47件中 31 - 40件表示
  • 加藤誠 (実業家)

    加藤誠 (実業家)から見た関西経済同友会関西経済同友会

    1940年に東京で生まれる。1964年に明治大学商学部卒業後、伊藤忠商事へ入社する。主に繊維・アパレル部門で活動し、ニューヨーク駐在などを経て、1995年にアパレル部門長、取締役となる。2001年に当時社長であった丹羽宇一郎のもとで副社長・繊維カンパニープレジデントに抜擢され、さらに社長補佐(営業分掌役員)に就任する。その後、2006年に副会長(関西担当役員)となり、07年に相談役へ退いた。また、大阪商工会議所副会頭、関西経済同友会常任幹事を歴任した。後に株式会社大阪繊維リソースセンター代表取締役社長を務めた。2012年の秋に藍綬褒章を受章した。加藤誠 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • 即位の礼

    即位の礼から見た関西経済同友会関西経済同友会

    専門家による伝統を守るべきとの主張もあり、京都側は京都商工会議所が懇談会を設置する等、京都での開催が多方面から主張された。また、平安京以来1000年余に渡り“天皇”の存在が当たり前だっただけに、京都近辺の市民の落胆ぶりは大きかったといわれる。そういった事情への配慮もあり、皇居での「即位の礼」関連行事をほぼ終え、伊勢の神宮内宮や奈良橿原市の神武天皇陵に参拝し、先帝四代の陵の内京都市にある孝明天皇・明治天皇陵に参拝に伴い、京都御所において各県の首長や関西経済同友会など近畿の各種団体の代表、経済界の首脳陣らを招いて大規模な茶会が催された。即位の礼 フレッシュアイペディアより)

  • 関西三空港の経緯と現状

    関西三空港の経緯と現状から見た関西経済同友会関西経済同友会

    関西経済同友会代表幹事を勤める山中諄南海電気鉄道会長は、2009年10月22日の記者会見で「国際ハブ(拠点)空港として関空の機能強化を目指すなら、神戸を廃止し、伊丹の(主要)機能を関空に移転するのがベターではないか」と述べ、神戸空港を廃止すべきだとの見解を示した。関西三空港の経緯と現状 フレッシュアイペディアより)

  • 梅田北ヤードスタジアム構想

    梅田北ヤードスタジアム構想から見た関西経済同友会関西経済同友会

    2010年12月2日、ワールドカップ開催地を決める投票が行われた結果、日本は落選した。これを受け橋下は建設反対の姿勢を改めて明確にしたが、平松はこれに反発しサッカー協会のさらなる提案を待つ姿勢を示していた。しかし協会からの提案がなく、その一方で関西経済同友会は同月末に球技場構想以前からの提言であった緑化構想を改めて提言、北ヤード開発の総合アドバイザーを務める宮原秀夫(前大阪大学学長)も緑地化した上で研究施設などを整備する構想を提言した。結局2011年1月14日、平松はスタジアム構想の撤回、緑化の提言に沿うことを表明した梅田北ヤードスタジアム構想 フレッシュアイペディアより)

  • 一本松珠き

    一本松珠きから見た関西経済同友会関西経済同友会

    1924年、京都帝国大学電気工学科卒。大阪市電気局(現大阪市交通局)を経て関西配電(現関西電力)入社。1942年同社企画課長を経て取締役神戸支店長。1945年「大都市電力系統計画論」で工学博士。1947年常務、1950年アメリカ視察で渡米。1956年、石川一郎原子力委員団長らと副団長として第1回の訪英調査団派遣に参加。世界最初の実用規模の原子力発電所・コールダホール型原子力発電所を視察、またアメリカの状況も視察した。1957年日本原子力発電株式会社発足で副社長に就任、1962年社長に就任。1966年、日本最初の原子力発電である茨城県東海原子力発電所の東海1号を英国から導入するなど、1977年会長、1981年最高顧問として長きに渡り日本の原子力発電の発展に大きな功績を残した。1954年関西経済同友会代表幹事。この他、電気学会会長、原子力学会会長、原子力委員会参与などを歴任した。一本松珠き フレッシュアイペディアより)

  • 東京都立上野高等学校

    東京都立上野高等学校から見た関西経済同友会関西経済同友会

    浅田和男(元西日本電信電話社長・元関西経済同友会代表幹事)東京都立上野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 日向方齊

    日向方齊から見た関西経済同友会関西経済同友会

    大和銀行事件は、大蔵省がかねがね信託業務を兼営する普通銀行に対して、分離するように行政指導していたが、関西の大和銀行(当時寺尾威夫頭取)だけが、大蔵省の方針に楯突いて信託兼営していた。業を煮やした大蔵省の高橋俊英銀行局長(当時)は、昭和40年2月28日の衆院大蔵委員会で「大和銀行が信託部門を分離した場合、都市銀行として銀行業務だけで存立できるかどうかわからないが、一行だけ兼営させるわけにいかない」「大和銀行の9月期決算は悪いので、大蔵省は経営全体について厳重に指導している」との答弁を行った。この発言は銀行の信用を著しく傷つけ、経営基盤をゆるがすものとして、当然大和銀行は大蔵省にかみついた。この大和銀行と大蔵省との争いを自ら買って出たのが当時関西経済同友会代表幹事だった日向方斉である。日向は関西同友会、関経連に呼びかけて、大和銀行側に立って大蔵省の横暴ぶりを正した。日向の考えは、普通銀行に信託兼営をやめさせようとするならば、金融制度調査会の答申を経て、法律化するなどの手続きをとつべきである。それを一銀行局長のあいまいな行政指導で、私企業の経営の根幹をゆるがすような業務分断を強行するのは、行政の行き過ぎであるというものだった。日向が掲げた正論の前に大蔵省は、それ以上の行政介入ができにくくなり、大和銀行は信託を分離しないですんだ。日向が、当時孤立無援の状況にあった大和銀行の肩を持ったのは、日頃から日向が唱えている、自由主義経済思想に対する危機意識が働いたこともあるが、住金にとっても、設備拡張計画に何かと口を差し挟む通産省の行政指導に対する反発感、といったものが根底にあった。そしてその反発感は、同年秋の「住金事件」で一挙に爆発する。日向方齊 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の経済

    2011年の経済から見た関西経済同友会関西経済同友会

    鳥井道夫(元サントリー(現:サントリーホールディングス)副社長・副会長、サントリーホールディングス名誉会長、関西経済同友会元代表幹事 *1923年)2011年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 芦原義重

    芦原義重から見た関西経済同友会関西経済同友会

    関電経営の傍ら、財政制度審議委員・科学技術審議議員などの公職を務め、関西経済同友会の代表理事や関西経済連合会会長・日本電気協会会長・公共広告機構(現:ACジャパン)会長、更には阪急電鉄・日本生命・大阪ガスなどの社外取締役や毎日新聞社顧問を務めるなど殊に関西の財界に影響力を持ち続けた。こうしたことから関電の中興の祖と呼ばれている。芦原義重 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立八尾高等学校

    大阪府立八尾高等学校から見た関西経済同友会関西経済同友会

    牧野明次(高12期) - 岩谷産業社長、関西経営者協会副会長、関西経済同友会常任幹事、八尾高校同窓会長大阪府立八尾高等学校 フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「関西経済」のニューストピックワード