70件中 41 - 50件表示
  • ウォーターフロント

    ウォーターフロントから見た門司港レトロ門司港レトロ

    その他にも、小樽市のぱるて築港、名古屋市のガーデン埠頭・金城埠頭、敦賀市の金ヶ崎緑地、高松市のサンポート高松、北九州市の門司港レトロ地区、福岡市のシーサイドももち、長崎市の長崎水辺の森公園、佐世保市のポートルネッサンス21、鹿児島市のドルフィンポートなどがある。ウォーターフロント フレッシュアイペディアより)

  • 西鉄バス北九州・戸畑自動車営業所

    西鉄バス北九州・戸畑自動車営業所から見た門司港レトロ門司港レトロ

    2007年のダイヤ改正により、新設。門司港レトロの観光地化により脚光を浴びた和布刈地区と、戸畑区・小倉北区からのアクセスを強化した路線。従来の70番(上記参照)に4番(門司港駅 - 和布刈。2007年ダイヤ改正で本数は大幅に減少。2009年4月のダイヤ改正で廃止)をプラスした意味合いで74番となった。戸畑駅は経由しない。西鉄バス北九州・戸畑自動車営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 3月25日

    3月25日から見た門司港レトロ門司港レトロ

    1995年 - 門司港レトロがオープン。3月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 都心

    都心から見た門司港レトロ門司港レトロ

    北九州市は、高度経済成長期の1963年(昭和38年)に門司市、小倉市、若松市、八幡市、戸畑市(市制施行順)の5市対等合併で発足した市であり、「多核都市論」に基いて旧5市の均衡発展を目指してきたが、市制施行および政令指定都市移行25周年を迎えた1988年(昭和63年)に北九州市ルネッサンス構想を策定し、小倉都心と黒崎副都心を中心とした「集中型都市」へと政策転換した。同構想において都市軸の外に位置する地域では、門司港レトロ、北九州学術研究都市など、業務以外の都市機能集積が図られた。都心 フレッシュアイペディアより)

  • アニうた KITAKYUSHU

    アニうた KITAKYUSHUから見た門司港レトロ門司港レトロ

    番組途中に北九州市の広告映像が挿入され、北九州市漫画ミュージアム、九州鉄道記念館、スペースワールド、門司港レトロ、わっしょい百万夏まつりを紹介した。再放送では未放映。アニうた KITAKYUSHU フレッシュアイペディアより)

  • 今日感テレビ

    今日感テレビから見た門司港レトロ門司港レトロ

    2016年10月14日(金曜日)には、クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」(MBS開局65周年記念特別企画の一環として13日から16日まで開催の「1」用チャーター船)が門司港(福岡県北九州市)に停泊したことを受けて、門司港(14時台後半)および門司港レトロ(15時台前半)からの同時生中継を実施。『ちちんぷいぷい』からは、ツアーに最初から同行している山本浩之(月 - 木曜総合司会)と、門司港からツアーに同行する未知やすえ(金曜パネラー)が出演した。また、船内イベントの出演者から堀内孝雄・夏井いつき、当番組から高田課長が登場。中継の冒頭では、山本と当番組総合司会の田畑によるクロストークを、当番組スタジオとの二元生中継で放送した。今日感テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市ルネッサンス構想

    北九州市ルネッサンス構想から見た門司港レトロ門司港レトロ

    交通体系の整備【新・北九州空港の事業決定、旧・北九州空港の定期便再開(1993年に羽田空港⇔旧・北九州空港便就航)】、都心・副都心機能の充実、地域の核づくり【小倉駅前再開発(1993年に小倉そごう開業)】、紫川マイタウン・マイリバー整備、東田地区の整備(スペースワールドの開業)、門司港レトロ整備事業等北九州市ルネッサンス構想 フレッシュアイペディアより)

  • 島原鉄道

    島原鉄道から見た門司港レトロ門司港レトロ

    元JR貨物トラ70000形のトロッコ車両。南目線(南島原 - 加津佐間)の廃止後は北九州市に譲渡され、同市が門司港レトロ地区に整備した観光鉄道(門司港レトロ観光線)で使用されている。島原鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 門司港駅

    門司港駅から見た門司港レトロ門司港レトロ

    駅名の通り駅の近くに門司港(北九州港)があり、駅周辺は港と当駅を中心にして古くから栄えた市街地(門司港地区)で門司区の中心部にあたる。現在、当駅駅舎や周辺の歴史的建造物を活かした観光スポット(門司港レトロ)となっている。門司港駅 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道事業者

    鉄道事業者から見た門司港レトロ門司港レトロ

    2009年4月26日、福岡県北九州市の門司港レトロ地区内の門司港 - 和布刈公園間で平成筑豊鉄道が第二種鉄道事業者、北九州市が第三種鉄道事業者として運行する門司港レトロ観光線(やまぎんレトロライン)がこの区分の適用を受ける初の普通鉄道の路線・常設路線として開業した。鉄道事業者 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「門司港レトロ地区」のニューストピックワード