28件中 11 - 20件表示
  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た関塚隆関塚隆

    関塚隆(鹿島 監督代行=1998シーズン途中 川崎 2004-2008シーズン途中、2009)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩川クラシコ

    多摩川クラシコから見た関塚隆関塚隆

    そして2007年4月16日、川崎の武田信平社長、そしてFC東京の原博実、川崎の関塚隆両監督出席の下、共同記者会見が開かれ、この対戦カードを「多摩川クラシコ」と命名し、伝統の一戦として育てていくことを目指す、と発表した。当時、2つのクラブ間の対戦で双方のチームが共同でキャンペーンを行うのは、Jリーグはもとより日本スポーツ界においても類を見ない試みだった為、記者会見は各種媒体で大いに取り上げられた。多摩川クラシコ フレッシュアイペディアより)

  • 高畠勉

    高畠勉から見た関塚隆関塚隆

    2008年4月、監督の関塚隆が健康不安を理由に辞任。後任として川崎の監督に昇格した。急な監督就任であったため連携面の熟成には至らず、多分に外国人選手の個人技に頼ったサッカーではあったものの、長年3バックを用いてきた川崎に4バックを採用するなど、関塚前監督のサッカーを引き継ぎつつも独自の戦術で優勝争いを展開し、チームは最終的に2位まで躍進した。高畠勉 フレッシュアイペディアより)

  • レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオール

    レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオールから見た関塚隆関塚隆

    加入当初はJリーグに馴染めず、スーパーサブとして起用された。しかし、2009年シーズンは関塚隆監督の指導により次第にチームにフィットし、ACLでは自身が「人生で初めて」と語るヘデイングでのゴールを決めるなどして活躍し、レギュラーの座を勝ち取った。レナト・カルロス・マルティンス・ジュニオール フレッシュアイペディアより)

  • 里内猛

    里内猛から見た関塚隆関塚隆

    2008年から、鹿島時代の同僚だった関塚隆が率いる川崎フロンターレのフィジカルコーチに就任。里内猛 フレッシュアイペディアより)

  • 家本政明

    家本政明から見た関塚隆関塚隆

    試合終盤、川崎FW都倉賢がボールに向かって出した足が浦和GK都築龍太の腹部に当たったことに対して、都築が都倉を突き飛ばすという報復行為を行った。家本は都倉にレッドカード、都築にはイエローカードを提示、計11枚(浦和5枚、川崎6枚)のカードが乱発される荒れた試合となった。川崎サポーターのみならず、勝利した浦和のサポーターからもこの判定を含めた家本への不満が噴出し、川崎の関塚隆監督は、試合後「我々を勝たせてくれない『何か』が働いていた」と語った。家本政明 フレッシュアイペディアより)

  • 中村憲剛

    中村憲剛から見た関塚隆関塚隆

    入団当初は攻撃的ミッドフィールダーだったが、2004年に関塚隆監督の提案でボランチへコンバート。中村憲剛 フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た関塚隆関塚隆

    2008年に川崎へ復帰したが、開幕戦からシュート数が多かったが結果を出すことが出来ず、チームも勝てない状態が続く。さらには当時の監督・関塚隆と起用法などをめぐり対立、リーグ戦出場わずか2試合という異例の早さで、3月26日に川崎を退団。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • 宮本征勝

    宮本征勝から見た関塚隆関塚隆

    引退後は早稲田大学、本田技研工業の監督を歴任。1992年にはJリーグ所属の鹿島アントラーズの初代監督に就任。この縁で、アントラーズの初期メンバーには黒崎久志、長谷川祥之、本田泰人など本田技研工業出身者が多い。同年Jリーグヤマザキナビスコカップベスト4、翌1993年にはJリーグ・サントリーシリーズ(第1ステージ)を制し初代のステージチャンピオンに輝く。また同年度の天皇杯では準優勝の成績を挙げた。翌1994年に退任。2010年現在、鹿島アントラーズの歴代監督の中で、唯一の日本人監督である(監督代行を2度務めた関塚隆を除く)。宮本征勝 フレッシュアイペディアより)

  • すぽると!

    すぽると!から見た関塚隆関塚隆

    関塚隆(ロンドン五輪U-23サッカー日本代表監督→サッカー解説者)すぽると! フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「関塚隆」のニューストピックワード