前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示
  • 吉本新喜劇

    吉本新喜劇から見た間寛平間寛平

    一方の吉本新喜劇は常々「漫才芝居」と形容されるように、ドタバタ中心のナンセンス軽演劇であり、一種のスラップスティック・コメディである。ストーリーよりもギャグ、演技よりもキャラクター性を重視する。(ただしギャグや演者のキャラクターが今ほどに重視されるようになったのは間寛平、池乃めだか、チャーリー浜等が台頭後の時代の話でありその昔は吉本新喜劇もストーリー性をそれなりには重視していた)これはもともと吉本新喜劇がテレビ番組向けに製作された物であり、テレビ中継で名を売り花月劇場に観客を呼び込む「客寄せ」の役割を担ってきたことによるものである。両者は比較されることを嫌い、吉本側も「ウチらと向こう(松竹新喜劇)は、たとえ同じスポーツであるにしても種目が違う」と言い切っている。吉本新喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • B&B (お笑いコンビ)

    B&B (お笑いコンビ)から見た間寛平間寛平

    洋七は漫才スタイルのヒントにした「ケンケン・てるてる」の「ケンケン」こと国分健二(元・浮世亭ケンジ)を東京に呼び寄せ、新たに「スティング」を結成、抜群の面白さを見せたが、所属事務所の力も弱かったためか、テレビではそれほど出演することが出来なかった。テレビ朝日「トゥナイト」のレギュラーになるも、すぐに吉本興業の新人タレントにその座を奪われた。再びB&Bと改名するが、解散。間寛平とも漫才コンビを組むがうまくいかず、1991年、「1991真夏大阪漫才格闘技バトルロイヤル」で8年ぶりに(3代目)B&Bを再結成させた。しかしまたも解散。親友のビートたけしの番組「北野ファンクラブ」で番組内限定の漫才コンビ“B&BEAT”でたけしとともに漫才のカンを維持、その後1996年に洋八と再々結成して吉本興業に復帰。復帰当時は駆け出しからの出直しを誓い、トップバッターを受け持ち、「もみじ饅頭」等のギャグを封印。正統派漫才で見せると公約した。吉本所属時にはなんばグランド花月他で月替わりのレギュラー出演、スピード感溢れる掛け合いは色あせていなかった。一時期封印していたかつてのギャグは後に解禁した。B&B (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 忌野清志郎

    忌野清志郎から見た間寛平間寛平

    ほぼ同時期に間寛平への応援歌を描き下ろし自身の作品としては2年ぶりにレコーディングを行い、Booker T. & THE MG'sのライブに飛び入りするなど徐々に音楽活動を再開する。忌野清志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 痛快!明石家電視台

    痛快!明石家電視台から見た間寛平間寛平

    1990年4月16日スタート。番組放送開始当初は生放送だった。初期の内容は、その日のニュースや話題、阪神タイガースネタのトークであった。村上ショージとジミー大西はスタジオレギュラーで、間寛平はコーナー出演だったが、半年後の番組リニューアル以降、3人ともにレギュラーで出演するようになった。痛快!明石家電視台 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のテレビドラマ (日本)

    2001年のテレビドラマ (日本)から見た間寛平間寛平

    出演:鳥羽潤、川岡大次郎、安達祐実、中川家、間寛平、木内晶子 他2001年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 間慎太郎

    間慎太郎から見た間寛平間寛平

    間 慎太郎(はざま しんたろう、1981年3月27日 - )は、日本のシンガーソングライター。お笑いタレント間寛平の長男。よしもとアール・アンド・シー所属。間慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 室谷信雄

    室谷信雄から見た間寛平間寛平

    室谷 信雄(むろや のぶお、1946年2月11日 - )は、元喜劇役者、タレントで現在は会社員(ゴルフ場従業員)。大阪府泉佐野市出身。吉本興業に所属し、1970年代から1985年まで活躍。吉本新喜劇の座長として、間寛平や木村進、帯谷孝史ら、座員はもちろん、多くの芸人から、先輩後輩問わず尊敬され慕われた。1985年、40歳になるころ、喉頭ガンで声を失い、惜しまれつつ引退した。室谷信雄 フレッシュアイペディアより)

  • 進め!クリフハンガー冒険隊

    進め!クリフハンガー冒険隊から見た間寛平間寛平

    毎回東海3県各地で視聴者参加型のゲーム企画を行っていた番組で、一般の親子(父親と小学生の子供のペア)3組が「冒険王」の獲得を目指して各種ゲームに挑戦していた。最終ゲームのネットくぐりが番組の目玉だった。間寛平が司会を務めていた放送後期では、参加者全員に寛平作のアメマバッジを進呈していた。進め!クリフハンガー冒険隊 フレッシュアイペディアより)

  • 木村進

    木村進から見た間寛平間寛平

    木村進(きむら すすむ 本名同じ、1950年7月29日 - )は日本のお笑い芸人、喜劇役者。かつて吉本興業に所属していた。二枚目、三枚目、お婆さん役、ボケ役ツッコミ役なと幅広い役柄を演じるなど稀有な芸達者ぶりを発揮し、23歳の若さで吉本新喜劇の座長に就任。かっこいいのに可愛くもあり、笑顔の素敵な素晴らしい殿方である(一度聞いたら絶対に忘れない、あのハスキーな声もたまりません)。吉本新喜劇随一の人気を誇った伝説の座長。現在でも親交のある間寛平とは、お互いにベストパートナーであり、良きライバルでもある。木村進 フレッシュアイペディアより)

  • 岡八朗

    岡八朗から見た間寛平間寛平

    1960年(昭和35年)4月に漫才に転向し、コンビを解消して一人になっていた浅草四郎とコンビを組むが1966年に四郎が死去、一時千土地興行に移籍したこともあったが、後吉本興業に戻り役者を諦めきれず復帰して座長に就任。主に花紀京、船場太郎、山田スミ子、原哲男、のちには木村進、間寛平らと共に活躍した。岡八朗 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示

「間寛平」のニューストピックワード