前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示
  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見た間寛平間寛平

    デビュー:間寛平、六代目三遊亭圓楽、春風亭小朝、桂べかこ(南光)、つボイノリオ日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • 島田洋七

    島田洋七から見た間寛平間寛平

    しかし、1981年から始まった「オレたちひょうきん族」(フジテレビ)ではたけしと明石家さんまがメインで洋七は完全に脇にまわる。また、1982年の「笑ってる場合ですよ!」終了と同時に人気が急降下、1983年にB&Bを解散。その後、国分健二(浮世亭ケンジ)と新コンビ「スティング」を結成したり、間寛平と「洋・寛」という漫才コンビを結成したりするも、いずれも長続きしなかった。間寛平の絡みで萩本欽一の欽ちゃんファミリー入りしたこともある。またかねてより事業欲も旺盛で、最盛期には当時都内の一等地に下北沢など数軒しかなかった広島風お好み焼き店“モミジハウス”を新宿・渋谷・原宿などの一等地に6店舗展開。しかし後に母親の要求に応じて全て閉店してしまう。この頃「たかじんnoばぁ?」のイレギュラー出演以外は仕事が無かったので、たけしの仕事場に付いて回る。また、竜雷太と土地がらみの問題で裁判になり、勝訴するも結局借金しか残らなかった。1995年第17回参議院議員通常選挙に当時居を置いた埼玉県選挙区から出馬。洋八やぼんちおさむら昔の仲間が応援してくれたが、高速道路で演説したり他県で演説したりで落選。このため新潟県で2票入ったという逸話が残る。芸人引退を決意し、たけしに相談するが、「芸人をやめるなら友達づきあいをやめるぞ!」と一喝され、引退を思いとどまる。一度は契約を解除された吉本に頭を下げて復帰を許され、生涯一漫才師を誓い、洋八と再びB&Bを復活させ、こつこつと仕事をこなす。島田洋七 フレッシュアイペディアより)

  • 忌野清志郎

    忌野清志郎から見た間寛平間寛平

    ほぼ同時期に間寛平への応援歌を描き下ろし自身の作品としては2年ぶりにレコーディングを行い、Booker T. & THE MG'sのライブに飛び入りするなど徐々に音楽活動を再開する。忌野清志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 痛快!明石家電視台

    痛快!明石家電視台から見た間寛平間寛平

    1990年4月16日スタート。番組放送開始当初は生放送だった。番組最初期の内容は、その日起きたニュースや話題、阪神タイガースネタのトークであった。村上ショージとジミー大西はスタジオレギュラーで、間寛平はコーナー出演だったが、半年後の番組リニューアル以降、3人ともにレギュラーで出演するようになった。痛快!明石家電視台 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋康宏

    高橋康宏から見た間寛平間寛平

    2010年8月11日、地球一周マラソンを敢行中間寛平氏への応援歌高橋康宏 フレッシュアイペディアより)

  • こんちわコンちゃんお昼ですょ!

    こんちわコンちゃんお昼ですょ!から見た間寛平間寛平

    間寛平(アースマラソンへの挑戦中にレギュラーで放送された「世界の国からアメマ」へ電話出演)こんちわコンちゃんお昼ですょ! フレッシュアイペディアより)

  • ルージュの伝言

    ルージュの伝言から見た間寛平間寛平

    1991年4月3日〜9月25日にTBSで深夜に放送されたドラマ『ルージュの伝言』は、松任谷由実の楽曲26曲を、それぞれ曲のイメージから脚本を書き、ドラマ化したものである。形式は1回完結のオムニバス。深夜番組としては異例の視聴率を記録した。間寛平が毎回何らかの端役で出演していたがVOL.8「リフレインが叫んでる」では準主役、VOL.22「ESPER」では主役の役どころで出演した。ルージュの伝言 フレッシュアイペディアより)

  • 間慎太郎

    間慎太郎から見た間寛平間寛平

    間 慎太郎(はざま しんたろう、1981年3月27日 - )は、大阪府大阪市生まれ、兵庫県宝塚市出身のシンガーソングライターである。お笑いタレント間寛平の長男。R and C所属。兵庫県立宝塚高等学校(在学中は野球部員)、東海大学卒業。間慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 島木譲二

    島木譲二から見た間寛平間寛平

    芸人になる前はMBS千里丘放送センター(大阪府吹田市、2007年閉鎖)の警備員でもあった。その時に、知己を得た間寛平の紹介で吉本新喜劇に入団する。島木譲二 フレッシュアイペディアより)

  • いつみても波瀾万丈

    いつみても波瀾万丈から見た間寛平間寛平

    元々、逸見政孝が司会の同系『いつみても平平凡凡』(芸能人とその家族がゲスト出演のトーク番組。最後に賞品獲得をかけたゲームに挑戦)を引き継ぐ形で逸見と間寛平のコンビで1992年3月22日にスタートしたが、1993年9月に逸見が癌による闘病生活に入り、すべての仕事を休止したため、元日本テレビアナウンサーである福留功男が代理で司会を担当(初日は逸見より病床からの「ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします」という録音メッセージが放送された)。その後、同年12月25日に逸見が逝去。それに伴い、福留がそのまま正式に2代目の司会者となり、最終回に至った。なお、タイトルの「いつみても」は、初代司会者である逸見の名字「いつみ」から取ったものである。このことは、逸見がかつて在籍していたフジテレビの5期先輩である露木茂がゲスト出演した際にも福留が再確認する表現がなされた。いつみても波瀾万丈 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示

「間寛平」のニューストピックワード