135件中 51 - 60件表示
  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た安岡路洋

    安岡路洋(考古学・民芸品) - 民具の館「杢魄舎」館長。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見たはりけ〜んず

    お笑いコンビのはりけ〜んずと素人代表のおじさん1名が日本を旅し、未だ日の目を見ない隠れたお宝を探すという連続ものの企画。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た原口あきまさ

    原口あきまさ(2012年7月10日 - )開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た齋藤菜月

    齋藤菜月(2016年10月 - )開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た真桜

    ナイテモイイ / 真桜開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た牧野義雄

    本番組から鑑定・骨董品ブームが起きたが、何でも金銭で換算してしまう点や、美術品をパフォーマンスで見せる点などを苦々しく感じている美術関係者もいる。しかし、依頼品にまつわる人々の熱かったり切なかったりする思い入れや、鑑定結果に一喜一憂する依頼人の表情などは人間味にあふれ、鑑定を単なる金銭的評価に終わらせていない。また、鑑定結果が出る前には、これから鑑定する依頼品に対する予備知識の解説が入る。そこでは、製作者の生い立ち、歴史的背景などのほか、作風、作品の見方、味わい方などが紹介される。牧野義雄のようにこの番組によって、一般に広く知れ渡るようになった芸術家も数多く存在する。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た渡辺健一

    構成:中丸智司、渡邊健一、林あさひ、川島浩司、小縣芳仁開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見たサイバーニュウニュウ

    ダイナマイト★不ユカイ / サイバーニュウニュウ開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た横山大観

    千葉県夷隅郡大多喜町に住み、自宅の「渡辺家住宅」は重要文化財である。収録の度に大多喜町の自宅から上京していた。通称は「鑑定士軍団の最長老」で、横山大観の弟子でもある。番組の原型となった「EXテレビ」での企画から出演していた。価値の低い品物に対して「これはいけません」や、絵画の鑑定時に「技術的に説明しますと…」というセリフが彼の代名詞で、紳助も「亡くなった渡邉先生が…」と引用していた。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

  • 開運!なんでも鑑定団

    開運!なんでも鑑定団から見た井上公造

    紳助と石坂はバランスでキャスティングされていた側面がある。紳助は井上公造の取材に対し、博識で知られる石坂にどうしても出演してほしかったと語っており、石坂なしでは番組が成功しなかったのは、絶対的な事実と述べている。開運!なんでも鑑定団 フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示