87件中 21 - 30件表示
  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見た小学校

    門司港美術工芸研究所(旧門司港アート村) - 廃校になった小学校(庄司小学校)を芸術家の創作活動の拠点として有効利用。「北九州市文化振興計画」にもとづき、平成23年4月より研究員・研修生制度を整備し、講師・顧問を迎え「門司港美術工芸研究所」として再出発した。門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見たちゃんぽん

    ちゃんらー - 門司で食される麺類。門司の食堂で長崎の子供がちゃんぽんみたいな食事がしたいということで開発。当時手に入りやすかった野菜とちゃんぽん麺で作る。一旦途絶えたが芋洗坂係長などの努力で復活。門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見た廃校

    門司港美術工芸研究所(旧門司港アート村) - 廃校になった小学校(庄司小学校)を芸術家の創作活動の拠点として有効利用。「北九州市文化振興計画」にもとづき、平成23年4月より研究員・研修生制度を整備し、講師・顧問を迎え「門司港美術工芸研究所」として再出発した。門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見た大河ドラマ

    1988年(昭和63年)から整備を開始、1995年(平成7年)3月にグランドオープンした。順調に観光客数を伸ばし、2003年(平成15年)には対岸の下関市にある巌流島がNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」の舞台になったことで、年間255万人の観光客を集めた。翌2004年(平成16年)には反動で前年を下回ったが、焼きカレーが注目を集めていることもあり、2007年(平成19年)の観光客数は220万人(前年比+6万人)まで回復している。門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見た西日本電信電話

    門司電気通信レトロ館 - 1924年(大正13年)築、山田守設計。NTT西日本門司ビル内。門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見た西鉄バス北九州

    バス:西鉄バス(西鉄バス北九州)レトロ桟橋通バス停(他にもバス停あり)門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見た九州鉄道

    九州鉄道記念館 - 1891年(明治24年)築の旧九州鉄道本社を本館として使用。門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見た日本放送協会

    1988年(昭和63年)から整備を開始、1995年(平成7年)3月にグランドオープンした。順調に観光客数を伸ばし、2003年(平成15年)には対岸の下関市にある巌流島がNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」の舞台になったことで、年間255万人の観光客を集めた。翌2004年(平成16年)には反動で前年を下回ったが、焼きカレーが注目を集めていることもあり、2007年(平成19年)の観光客数は220万人(前年比+6万人)まで回復している。門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見た門司港駅

    門司港レトロ(もじこうレトロ)は、福岡県北九州市門司区にある観光スポット。JR門司港駅周辺地域に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に、ホテル・商業施設などを大正レトロ調に整備した観光スポットで、国土交通省の都市景観100選を受賞している。対岸の下関市唐戸や巌流島等との周遊ルートとして多くの観光客で賑わう。門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

  • 門司港レトロ

    門司港レトロから見た巌流島

    門司港レトロ(もじこうレトロ)は、福岡県北九州市門司区にある観光スポット。JR門司港駅周辺地域に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に、ホテル・商業施設などを大正レトロ調に整備した観光スポットで、国土交通省の都市景観100選を受賞している。対岸の下関市唐戸や巌流島等との周遊ルートとして多くの観光客で賑わう。門司港レトロ フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示

「門司港レトロ地区」のニューストピックワード