150件中 81 - 90件表示
  • 長野久義

    長野久義から見た報知プロスポーツ大賞

    報知プロスポーツ大賞フレッシュ賞 (2010年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た広島東洋カープ

    初本塁打:2010年4月4日、対広島東洋カープ3回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、4回表に小松剛から左越2ラン長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た筑陽学園中学校・高等学校

    佐賀県三養基郡基山町出身。佐賀県基山町立基山小学校1年生の時に地元の少年軟式野球チーム「基山バッファローズ」に入部。6年生時に主将を務める。基山中学校時代は九州硬式少年野球協会フレッシュリーグ所属の「筑紫野ドリームズ」に在籍。筑陽学園高校へ入学し、2002年の春季九州地区高校野球大会ベスト4進出。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た東都大学野球連盟

    プロの誘いはあったが、日本大学生産工学部マネジメント工学科へ進学、硬式野球部(東都大学野球連盟加盟)へ所属。2年次までは三塁手だったが、打撃力を生かすため、3年次となるの東都大学野球春季1部リーグ戦から中堅手に転向。また、長野は外のスライダーを振ってしまう癖があったため、野球部の後輩にアドバイスを受けて、あえてホームベースから離れることになる。離れることにより、バットが届く球ならストライク、届かないならボールと見極めることで、弱点を克服した。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た都市対抗野球大会

    2月5日、巨人は長野にドラフト1位指名する方針を公表した。Hondaでは第80回都市対抗野球大会で打率.579(19打数11安打)の活躍で首位打者を獲得。チームを13年ぶりの優勝に導いた。10月29日のドラフト会議では巨人から確約通り単独1位で指名を受けた。ドラフト指名を2回拒否して3回目の指名を受けたのは、巨人の先輩に当たる岡本光(1982年に3回目の指名)以来となった。直後、原辰徳と対面し二岡智宏の移籍で空き番となっていた背番号「7」のユニフォームを手渡された。11月23日、契約金1億円、出来高払い5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で契約合意。同日、東京ドームで行われた「ジャイアンツファンフェスタ」で入団発表を行った。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たモヤモヤさまぁ〜ず2

    モヤモヤさまぁ〜ず2 - 番組ファンということで、2016年12月4日の放送に山口鉄也選手と共にゲスト出演する。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た安打

    4年次となったに急成長し、春季は12試合出場、打率.489(47打数23安打)、主将を務めた秋季は13試合出場、打率.404(52打数21安打)で1995年秋・1996年春の高須洋介(青学大)以来となる2季連続首位打者となり、ベストナインにも満票選出された。強肩・俊足を兼ね備え、プロの注目を浴びることとなった。同年秋の日米大学野球選手権、IBAFインターコンチネンタルカップ、2006年アジア競技大会に日本代表として出場。東都大学リーグ通算87試合出場、290打数85安打、打率.293、10本塁打、40打点。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た千葉ロッテマリーンズ

    、ドラフト会議で巨人以外に指名された場合はプロ入りせず会社に残留する意志を固めていたが、巨人以外でも入団するとの情報を得ていた千葉ロッテマリーンズが2巡目で“強行”指名。当日のボビー・バレンタインとの面会を拒否し、11月25日の入団交渉後、12月3日に入団拒否を明らかにした。翌日にロッテ球団側に直接入団拒否を申し入れ、球団側も了承。Honda残留が決定し、2009年のドラフトで巨人の指名を待つこととなった。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たアットホーム

    月間アットホームヒーロー賞:1回 (2014年9・10月)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たスポーツニッポン

    基本的に、「打率.280、10本塁打、10盗塁」前後の数字を毎年コンスタントに記録できる打者であるためか、チーム状況に応じて複数の打順で起用される傾向の強い打者である。実際、2013年は「4番、9番を除く全打順」、2014年は「2番を除く全打順」、2015年は「2番、9番を除く全打順」と、7つ以上の打順で起用されるシーズンが3年続き、2016年は「1番、3番、4番、5番、6番」と5つの打順で起用された。そのため、2016年のシーズンオフには、長野の起用法や打順が一定しないことを懸念する趣旨の記事がスポーツニッポンにおいて書かれたこともある。長野久義 フレッシュアイペディアより)

150件中 81 - 90件表示

「長野久義」のニューストピックワード