303件中 71 - 80件表示
  • こいこい7

    こいこい7から見た間寛平間寛平

    植木等の「お呼びでない」、明石家さんまの「お待ち〜」、ゆーとぴあの「よろしく〜ねっ」、ビートたけしの「コマネチ」、あのねのねの「ネコニャンニャンニャン」、間寛平の「かい〜の」、ヒロシの「ヒロシです…ヒロシです…ヒロシです…」と広い世代からチョイスしたタレントの一発ギャグがネタにされている。こいこい7 フレッシュアイペディアより)

  • サロマ湖100キロウルトラマラソン

    サロマ湖100キロウルトラマラソンから見た間寛平間寛平

    かつて、間寛平や太平サブロー、村上春樹が挑戦して完走したことがある。サロマ湖100キロウルトラマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 紳竜・さんまのスクープ一直線

    紳竜・さんまのスクープ一直線から見た間寛平間寛平

    架空の新聞社「かんさいタイムズ」を舞台に、島田紳助・松本竜介・明石家さんま・間寛平の4人を中心に繰り広げられる吉本新喜劇風のドラマを内包。ドタバタ感があるものの、シリアスな作風に似つく内容だった。当初は前半40分がドラマ本編で、残り15分が視聴者参加の芸を披露するコーナーだったが、続編では視聴者参加の芸はドラマ本編に統合された。紳竜・さんまのスクープ一直線 フレッシュアイペディアより)

  • ハチエモン

    ハチエモンから見た間寛平間寛平

    初期には声を出さなかったため、声の担当もいなかった。1997年春の『カンテ?レ・キャンペーン』のみ間寛平が担当。2000年4月の『カンテーレ見なは?れ』以降は声を出すようになり、岡田照幸が担当している。ハチエモン フレッシュアイペディアより)

  • 日本列島ここが真ん中

    日本列島ここが真ん中から見た間寛平間寛平

    石川県内で有名人が来て放送番組の収録・取材をするというと「日本列島」の「応援団」がまず連想されるまでに知名度を得たため、朝日放送のテレビ番組『探偵!ナイトスクープ』のロケが能登半島で行われた際に、間寛平がインタビューした地元の老女に「何の番組?日本列島?」などと聞かれ、スタッフ一同老女の発言を理解できないままこのシーンは「わけのわからない事をいう老人」と扱われてオンエアされている。間らが乗り付けた番組制作会社JAWSの取材車が、当時MROのラジオ中継車に使われていたものと同じトヨタのハイエース、老女に車種名は特定できなかったとしても同じくらいのワンボックスカーであったことも誤解に拍車をかけた。日本列島ここが真ん中 フレッシュアイペディアより)

  • 「ブラインドセーリング」プロジェクト

    「ブラインドセーリング」プロジェクトから見た間寛平間寛平

    「ブラインドセーリング」プロジェクトとは、ブラインドセーラーの岩本光弘とニュースキャスターの辛坊治郎が、日本国福島県いわき市小名浜港からアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴまで、およそ5100マイル(約8200km)、間寛平がアースマラソンの時に使ったヨット・エオラス号で帆走する企画であった。「ブラインドセーリング」プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • アンダーエイジ

    アンダーエイジから見た間寛平間寛平

    東日本大震災被災地での仕事も数多くこなしており、テレビ番組のロケや、大船渡市と縁の深い宮川大助・花子と共演してのイベント出演のほか、間寛平らとマラソンにもトライしている。アンダーエイジ フレッシュアイペディアより)

  • 松田克彦

    松田克彦から見た間寛平間寛平

    2006年、日本テレビで放映された24時間テレビの企画で十種競技を行った吉本興業の間寛平のトレーニングコーチを務めた。松田克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 飢餓々々帰郷

    飢餓々々帰郷から見た間寛平間寛平

    新生スターリン解散後の遠藤のソロ作品『死目祟目』(1993年)からthee michelle gun elephantのドラマーであったクハラカズユキとのユニットM.J.Qまでの楽曲が収録されている。特筆すべきは、『死目祟目』からの楽曲で、この作品は当時カセットテープでしかリリースされておらず、今回が初CD化での収録となった。その他、ザ・スターリン、新生スターリン時代の楽曲や、お笑い芸人である間寛平に提供した楽曲「21世紀のニューじじい」のセルフカバーなどが収録されている。飢餓々々帰郷 フレッシュアイペディアより)

303件中 71 - 80件表示

「間寛平」のニューストピックワード