契約合意。同日、東京ドームで行われた「ジャイアンツファンフェスタ」で入団発表を行った。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た呂明賜

    公式戦に入り、5月15日のロッテ戦で、右翼手として二死満塁の場面で、セス・グライシンガーの右前打を素早く処理して一塁で封殺させ、巨人ではの呂明賜以来となる右ゴロの補殺を記録した。前半戦は打率.259と長く不振が続いたが、後半戦は打率.313と復調を見せた。8月29日の阪神タイガース戦では、松田遼馬から自身二度目のサヨナラ本塁打を放った。9月12日のDeNA戦ではトニ・ブランコ、10月2日のヤクルト戦では打者走者松岡健一を一塁で封殺させ、シーズン3度目の右ゴロの補殺を記録した。シーズン3度の右ゴロ補殺は球団では中島治康以来70年振り。前半戦の不振もあって、入団以来続いていたタイトル獲得は途切れ、3年連続3割も逃したものの、3年連続でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

150件中 51 - 60件表示

「長野久義」のニューストピックワード