728件中 101 - 110件表示
  • 関東地方

    関東地方から見た成田山新勝寺

    江戸時代の関東地方は、まさに徳川氏のお膝元であった。徳川御三家の一つ・水戸徳川家が治める水戸藩、徳川氏の側近が治める川越藩など、関東各地には徳川氏の血縁者や譜代大名・旗本が治める藩(地方王国)が樹立され、日光神領などの天領を含め、徳川家の支配地となった。また、日光(日光東照宮)や鹿嶋(鹿島神宮)や成田(成田山新勝寺)といった門前町も盛えた。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た小田原市

    川口市(人)・所沢市(人)・越谷市(人)・水戸市(人)・平塚市(人)・草加市(人)・春日部市(人)・茅ヶ崎市(人)・厚木市(人)・大和市(人)・太田市(人)・つくば市(人)・伊勢崎市(人)・熊谷市(人)・小田原市(人)・甲府市(人)関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た秋葉原

    東京では、新宿・池袋・渋谷・銀座・日本橋・秋葉原・上野を中心に百貨店や専門店、高級ブランド店、大規模商業施設、飲食店などがあり、集積度は高い。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た銀座

    東京では、新宿・池袋・渋谷・銀座・日本橋・秋葉原・上野を中心に百貨店や専門店、高級ブランド店、大規模商業施設、飲食店などがあり、集積度は高い。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た日本プロ野球

    関東地方に本拠地を置くプロ野球チーム関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た東京タワー

    広域放送は5局存在するが、いずれも東京都区部に本社を置くキー局であり、関東平野のほぼ全域で東京タワーからの電波が受信可能。また、山間部や東京都島嶼部(小笠原諸島は小笠原村ケーブルテレビ)でも、中継施設を通じて静岡県熱海市や伊東市などでも小田原テレビ中継局や新島中継局を通じて受信可能となっている。県域放送は、茨城県を除く全ての都県に1局ずつ存在する。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た九州

    冬の平野部、特に西回り寒波の場合、南関東や沿岸地方は周囲の山脈が寒気の流入を阻むことから、大陸からの寒気の影響を受けにくく、九州南部や種子島よりも最低気温、最高気温が高くなることも多い。また、寒気に覆われても、晴れるために南関東では日中の気温は比較的高く、関東平野では南岸低気圧の積雪時の方が最も寒さを感じやすい。一方、南関東を含めた太平洋・東京湾沿岸部を除いた内陸部は冬の冷え込みが厳しく、日格差が非常に大きくなる。特に、真岡、那須烏山、大子、鳩山など栃木県や茨城県を中心とした内陸部は朝の気温が-10度を下回ることもあり、日中との気温差が20度近くになることも珍しくない。東京大手町(気象台)、横浜(気象台)、千葉(旧測候所)は例外的にヒートアイランド現象により、冬の最低気温が極めて高く、島嶼部や岬などを除くと、全国で最も高い日も多い。しかしながら、周囲の冷え込みは厳しく、上記観測地点から数キロ程度内陸の地点に行くだけで、朝の気温差が5度以上になることもある。千葉と佐倉や成田、東京大手町と練馬や府中、横浜と海老名はその代名詞である。また、関東内陸部でも宇都宮(ヒートアイランド)、所沢(湖に隣接)は特に冬場の最低気温が周囲よりも高い場所となっている。北関東でも群馬県の前橋、伊勢崎から埼玉県の熊谷にかけての高崎線沿線いの上武地域は最低気温が高く、南関東内陸部の地点(府中、八王子、佐倉など)よりも高いことが多い。これは、からっ風によるフェーン現象とヒートアイランドの影響である。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た南関東ガス田

    関東地方の地下には日本最大のガス田である南関東ガス田があり、千葉県では天然ガスの採掘が行われている。大半は東京向けに供給される。また、副産物であるかん水からはヨードが精製されており、医薬品向けに日本から輸出される数少ない鉱物資源となっている。南関東ガス田の埋蔵量が多いのに採掘が比較的少ないのは、天然ガス採掘が地盤沈下をもたらすためである。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た地震

    東京湾は、房総半島と三浦半島に囲まれ、千葉県の西側、東京都の一部と神奈川県の東側に面して、浦賀水道から太平洋に接する。沿岸部は工業地帯になっている。神奈川県の南側は相模湾・相模灘に、茨城県の沿岸は鹿島灘に面する。また、相模湾には、二回の関東地震の震源地となった相模トラフが通っているために、各地で地震対策にも力が入れられている。関東地方 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方

    関東地方から見た小田原城

    16世紀後期には小田原北条氏の勢力圏は関東地方の西半分をはじめ広範な地域に及び、それに対して東部地域では里見氏、佐竹氏、宇都宮氏がこれに抗し領土を守った。最終的に朝廷の意向を受けた豊臣秀吉が鎮圧に乗り出し、小田原征伐によって小田原北条氏は滅亡、同氏に従っていた千葉氏・小山氏などの旧家も運命をともにした。小田原北条氏の旧領には徳川氏が入り、後にそれがそのまま江戸幕府の勢力基盤として継承されたこと、小田原征伐で中央政権に服属して安堵を受けた里見氏、佐竹氏、宇都宮氏などもその後の中央政権の動向に巻き込まれてその後20年余りのうちに関東の領有権を没収されていったことから、この変動が生じた天正18年(1590年)を関東地方における中世と近世の画期として捉えられている。ただし、従来の支配体系が全否定された訳ではなく、小田原北条氏の拠点になった城の動向を見ても徳川氏の本拠となった江戸城や小田原城、川越城などのように近世以後も継承されたもの、箕輪城(→高崎城)、唐沢山城(→佐野城)、本佐倉城(→佐倉城)のように領国支配の安定に伴う新城築城まで用いられ続けたもの、八王子城、鉢形城、栗橋城のように廃城になったものなど様々であり、単純に天正18年を中世と近世の「断絶」とみなす考え方は、継承したものと断絶したものが混在していた地域の実情を見誤る危険性をはらんでいる。関東地方 フレッシュアイペディアより)

728件中 101 - 110件表示

「関東のできごと」のニューストピックワード