135件中 41 - 50件表示
  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た瀬木慎一

    瀬木慎一(美術) - 美術評論家開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見たZIGGY

    大切な場所 / 森重樹一(fiom ZIGGY開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見たドレミ團

    タイムマシン / ドレミ團開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た宮崎奈穂子

    サヨナラパスポート / 宮崎奈穂子開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た三好長慶

    徳島県在住の男性が、大工だった曾祖父が三好長慶の子孫の屋敷を移築する作業に関わった際にもらい受けた骨董品に含まれていた茶碗として出品。番組内で鑑定した骨董商の中島誠之助が「12〜13世紀(南宋時代)に福建省の窯で焼かれた曜変天目茶碗である」と鑑定し、鑑定額を2500万円とした。ただし、この鑑定結果は当該番組の「独自の見解に基づいたもの」であり、第三者による学術的な確認は提示されていない。陶芸家・九代目長江惣吉など、複数の専門家からこの鑑定結果を否定する声が挙がった。2017年2月23日現在、テレビ東京の高橋雄一社長、長田隆編成局長共に「番組独自の鑑定」と語り、再鑑定や問い合わせには応じていない。2017年2月に奈良大学で行われた蛍光X線分析の結果からは、単一の釉薬が使われていると考えられ、長江の模倣品説で可能性が指摘されていた化学顔料由来の元素はほとんど検出されなかった。ただし奈良大学文化財学科の分析結果は「ホンモノであること」を証明するものではない。3月2日、長江はBPOに対してテレビ東京の対応は放送倫理に反すると申し立てを行った。3月10日、BPOは「本物かどうかを判定する能力がない」としてこの申し立てを審議対象としないと表明した。3月18日、長江は奈良大の詳細な分析結果を取り寄せた上で「同大の機器では正確な結果が出ない」と再反論した。分析者の奈良大教授・魚島純一は、長江の指摘通りクロムを正確に検出できない機器で分析したことや黒の部分からマンガンが出ていないことを認めたが、「陶器が偽物だと断定できなくなった結果に変わりはない」と話している。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見たパパイヤ鈴木

    飲んで飲んで / パパイヤ鈴木とLiLiCo開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た山本潤子

    思い出の宝箱 / Song for Memories開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た渕上史貴

    Treasure in Heart / 渕上史貴開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た酒井田柿右衛門

    2016年1月時点での番組史上最高額の鑑定品は、2005年9月27日放送分で記録された「柿右衛門様式の壺」で、鑑定額は5億円である。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た石井久吾

    石井久吾(日本画) - 古旧堂店主開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

135件中 41 - 50件表示