前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
198件中 1 - 10件表示
  • 阪急電鉄

    阪急電鉄から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪急電鉄株式会社(はんきゅうでんてつ、英称:Hankyu Corporation)は、大阪梅田と神戸・宝塚・京都を結ぶ鉄道を経営する大手私鉄。阪急阪神ホールディングスの子会社で、阪急阪神東宝グループに属する。略称は阪急。阪急電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神東宝グループ

    阪急阪神東宝グループから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神東宝グループ(はんきゅうはんしんとうほうグループ)は、阪急阪神ホールディングス株式会社(阪急阪神HD)、エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社(H2Oリテイ)、東宝株式会社の3社を中核とする企業グループである。阪急阪神東宝グループ フレッシュアイペディアより)

  • 関西テレビ放送

    関西テレビ放送から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    フジ・メディア・ホールディングスと阪急阪神ホールディングスの持分法適用会社であり、阪急阪神東宝グループ及びフジ・メディア・ホールディングスの放送グループに属しているが、フジサンケイグループには属していない。関西テレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • 小林公一

    小林公一から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    小林 公一(こばやし こういち、1959年12月13日 - )は、日本の演劇プロデューサー。宝塚歌劇団前理事長、演出家、宝塚音楽学校校長。阪急阪神ホールディングス及び阪急電鉄監査役。大阪府池田市生まれ。小林公一 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急交通社

    阪急交通社から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    株式会社阪急交通社(はんきゅうこうつうしゃ)は、阪急阪神ホールディングスの中核事業会社で阪急阪神東宝グループに属する日本の旅行会社、大手旅行会社の一つ。2016年度の旅行取扱高は業界第6位。阪急交通社 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神バス

    阪神バスから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    一般路線の運行エリアは、西宮市南部を中心に、東は野田阪神前及び天神橋筋六丁目、西は神戸市中央区の神戸税関前、北は宝塚まで広がる。大阪ローカル線・北大阪線・尼崎芦屋線・西宮神戸線など、旧路面電車線である国道線・北大阪線などをそのまま転換した路線、尼崎宝塚線のように鉄道未成線を代替した路線も存在する。また西宮市・芦屋市・宝塚市には市営交通事業がないため、阪急バスとともに、その代わりを担う。西宮市内では一部重複があるものの、南部が阪神バス、北部が阪急バスと役割が分担される。阪急阪神ホールディングス統合後に、相互に乗り入れる新路線も出来たが、以後は撤退・縮小・減便となった。阪神バス フレッシュアイペディアより)

  • オリックス (企業)

    オリックス (企業)から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    2015年11月10日、新関西国際空港はオリックス、ヴァンシ・エアポートコンソーシアムを優先交渉権者に選定した。設立予定の特別目的会社にはオリックスとヴァンシ・エアポートの他に阪急阪神ホールディングスやパナソニック、大和ハウス工業等も出資する予定である。オリックス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 阪急・阪神経営統合

    阪急・阪神経営統合から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪急・阪神経営統合(はんきゅう・はんしんけいえいとうごう)は、2006年、阪急ホールディングス(阪急HD)が、阪神電気鉄道の株式を取得し、その経営権を取得したうえで、阪神電気鉄道を完全子会社化し、自らは阪急阪神ホールディングスに商号変更する形式で行われた経営統合。阪急・阪神経営統合 フレッシュアイペディアより)

  • 六甲山観光

    六甲山観光から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    六甲山観光株式会社(ろっこうさんかんこう)は、兵庫県神戸市灘区でケーブルカー(六甲ケーブル)と路線バス(六甲山上循環バス)および六甲山の各施設等を運営する会社。阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道の子会社であり、阪急阪神東宝グループの一員である。本店は兵庫県神戸市灘区六甲山町一ヶ谷1番32号にある。六甲山観光 フレッシュアイペディアより)

  • 国際文化公園都市

    国際文化公園都市から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    東部地区の開発は長く何も進まず、山林のままであった。東部地区予定地の山林のうち一部を阪急電鉄(阪急阪神ホールディングス)がすでに買収しているが、2005年3月期、東部地区などに所有する販売用土地のうち200億円の土地評価損を計上した。またURの開発撤退をうけて、2008年3月期にも690億円の土地評価損を計上することにしている1。今後の住宅需要動向などを見ながら着手されると見られていたものの、住宅の都心回帰の進む現状では住宅地としては厳しいものがあるが、新名神高速道路の茨木千提寺インターチェンジに至近であることなどから、産業・工業地区としてはニーズがあることが確認できたため、2015年に産業団地を中心とした地域として開発されること開発計画が変更され、先行して2つの地区の造成が始まっている。そのうちの1つの地区に資生堂の工場誘致が決まるなど、開発は動き始めている。国際文化公園都市 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
198件中 1 - 10件表示

「阪急阪神ホールディングス」のニューストピックワード