1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • 横山知伸

    横山知伸から見た関塚隆関塚隆

    加入初年度はセンターバックとして見られていたが、09年は関塚隆監督のコンバートによりMFへとポジションを移した。ヴィトール・ジュニオールの長期離脱・中村憲剛のポジション変更もあり視野の広さや展開力を買われシーズン後半はレギュラーに定着。中村に変わるボールの配給役を務めた。横山知伸 フレッシュアイペディアより)

  • Honda FC

    Honda FCから見た関塚隆関塚隆

    このため当時のレギュラー選手の大半は、92年までにJリーグ参加チームへ移籍した。中でも鹿島アントラーズへは監督の宮本征勝(1990年に本田技研監督退任)・ヘッドコーチの関塚隆(1991年に現役引退→早大監督)を筆頭に、黒崎久志・長谷川祥之・本田泰人・内藤就行・入井和久・千葉修らが移籍し、日本リーグ最終シーズン直前に読売サッカークラブへ同ジュニアユース出身北澤豪や同クラブを母体としたヴェルディ川崎へは石川康などが移籍した。奇しくも鹿島・川崎の両チームは、Jリーグ元年である93年にチャンピオンシップを争った。Honda FC フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た関塚隆関塚隆

    鹿島でコーチを務めていた関塚隆が監督に就任。また、鹿島からDF相馬直樹、新潟から2年連続でJ2リーグ得点王のマルクスを補強。リーグ戦は開幕直後から首位を独走。9月26日の水戸戦に勝利してJ1昇格が確定、10月2日に横浜FCに勝利して5年ぶり2度目のJ2優勝が確定。シーズン成績も勝ち点105、得点104の「ダブル・トリプル」を達成した。また、ジュニーニョが37得点を挙げて、J2得点王を獲得した。天皇杯はベスト16に入った。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • Foot!

    Foot!から見た関塚隆関塚隆

    ゲスト 粕谷秀樹(#1、#3、#8、#21、#37)、原博実(#2、#9)、亘崇詞(#4、#13、#14、#34、#40)、中山淳(#5、#24、#27)、マリーニョ(#6、#11、#16、#20、#24、#30、#35、#38)、西部謙司(#7、#28)、幸谷秀巳(#10、#18、#29、#36)、山口素弘(#12、#17)、鈴木良平(#15、#19)、名波浩(#17)、金子達仁(#18、#32、#40)、木村浩嗣(#22、#39)、関塚隆(#25)、福西崇史(#26、#33)、玉乃淳(#31)Foot! フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見た関塚隆関塚隆

    川崎フロンターレが試合終盤で試合を決定づけられる失点を喫して敗れた際、決勝点を決められた選手を捩りながら、悔しがる様を描く。時には川崎に敗れた際、相手チームのメンバーが、中村憲剛に向かって悔しがることもある。題材は矢野貴章、今野泰幸から。南アフリカワールドカップ時には、先に出番が与えられた矢野・今野を見て、中村が(矢野の時は今野も)悔しがるというネタがあった。また、元フロンターレ監督で2010年アジア大会日本代表の監督であった関塚隆がこの大会での優勝を受け、「あんちきしょー!」・「こんのヤロー!」と叫ぶネタが掲載。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県立八千代高等学校

    千葉県立八千代高等学校から見た関塚隆関塚隆

    関塚隆 - サッカーU-22日本代表監督千葉県立八千代高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た関塚隆関塚隆

    一方、川崎フロンターレは、2001年にはJ2に降格していたが、2004年、元鹿島アントラーズの関塚隆を監督として迎え、J2・2回目の優勝、J1復帰を決めた。フロンターレは、地域のコミュニティを重視し、試合だけに限らず様々なイベントに参加することをチーム運営の方針としている。2004年9月には川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー制定による認定を受け、さらに2006年4月にはフットサル施設「フロンタウン・さぎぬま」の指定管理者になっている。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見た関塚隆関塚隆

    スーパーカップで2年連続優勝を果たす。シーズン中断中にジョアン・カルロスとジョルジーニョとの意見が合わず、ジョアン・カルロスがシーズン途中に監督辞任、リーグ戦中断明けの1stステージの残りを関塚隆が監督代行を務め、2ndステージ開始前にゼ・マリオが監督に就任。9月23日に長谷川が清水戦で、クラブ初の在籍通算100得点目を達成。チャンピオンシップは磐田を下して、2度目のリーグ年間優勝を果たした。この年のリーグ戦で柳沢敦が、22得点を記録。2ndステージ第5節の福岡戦から翌1999年第3節広島戦まで16連勝した。また、同年のフランスW杯日本代表に鹿島から秋田豊、名良橋晃、相馬直樹の3人が選出された。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「関塚隆」のニューストピックワード