47件中 11 - 20件表示
  • 小林幹司

    小林幹司から見た関西経済同友会関西経済同友会

    朝日放送取締役(弘世現の死去後)、三和銀行監査役(後のUFJホールディングス監査役)、アステラス製薬監査役などの社外取締役・監査役を務めるほか、関西経済同友会代表幹事(1998年度)、2001年7月から2005年3月まで大阪商工会議所副会頭、ニッセイ財団理事長もそれぞれ務めた。小林幹司 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥井道夫

    鳥井道夫から見た関西経済同友会関西経済同友会

    1984年、関西経済同友会代表幹事(1986年まで)鳥井道夫 フレッシュアイペディアより)

  • 中之島センタービル

    中之島センタービルから見た関西経済同友会関西経済同友会

    関西経済連合会や関西経済同友会、関西電力系企業などが入居している。中之島センタービル フレッシュアイペディアより)

  • オーサカキング

    オーサカキングから見た関西経済同友会関西経済同友会

    後援 大阪府・関西経済連合会・大阪商工会議所・関西経済同友会・大阪21世紀協会・毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社オーサカキング フレッシュアイペディアより)

  • おおさかATCグリーンエコプラザ

    おおさかATCグリーンエコプラザから見た関西経済同友会関西経済同友会

    環境問題は年々複雑化しており、早急に解決すべき課題となっている。 そのような状況において構想され、大阪市や日本経済新聞社等の官民が一体となって本センターを設置した。環境省、経済産業省、大阪府、大阪商工会議所、関西経済連合会、関西経済同友会が後援団体として名を連ねている。また、国土交通省もセミナーの講師や資料の提供を行っている。施設面積は4,500m2の常設の環境展示場であり、セミナールームや、インキュベーションオフィス等の施設が充実しており、特色としては環境ビジネスの育成・振興を通してよりよい社会を実現するというコンセプトで活動している。おおさかATCグリーンエコプラザ フレッシュアイペディアより)

  • 宇野収

    宇野収から見た関西経済同友会関西経済同友会

    社長就任時には2期4年を務めて茶谷周次郎に交代する方針がまとまっており、黒字転換や復配を達成した後の1983年に会長に退いた。茶谷が関西経済同友会の代表幹事を務めて多忙だったため、社長交代が予定より1年遅くなったという。まもなく河崎邦夫から打診を受けて関経連副会長の座を継ぎ、任期後半の2年間は関西文化学術研究都市建設のため建設特別法の制定などに尽力した。1987年に日向方齊から指名されて後任の関経連会長となり、「関西の活性化」というスローガンを掲げた。そのために国家プロジェクトを関西地方に誘致することを目指し、7年間の任期中に822件、事業費にして計41兆円のプロジェクトが生まれている。また、関西への遷都なども繰り返し提言し、道州制の導入なども訴えている。宇野収 フレッシュアイペディアより)

  • 大学コンソーシアム大阪

    大学コンソーシアム大阪から見た関西経済同友会関西経済同友会

    また単位互換制度に参加している36大学間では他の大学の単位互換科目を履修した場合でも所属する大学の単位として認められている。そのほか教職科目等の単位互換制度も設けられている。また「大阪学」という大阪の歴史や文化について学ぶ特別講座が多く開講されていて、これらは一般市民にも開放されていて、2006年度は関西経済同友会による提供講座「大阪産業論?ビジネス首都再構築を目指して」などが開講し寺田千代乃(アートコーポレーション社長)、森下俊三(西日本電信電話社長)、秋山喜久(関西電力相談役)らによる講義が行われた。大学コンソーシアム大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 新井正明

    新井正明から見た関西経済同友会関西経済同友会

    その他にも、思想家・安岡正篤の思想に共鳴して私淑し、1977年(昭和52年)?2003年(平成15年)まで関西師友協会会長を、1999年(平成11年)?2000年(平成12年)までは松下政経塾理事長を務め、関西経済同友会代表幹事も任された。新井正明 フレッシュアイペディアより)

  • 川勝傳

    川勝傳から見た関西経済同友会関西経済同友会

    また、経済人として関西経済同友会の設立にも参画した。1968年(昭和43年)10月から死去する1988年(昭和63年)4月まで南海ホークスのオーナー。野村克也を大事にしていた事でも有名である(野村の南海ホークス監督解任後も、個人的な親交が続いた)。晩年、難波再開発に絡み球団売却の話が出た時でも「儂(わし)の目の黒い内は絶対に売らん!!」と頑なまでに球団を保有し続けたが、南海ホークスは年間10億の赤字だった。このため、川勝の死去後球団はダイエーに身売りされた。川勝傳 フレッシュアイペディアより)

  • 四国の道州制論議

    四国の道州制論議から見た関西経済同友会関西経済同友会

    近畿経済6団体(関西経済連合会、関西経済同友会、関経協、大阪・京都・神戸の3商工会議所)が提唱する近畿州(関西州)には、2府6県(福井県・滋賀県・京都府・三重県・奈良県・和歌山県・大阪府・兵庫県)の外に、四国から徳島県が加わる。四国の道州制論議 フレッシュアイペディアより)

47件中 11 - 20件表示

「関西経済」のニューストピックワード