70件中 21 - 30件表示
  • 門司電気通信レトロ館

    門司電気通信レトロ館から見た門司港レトロ門司港レトロ

    現在営業所としては使用されていないが、NTT西日本が北九州市の門司港レトロ事業に協力し、建物の保存ならびに1階の一部が電話機や交換機の移り変わりを展示する博物館として無料で公開されている。門司電気通信レトロ館 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州水上警察署

    北九州水上警察署から見た門司港レトロ門司港レトロ

    全国で数少ない「水上」の名のつく警察署のひとつ。その名のとおり管内のほとんどは海上部分であり、東から周防灘、関門海峡、響灘、また響灘から入江となった洞海湾があり、響灘上には備蓄量約560万klの広大な白島国家石油備蓄基地が浮かぶ。陸上部分には観光スポット門司港レトロがある。門司港地区には第七管区海上保安本部、門司海上保安部、門司税関、福岡運輸支局門司港庁舎、門司検疫所支所など海事関連の官公署が集合しており、博多臨港警察署同様これら海事官庁と連携して密輸や密航、テロの警戒に当たっていた。北九州水上警察署 フレッシュアイペディアより)

  • 海峡ドラマシップ

    海峡ドラマシップから見た門司港レトロ門司港レトロ

    門司港レトロ地区の中核施設として整備された。施設のテーマは「海峡」、コンセプトを「海峡のドラマ館(人・歴史・ロマン)」として、関門海峡にまつわる歴史・文化・自然を紹介。歴史の名場面を展示した「海峡歴史回廊」や大正時代の門司の街並みを再現した「海峡レトロ通り」などがある。館内には、グッズショップや土産品店、レストランがある。海峡ドラマシップ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港ホテル

    門司港ホテルから見た門司港レトロ門司港レトロ

    門司港レトロ地区の観光の拠点として整備された。イタリアの建築家アルド・ロッシの遺作である。設計のテーマは門および鮫。インテリアデザインは内田繁。港湾・船舶関連企業が入居するオフィス(門司港レトロスクエアセンタービル)が併設されている。門司港ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市旧門司三井倶楽部

    北九州市旧門司三井倶楽部から見た門司港レトロ門司港レトロ

    山あいの門司区谷町より門司港レトロ地区に移築された。北九州市旧門司三井倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 山城屋 (百貨店)

    山城屋 (百貨店)から見た門司港レトロ門司港レトロ

    国際貿易港として栄えた門司港の中心商店街の栄町地区(現在の門司港レトロ地区)の繁栄を象徴する北九州最古の百貨店として営業していた。山城屋 (百貨店) フレッシュアイペディアより)

  • 関門海峡フェリー

    関門海峡フェリーから見た門司港レトロ門司港レトロ

    関門汽船 - 下関市唐戸と北九州市門司港を結ぶ旅客航路。関門海峡フェリー フレッシュアイペディアより)

  • 恋人の聖地

    恋人の聖地から見た門司港レトロ門司港レトロ

    門司港レトロ / ブルーウィングもじ(福岡県)恋人の聖地 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市旧門司税関

    北九州市旧門司税関から見た門司港レトロ門司港レトロ

    歴史的意義を踏まえ、門司港レトロ事業の一環として修復されることとなったが、傷みがひどく、過去の写真などを元に1991年(平成3年)から4年の歳月をかけて外観が復元された。内部は鉄骨により独立の架構が設置されている。北九州市旧門司税関 フレッシュアイペディアより)

  • 小林鎌次郎

    小林鎌次郎から見た門司港レトロ門司港レトロ

    門司港駅の駅舎は後に国指定の重要文化財となり、現在は門司港レトロのメインスポットとして観光客に親しまれている。小林鎌次郎 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「門司港レトロ地区」のニューストピックワード