106件中 71 - 80件表示
  • 長野久義

    長野久義から見たJuly 1st

    July 1st/浜崎あゆみ(2012年7月1日のみ。曲名と試合日に合わせて、この日のみ限定で使用された)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た外野手

    長野 久義(ちょうの ひさよし、1984年12月6日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手)。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た生産工学部

    プロの誘いはあったが、日本大学生産工学部マネジメント工学科へ進学、硬式野球部(東都大学野球連盟加盟)へ所属。2年次までは三塁手だったが、打撃力を生かすため、3年次となるの東都大学野球春季1部リーグ戦から中堅手に転向。また、長野は外のスライダーを振る癖があったため、野球部の後輩にアドバイスを受けて、あえてホームベースから離れることになる。離れることにより、バットが届く球ならストライク、届かないならボールと見極めることで、弱点を克服した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    開幕戦は3番でスタートしたが、シーズン序盤に坂本と打順を交代し1番に抜擢された。春先から安定した活躍を見せ、7月にやや調子を落とすものの8月には復調し、最終的に2年連続となる打率3割を記録。また、20盗塁(リーグ2位)・出塁率.382(リーグ2位)、そして同僚の坂本勇人と並びセ・リーグ最多安打となる173安打を放ち、1番打者としての役割を存分に果たす活躍を見せた。この最多安打により、入団以来3年連続でタイトルを獲得。また、2年連続でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。ポストシーズンも絶好調で、クライマックスシリーズ初戦から、日本ハムとの日本シリーズで巨人が日本一を決めるまで全試合安打を記録。特に第2戦では初回先頭打者本塁打を含む2本塁打を放つなど攻守にわたって活躍し、日本シリーズ優秀選手に選出された。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た2013 ワールド・ベースボール・クラシック

    34 (2013年WBC)※正式メンバー34人長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た最優秀新人 (日本プロ野球)

    新人合同自主トレでは、柔軟性・持久力には課題を残すものの、マシン打撃で鋭い打球、外野守備練習で快足を披露し首脳陣から信頼を得る。オープン戦でも結果を残し、同期新人の土本恭平、市川友也と共に開幕一軍の切符を手にした。9月17日、不振からプロ入り初の二軍降格を経験するも、シーズン終盤には坂本勇人の不振で1番での先発出場を経験するなど、4番・5番を除く全打順での先発出場を経験し、最終的に1年目にして規定打席に到達、打率.288、19本塁打をマークした。19本塁打は高橋由伸と並び、巨人の新人では3位の記録。これにより2010年の新人王を獲得。巨人からは前々年の山口鉄也、前年の松本哲也に続き、3年連続の新人王誕生となった。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たベストナイン

    4年次となったに急成長し、春季は12試合出場、打率.489(47打数23安打)、主将を務めた秋季は13試合出場、打率.404(52打数21安打)で1995年秋・1996年春の高須洋介(青学大)以来となる2季連続首位打者となり、ベストナインにも満票選出された。強肩・俊足を兼ね備え、プロの注目を浴びることとなった。同年秋の日米大学野球選手権、IBAFインターコンチネンタルカップ、2006年アジア競技大会に日本代表として出場。東都大学リーグ通算87試合出場、290打数85安打、打率.293、10本塁打、40打点。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た三塁手

    プロの誘いはあったが、日本大学生産工学部マネジメント工学科へ進学、硬式野球部(東都大学野球連盟加盟)へ所属。2年次までは三塁手だったが、打撃力を生かすため、3年次となるの東都大学野球春季1部リーグ戦から中堅手に転向。また、長野は外のスライダーを振る癖があったため、野球部の後輩にアドバイスを受けて、あえてホームベースから離れることになる。離れることにより、バットが届く球ならストライク、届かないならボールと見極めることで、弱点を克服した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た基山町

    佐賀県三養基郡基山町出身。佐賀県基山町立基山小学校1年生の時に地元の少年軟式野球チーム「基山バッファローズ」に入部。6年生時に主将を務める。基山中学校時代は九州硬式少年野球協会フレッシュリーグ所属の「筑紫野ドリームズ」に在籍。筑陽学園高校へ入学し、2002年の春季九州地区高校野球大会ベスト4進出。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2月20日、WBC日本代表に正式に選出されたことが発表された。大会中は中軸として期待されたが全くの不調で、立浪和義打撃コーチから「打席で迎えにいっている。練習で、しっかり修正してもらいたい」と苦言を呈された。長野久義 フレッシュアイペディアより)

106件中 71 - 80件表示

「長野久義」のニューストピックワード