220件中 61 - 70件表示
  • 間寛平

    間寛平から見た平参平

    実質的には1973年10月より平参平班では平・木村、そして間の「三枚看板座長制」という形を採っており(ただし、正式にその班を統率し、脚本・演出内容にも強い発言力を有するという意味での座長には昇格していない)、平の座長勇退→専科入りを機に1974年4月より正式に木村とのコンビで座長へと正式昇格。そして1976年4月からは木村、寛平それぞれ別の班を統率することとなった。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見たBORO

    大阪で生まれた男(BOROの同名曲とは異曲)間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た鳳啓助

    1969年 - 岡八朗らが出演していたラジオの公開収録で岡と知り合い、岡が当時所属していた千土地興行の千日劇場に出入りするようになる。千日劇場の閉鎖後、トップホットシアターを紹介され、最初鳳啓助に弟子入り志願したが、既に弟子がいたために断られ、すっとんトリオに弟子入り。新世界のジャンジャン横丁にあった「温泉劇場」(ストリップ劇場)に入り、幕間コントに出演して修行を積む。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た豊臣秀吉

    森蘭丸〜戦国を駆け抜けた若獅子〜(1993年 テレビ東京時代劇スペシャル 豊臣秀吉 役)間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た木村政雄

    東京で頑張りたいと独立を考えた(本人曰く、仕事先の宿の畳の目が「東京行け、東京行け」とささやいたからとのこと。また妻にも相談なしでの決断だったが、妻は文句を言わず送り出した)時に、当時、吉本の社員だった木村政雄に懸命に説得され、慰留が決まり、吉本興業東京本社(当時は東京事務所)に所属する事になった。同時に吉本新喜劇を退団する。寛平は東京に吉本の事務所があるのを知らなかったらしい。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た坂田利夫

    光代の実家が大きな家だったことに加え、当時は家がなく、坂田利夫などの家を渡り歩いており、これをきっかけに寛平は光代の実家に少しずつ自分の荷物を置いて行き、いつの間にか寛平が光代の実家に住み着いた。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見たネコ

    猿のマネをしながら、池乃めだかのの形態模写との掛け合い。めだか猫と一緒にボールにじゃれついたりするが、そのうちにらみ合い、大喧嘩を始める。しかしいつの間にか寛平猿がめだか猫を押さえ込み、交尾を始めてしまう。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た終戦の日

    1949年7月20日、愛媛県との県境にある高知県宿毛市橋上町出井の出身。間の姓は母の再婚相手の姓であり、実父の姓は岡村。実父は寛平が生まれる直前に23歳の若さで結核で亡くなっている。岡村家は応仁の乱から逃げ延びた一条家の家老か何かだったと本家では伝えられており、長らく地元の庄屋をしていたが、明治の頃に一族の一人の放蕩が原因で寛平の実父が生まれた時には集落で一番貧乏になっていた。実父は分家筋の出身だが、彼の家は木材の切り出しなどで糊口を凌ぐなど一族全部が困窮を極める有様で育ったため、15歳で地元の営林署の木材切り出し人の給与算出係をし、太平洋戦争の終戦間際に海軍の兵卒に志願する(シゴキと結核に倒れて終戦は入院先の病院で迎えた)という苦労を重ねていた。実父と母の馴れ初めは戦後間もなく地元の青年会の演劇サークルであった。寛平が4歳の時に近所の人の紹介で母は木材の切り出しをしていた男性と再婚し、一家で宇和島市に転居。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見た芸能界

    芸能界入りを目指したきっかけはテレビで見た菅原洋一を見て「こんなブサイク(醜男)がテレビに出れるのなら俺でも」と思ったからであった。芸能人を目指すべくキャバレー店に勤務、ボーイに就くも、ある日芸能界の入り口にすら立っていない事に気づく。後、大阪アメリカ村にある飲食店店員の職で稼ぎを得ていたが、入店した女性客(日限萬里子)から面相を大笑いされ「君、おもしろい顔をしているから吉本に紹介してあげる」と告げられ、言われるままついて行き吉本興業に入所。間寛平 フレッシュアイペディアより)

  • 間寛平

    間寛平から見たさんまのまんま

    生来、お人好しと無知が災いして次々と他人の借金の連帯保証人になってしまう。付いたあだ名は「歩くハンコ屋」。他にアメマバッジの失敗により6000万円(「さんまのまんま」でゲスト出演した時に自身が明かした)の借金を背負うが、妻の光代が必死の借金返済で当時0歳だった長女を連れて、街金の金融業者の前で長女をつねって泣かせて、金融業者を同情させる作戦で、借金の利子を免除してもらったと言う逸話がある(『いつみても波瀾万丈』で光代がゲスト出演した時に明らかになった)。普通の人間なら、利子を免除してもらえないのだが、当時、寛平も売れ出し始めたこともあり、寛平自身が家族を養う事が厳しかった事から、光代が必死に訴えた努力の甲斐が実り、利子を免除することができた(現在は完済)。間寛平 フレッシュアイペディアより)

220件中 61 - 70件表示

「間寛平」のニューストピックワード