220件中 11 - 20件表示
  • 間寛平

    間寛平から見たテレビ朝日

    はみだし刑事情熱系PART-IV (2000年、テレビ朝日) 第22話袴田 役間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た痛快!明石家電視台

    アメマバッジの件では、バッジを製作した会社から費用の不払いのため訴えられて裁判沙汰となる(通称「アメマ裁判」)。この口頭尋問で、裁判官から「『アメマ』とは何ですか?」と聞かれ「『ア〜メマァ〜…』です」と答えたら、再び「ですから、『アメマ』とは何ですか?」と聞かれたため、再度「『ア〜メマァ〜…』です」と答えた。このやり取りが尋問中何回も繰り返され、法廷内全体を爆笑させたのは裁判でも過去に例がない語り草となっている。なおアメマバッジは、『いつみても平平凡凡』に出演したゲストにプレゼントされ、『痛快!明石家電視台』では会場の観客に、さらに『進め!クリフハンガー冒険隊』では出演した親子全員にプレゼントされていた。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た稲森いずみ

    「ア〜〜〜〜メマ!!」(困ったとき・追いつめられたときにとっさに放つ一言)※『明日があるさ』で稲森いずみが8回連続NGを出したときにこのギャグを放ってハマりのループから救った。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た萬田久子

    なめくじ君(寛平作詞、河島英五作曲、コーラスに萬田久子が参加している)間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見たタモリ

    『笑っていいとも!』に出演の際には、タモリと必ずサルのケンカのマネを行い、そのやり取りで1コーナー(テレフォンのゲスト出演においては、トークすることなく)が終わってしまうことがよくある。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た石原裕次郎

    1968年 - 高校卒業後、石原裕次郎に憧れて上京。歌手を目指すが、挫折して大阪に戻り、様々な職を転々とし社会人も経験。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た桂文珍

    1970年 - 喫茶店でアルバイトをしていた時に、店主の日限萬里子の紹介により吉本興業に移籍、吉本新喜劇の研究生になり花紀京の付き人になる。同期に桂文珍らがいる。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た近藤真彦

    「オレたちひょうきん族」の「ひょうきんベストテン」に近藤真彦として主演した際、これを叫びながら脚立を登り、足を踏み外して股間を強打したことがある。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た所ジョージ

    人柄が良く、芸人仲間や後輩からも信頼される。明石家さんま、島田紳助、村上ショージ、ダウンタウン、雨上がり決死隊も今もって若手の頃に良くしてもらったことを感謝している。特にさんまは当時大忙しだったにもかかわらず、寛平がスパルタスロンマラソンを走る番組で、「兄さんのためなら」と付き添いのために(さんまの付き添いは、プロデューサーが番組制作の条件として出されたものであった)、無理やり10日間スケジュールを開けたことがある。また『マジカル頭脳パワー!!』で共演した所ジョージや千堂あきほなどからも信頼されている。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見たたけし軍団

    過去にB&Bのメンバーとして島田洋七に数度コンビを組まないかと誘われ、「洋・寛」という漫才コンビを結成したりするも長続きしなかった。ただ池乃めだかとは何度かコンビを組んで舞台に上がった事がある。その後、東京進出の際には、洋七の親友であるビートたけしの弟子軍団である『たけし軍団』入りも検討し、たけしからもOKをもらったが、断念した。間寛平 フレッシュアイペディアより)

220件中 11 - 20件表示

「間寛平」のニューストピックワード