795件中 91 - 100件表示
  • 三宮駅バスのりば

    三宮駅バスのりばから見た関西国際空港関西国際空港

    中央幹線(三ノ宮駅南側を東西に伸びる幹線道路)西行の三井住友信託銀行神戸支店前にあるバス停。ちょうどミント神戸南側の対面に位置する。ここからは阪神バスの高速バスの発着および、伊丹・関西空港からのリムジンバスの降車場になっている(ただし千葉行きはミント神戸1Fの三宮バスターミナル(7番(M7)乗り場発・9番(M9)降り場着)なので注意)。三宮駅バスのりば フレッシュアイペディアより)

  • ネパール航空

    ネパール航空から見た関西国際空港関西国際空港

    1994年の関西国際空港の開港時より乗り入れを開始。関西国際空港(上海浦東国際空港経由)を週2便で運航していたが、2007年12月18日、所有しているボーイング757-200が2機とも運航できる状態になく、2008年1月1日まで運休すると発表。その後、再開されることなく関西国際空港線は廃止された。しかし、エアバスA320とA330を発注し、受領後に日本への路線を再開する予定。ネパール航空 フレッシュアイペディアより)

  • フィラー

    フィラーから見た関西国際空港関西国際空港

    テレビ大阪では関西国際空港のお天気カメラの映像を流している。フィラー フレッシュアイペディアより)

  • 松本空港

    松本空港から見た関西国際空港関西国際空港

    オリンピック閉幕翌日の1998年2月23日には関西国際空港へ臨時便が5便運航され、外国の選手・報道関係者等の帰国に際してフル稼働を果たしたが、皮肉にも改修の一大目的であったこの大イベント終了後は利用者が漸減の一途をたどっていく事となる。松本空港 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府咲洲庁舎

    大阪府咲洲庁舎から見た関西国際空港関西国際空港

    大阪の中心部から離れているため梅田周辺の高層ビル街を含め大阪市内を広域的に眺められる他、大阪府内と神戸市街と阪神間の町並み(=大阪平野全域)および大阪湾一帯、京都市街を含む京都盆地、六甲山地、生駒山地、北摂山地(丹波高地)、和泉山脈、比叡山系を含む比良山地、淡路島、明石海峡大橋、関西国際空港、神戸空港、大阪国際空港、空気が澄んでいれば紀伊半島の紀伊山地や四国の四国山地と讃岐山脈と徳島市街、さらに小豆島、中国山地、吉備高原、鈴鹿山脈、布引山地、伊吹山地なども見ることができる。また、非営利団体「新日本三大夜景・夜景100選事務局」によって「夜景100選」に選定されている。大阪府咲洲庁舎 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島バス

    徳島バスから見た関西国際空港関西国際空港

    一般路線バスでは、他に徳島空港発着の定期航空便ダイヤにあわせた徳島空港連絡バス(空港リムジンバス)を運行している。車両は、元々路線車としての装備を備えた日野・セレガ(下「ギャラリー」掲載写真左より3枚目)のほかに、元々は高速バス(関西空港行きリムジンバス)として使用していた三菱ふそう・エアロバス(高速車であったためトイレ付)や、貸切車だったセレガを転用したものを充てている。一部の車両には、徳島空港に乗り入れている航空会社2社(JAL・ANA)のラッピングが施されている(詳細は後述)。徳島バス フレッシュアイペディアより)

  • エアージャパン

    エアージャパンから見た関西国際空港関西国際空港

    1月1日 - 運航再開(関西 - ソウル/金浦線)エアージャパン フレッシュアイペディアより)

  • 関西三空港

    関西三空港から見た関西国際空港関西国際空港

    関西国際空港(別名:関西空港、関空) - RJBB、KIX関西三空港 フレッシュアイペディアより)

  • 橋下 徹

    橋下徹から見た関西空港関西国際空港

    2009年(平成21年)11月2日、沖縄県選出の国民新党・下地幹郎政調会長は国会で、普天間飛行場移設問題について、普天間を嘉手納基地に統合した上で、嘉手納の一部訓練を本土の空港に移設すべきとの考えを示し、「関西空港のB滑走路が全く稼働率ゼロだから」「あそこを活用して外来機の訓練をやると嘉手納の騒音は半分になる」と提起した。下地はその後の取材に対して、「普天間基地の移設や本土で受け入れ可能な候補地については常に考えており、関空はいつも選択肢だった」と話し、関空移設案は数年来の腹案であったと明かした上で、「(関空は)地理的にも日本の中心にあるうえ、北朝鮮にも近い。米側にとって悪くない立地だ」との見解を語った。橋下徹 フレッシュアイペディアより)

  • 成田国際空港

    成田国際空港から見た関西国際空港関西国際空港

    A滑走路(第1滑走路)は関西国際空港の第2滑走路(06L/24R)と並び日本国内では最長の4,000m滑走路を有している。ただし、A滑走路南端から約800mの位置に反対派の「団結小屋」が建つ未買収地が234m²残っていたためアプローチ帯を建設できず、本来そこにあるべき進入灯はA滑走路南側内に750mにわたって設置されて、南側から着陸する場合は実質3,250mの滑走路としてしか利用できなかった。その後、当該範囲の土地取得により、2009年度からA滑走路南側内にある進入灯をアプローチ帯へ移設する工事を行い、2012年(平成24年)12月13日に4,000mの滑走路として完全運用を開始した。成田国際空港 フレッシュアイペディアより)

795件中 91 - 100件表示

「関西国際空港」のニューストピックワード