135件中 111 - 120件表示
  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見たナマ虎スタジアム

    TXN系のうちテレビ大阪は火曜にプロ野球阪神戦中継を組み、延長オプションを設けているため20:54を越えた時点で休止となり、休止になった回は日曜の再放送枠で遅れ放送されていたが、2012年4月以降は延長となる場合でもマルチ編成として20:54からメインチャンネル(071ch)で通常通り本番組を放送し、サブチャンネル(073ch)でプロ野球阪神戦中継が組まれる。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た南宋

    徳島県在住の男性が、大工だった曾祖父が三好長慶の子孫の屋敷を移築する作業に関わった際にもらい受けた骨董品に含まれていた茶碗として出品。番組内で鑑定した骨董商の中島誠之助が「12〜13世紀(南宋時代)に福建省の窯で焼かれた曜変天目茶碗である」と鑑定し、鑑定額を2500万円とした。ただし、この鑑定結果は当該番組の「独自の見解に基づいたもの」であり、第三者による学術的な確認は提示されていない。陶芸家・九代目長江惣吉など、複数の専門家からこの鑑定結果を否定する声が挙がった。2017年2月23日現在、テレビ東京の高橋雄一社長、長田隆編成局長共に「番組独自の鑑定」と語り、再鑑定や問い合わせには応じていない。2017年2月に奈良大学で行われた蛍光X線分析の結果からは、単一の釉薬が使われていると考えられ、長江の模倣品説で可能性が指摘されていた化学顔料由来の元素はほとんど検出されなかった。ただし奈良大学文化財学科の分析結果は「ホンモノであること」を証明するものではない。3月2日、長江はBPOに対してテレビ東京の対応は放送倫理に反すると申し立てを行った。3月10日、BPOは「本物かどうかを判定する能力がない」としてこの申し立てを審議対象としないと表明した。3月18日、長江は奈良大の詳細な分析結果を取り寄せた上で「同大の機器では正確な結果が出ない」と再反論した。分析者の奈良大教授・魚島純一は、長江の指摘通りクロムを正確に検出できない機器で分析したことや黒の部分からマンガンが出ていないことを認めたが、「陶器が偽物だと断定できなくなった結果に変わりはない」と話している。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た日本民間放送連盟

    『開運!なんでも鑑定団』(かいうん!なんでもかんていだん)は、1994年4月19日から日本のテレビ東京をはじめTXN系列各局で毎週火曜日に放送されている鑑定バラエティ番組(時間は、を参照)。通称は「鑑定団」「なんでも鑑定団」。民放連賞優秀賞を受賞。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た田舎に泊まろう!

    また再放送を放送している局に関しては、11月上旬から一時的に『田舎に泊まろう!』の再放送を流していた。日曜11:54からのテレビ北海道再放送枠も一時的に同様の措置をとっていたが12月12日から『鑑定団』の再放送を再開した。地上波放送でこれまでの半年ほど前の内容から1か月ほど前の内容を放送していたが、現在は再び半年ほど前の内容を放送している。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見たテレビ東京天王洲スタジオ

    収録スタジオが東京タワースタジオからテレビ東京天王洲スタジオに変更された2000年10月放送分からハイビジョンによる制作を開始。当初はスタジオ収録のみハイビジョン映像だったが、2010年7月6日放送分より出張鑑定などロケーション収録・取材映像などもハイビジョン収録となった(それと同時にアナログ放送ではレターボックス化された)。それまではスタジオ収録以外は4:3SDアップコンバート映像で2003年3月放送分までレンガのデザインをかたどったサイドパネル、2003年4月放送分から2010年6月29日放送分までは唐草模様のサイドパネルを付けていた。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た海外

    「石」「スポーツグッズ」「おもちゃ」「名画」「切手・コイン」「人形」「借金のカタ」「ご長寿」「外国人」「美人女将」「社長」「リベンジ」(過去にスタジオや出張鑑定で低評価額をつけられた依頼者が再登場)、「強気のお宝」(本人評価額が高額だという自信がある依頼者が登場)、「もめてるお宝」(説明は後述)「青春の思い出」などのテーマが付けられることがあり、そのうちいくつかはシリーズ化されている。これらのテーマ鑑定の場合は地方出張ではなく東京のスタジオでの収録となる。特番では海外への出張も行うことがある。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見たレターボックス (映像技術)

    収録スタジオが東京タワースタジオからテレビ東京天王洲スタジオに変更された2000年10月放送分からハイビジョンによる制作を開始。当初はスタジオ収録のみハイビジョン映像だったが、2010年7月6日放送分より出張鑑定などロケーション収録・取材映像などもハイビジョン収録となった(それと同時にアナログ放送ではレターボックス化された)。それまではスタジオ収録以外は4:3SDアップコンバート映像で2003年3月放送分までレンガのデザインをかたどったサイドパネル、2003年4月放送分から2010年6月29日放送分までは唐草模様のサイドパネルを付けていた。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た骨董品

    本番組から鑑定・骨董品ブームが起きたが、何でも金銭で換算してしまう点や、美術品をパフォーマンスで見せる点などを苦々しく感じている美術関係者もいる。しかし、依頼品にまつわる人々の熱かったり切なかったりする思い入れや、鑑定結果に一喜一憂する依頼人の表情などは人間味にあふれ、鑑定を単なる金銭的評価に終わらせていない。また、鑑定結果が出る前には、これから鑑定する依頼品に対する予備知識の解説が入る。そこでは、製作者の生い立ち、歴史的背景などのほか、作風、作品の見方、味わい方などが紹介される。牧野義雄のようにこの番組によって、一般に広く知れ渡るようになった芸術家も数多く存在する。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た放送作家

    なお、放送作家の高橋秀樹は、「家宝鑑定ショー」がルーツであるとしつつも、原型はイギリスで1979年から放送されているBBCのTV番組Antiques Roadshowであると述べている。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た劇中劇

    本番組を舞台にしたミステリードラマ『「開運! なんでも鑑定団」 殺人事件』と題して『女と愛とミステリー』(BSジャパン:2001年6月17日・テレビ東京:同年6月20日)の中でに放送された(劇中劇として)。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

135件中 111 - 120件表示