3017件中 21 - 30件表示
  • 2016年のサッカー

    2016年のサッカーから見た関東地方関東地方

    17日 - 【JFA・JUWFA】第24回全日本大学女子サッカー選手権大会決勝が味の素フィールド西が丘で行われ、早稲田大学(関東第1)が神奈川大学(関東第5)に2-1で勝利し、5年ぶり4回目の優勝。2016年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の気象・地象・天象

    2006年の気象・地象・天象から見た関東地方関東地方

    1月21日 - 南岸低気圧の通過により関東地方で大雪。東京都でも9cmの積雪を観測した他、関東地方南部一帯で積雪を観測した。首都圏を中心に交通機関は混乱し、雪による転倒などで多数の負傷者が出た。2006年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 中部地方

    中部地方から見た関東地方関東地方

    日本列島の中央に位置し、東を東北地方と関東地方、西を近畿地方、南を太平洋、北を日本海に囲まれた地方である。大きく分けて、日本海に面する北陸地方、内陸部の中央高地(東山地方)、太平洋に面する東海地方の大半に分けられ、それぞれ大きく分けられた地方を組み合わせて中部地方と総称される。中部地方 フレッシュアイペディアより)

  • 進学会

    進学会から見た関東地方関東地方

    東大進学会(関東地区)進学会 フレッシュアイペディアより)

  • 芋煮会

    芋煮会から見た関東地方関東地方

    芋煮会は、親睦を深める行事として、家族・友人・地域・学校・職場などのグループで行われている。山形県、宮城県では特に盛んに行われ、秋の風物詩となっている。また、新潟県や関東地方では、地域イベントを中心に芋煮会が行われている。芋煮会を開催する人々にとっては野外での宴会(またはお楽しみ会)のひとつであり、春の花見・秋の芋煮会として双璧をなす。芋煮会 フレッシュアイペディアより)

  • SOLiVE Asia

    SOLiVE Asiaから見た関東地方関東地方

    2009年10月3日(土)は中秋の名月を、関東圏や韓国・台湾からの生中継で紹介し、24:42までの拡大放送を行い、土曜夜と月曜深夜での週2回放送と一旦『SOLiVE Asia』としてはこの日が最後となり、3日後「ソラマドAsia」に改題。SOLiVE Asia フレッシュアイペディアより)

  • 江戸川乱歩の美女シリーズ

    江戸川乱歩の美女シリーズから見た関東地方関東地方

    視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯江戸川乱歩の美女シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 恋愛偏差値

    恋愛偏差値から見た関東地方関東地方

    平均視聴率 12.8%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)恋愛偏差値 フレッシュアイペディアより)

  • 蝦夷

    蝦夷から見た関東地方関東地方

    蝦夷(えみし、えびす、えぞ)は、大和朝廷から続く歴代の中央政権から見て、日本列島の東方(現在の関東地方と東北地方)や、北方(現在の北海道地方)などに住む人々を異端視・異族視した呼称である。蝦夷 フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年豪雪

    平成18年豪雪から見た関東地方関東地方

    この豪雪の特徴としては強い冬型の気圧配置が続くことで雪雲が季節風により山地まで運ばれるため山間部や内陸部に大雪をもたらす「山雪型」の特徴が顕著に現れており、北海道地方から北陸地方・山陰地方の山間部では多くの地域で冬(12月 - 2月)の降雪量や最深積雪が平年を上回った。特に新潟県の山間部にある津南町では4mを超える最深積雪を記録したのをはじめ北海道、東北地方、北陸地方、群馬県、岐阜県、長野県、中国地方などの山間部や内陸部を中心として記録的な最深積雪となる所が多く12月の時点で歴代最深積雪の記録を塗り替えた地点もあった(豪雪の記録は年間で一番積雪が増える1月後半から2月にかけて記録されることが多く、12月中に記録を更新することは珍しい)。一方、金沢市、福井市、鳥取市など日本海側沿岸部に位置する地域では最深積雪こそ平年並あるいは平年を上回るところが多かったものの冬期間の降雪量は平年並あるいは平年を下回るところが多かった。12月は日本海側山間部から内陸部、沿岸部の多くの地点で降雪量が平年を大きく上回ったものの1月中旬以降は冬型の気圧配置が長続きせず高温となる時期も多くなったこと(2005〜2006年冬のシーズンは12月よりも2月の方が高温であった)や冬型の気圧配置となっても山間部中心の降雪となったため日本海側沿岸部では1月、2月の降雪量は平年を下回り、この地域では2月中旬以降は融雪も進み3月を迎える前に積雪がなくなる地点も多かった。山間部の地域でも1月中旬以降は強い降雪のピークは超えたが、代わりに気温の変動などによる雪崩被害も増加した。また新潟市や東北地方太平洋側の仙台市や福島市でも冬の降雪量や最深積雪は平年並、あるいは平年を下回った(但し、元々これらの都市は日本海からの発達した雪雲の影響を比較的受けにくい地域であり北国と呼ばれる割に積雪はとても少ない)。このほか12月は平年の「寒気が南下してくる限界」よりも南に寒気が流れ込んだため九州地方、四国地方、中国地方瀬戸内側、近畿地方、東海地方など平年は雪が少ない地域でも大雪となった。主要都市でも鹿児島市、高知市、広島市、名古屋市など広い範囲で記録的な大雪となった。また、1月下旬には本州南岸を通過した低気圧の影響で関東地方でも大雪となった。平成18年豪雪 フレッシュアイペディアより)

3017件中 21 - 30件表示

「関東のできごと」のニューストピックワード