58件中 11 - 20件表示
  • 原吉平

    原吉平から見た関西経済同友会関西経済同友会

    1953年、関西経済同友会代表幹事に就任し、その後関西経済連合会常任理事、経済団体連合会理事などを歴任して、1969年11月、日本貿易振興会(ジェトロ)理事長に就任し1974年7月まで務めている。原吉平 フレッシュアイペディアより)

  • 小林幹司

    小林幹司から見た関西経済同友会関西経済同友会

    朝日放送取締役(弘世現の死去後)、三和銀行監査役(後のUFJホールディングス監査役)、アステラス製薬監査役などの社外取締役・監査役を務めるほか、関西経済同友会代表幹事(1998年度)、2001年7月から2005年3月まで大阪商工会議所副会頭、ニッセイ財団理事長もそれぞれ務めた。小林幹司 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野収

    宇野収から見た関西経済同友会関西経済同友会

    社長就任時には2期4年を務めて茶谷周次郎に交代する方針がまとまっており、黒字転換や復配を達成した後の1983年に会長に退いた。茶谷が関西経済同友会の代表幹事を務めて多忙だったため、社長交代が予定より1年遅くなったという。まもなく河崎邦夫から打診を受けて関経連副会長の座を継ぎ、任期後半の2年間は関西文化学術研究都市建設のため建設特別法の制定などに尽力した。1987年に日向方齊から指名されて後任の関経連会長となり、「関西の活性化」というスローガンを掲げた。そのために国家プロジェクトを関西地方に誘致することを目指し、7年間の任期中に822件、事業費にして計41兆円のプロジェクトが生まれている。また、関西への遷都なども繰り返し提言し、道州制の導入なども訴えている。宇野収 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府立桃山高等学校

    京都府立桃山高等学校から見た関西経済同友会関西経済同友会

    山中諄 - 南海電気鉄道代表取締役会長、関西経済同友会代表幹事京都府立桃山高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 廣慶太郎

    廣慶太郎から見た関西経済同友会関西経済同友会

    久保田鉄工(現・クボタ)社長、同社会長、同社取締役相談役、関西経済同友会代表幹事、関西経済連合会・経団連常任理事、大阪工業会会長などを歴任。廣慶太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 関西財界セミナー賞

    関西財界セミナー賞から見た関西経済同友会関西経済同友会

    関西財界セミナー賞(かんさいざいかいセミナーしょう)は、関西(近畿地方)の企業・団体・個人を対象として、関西経済同友会と関西経済連合会が共同で制定・授与している賞。関西財界セミナー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 小嶋淳司

    小嶋淳司から見た関西経済同友会関西経済同友会

    2006年より2年間、関西経済同友会の代表幹事をつとめた。小嶋淳司 フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーテック

    ソーラーテックから見た関西経済同友会関西経済同友会

    大阪府建築士事務所協会やプレハブ建築協会、関西経済同友会、日本品質管理学会の会員となっている。ソーラーテック フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木洋三

    佐々木洋三から見た関西経済同友会関西経済同友会

    1981年サントリー入社。マーケティング部門,業績管理部,経営企画部,関西経済同友会代表幹事スタッフなどを経て,大阪文化の振興や関西経済の活性化に資する公益財団法人関西・大阪21世紀協会に出向。専務理事の要職に就く。サントリー社内に「ルアー&フライサントリーÔPA!」を立ち上げ,会長を務めるかたわら,株式会社シマノのフィールドテスターとして世界を釣り歩き,同社のインストラクターとして活躍している。トラウトやブラックバス、ジギングでのシーバス、ハマチ、ブリ、ヒラマサと、淡水、海水を問わず釣り世界を広げる。日本の漁具や伝統釣法に関する造詣も深い。佐々木洋三 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤萬助 (2代目)

    伊藤萬助 (2代目)から見た関西経済同友会関西経済同友会

    養子・寛(伴延太郎八男、伊藤萬社長・関西経済同友会代表幹事)伊藤萬助 (2代目) フレッシュアイペディアより)

58件中 11 - 20件表示