166件中 31 - 40件表示
  • 六甲ガーデンテラス

    六甲ガーデンテラスから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    標高890mに位置する複数の展望テラスを中心とする複合施設。それまで敷地内にあったホテルや展望施設を撤去し、2003年4月にリニューアルオープンした。園内のいたるところから神戸市街や大阪湾を見渡すことができる。リニューアルで誕生した西側の施設群は英国調に統一されている。阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道の直営であるが、実際の運営は子会社の阪神総合レジャー株式会社に委託されている。六甲ガーデンテラス フレッシュアイペディアより)

  • 速水太郎

    速水太郎から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    速水 太郎(はやみ たろう、1862年4月30日(文久2年4月2日) - 1936年(昭和11年)12月31日)は日本の実業家。関西地方と中国地方における鉄道事業と電力事業に関わった。主に、阪鶴鉄道の取締役支配人、箕面有馬電気軌道(現阪急阪神ホールディングス)の取締役、大阪電気軌道(現近畿日本鉄道)の取締役、山陽中央水電の社長を務めた。速水太郎 フレッシュアイペディアより)

  • コマ・スタジアム

    コマ・スタジアムから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    1956年4月 - 京阪神急行電鉄(現阪急阪神ホールディングス)の株主への割当募集により株式会社梅田コマ・スタジアムを設立コマ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 六甲山人工スキー場

    六甲山人工スキー場から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    六甲山スキー場(ろっこうさんじんこうスキーじょう)は、兵庫県神戸市の六甲山上にある人工スキー場。1964年1月22日より六甲山カンツリーハウスの施設内で営業が開始された。阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道の直営であるが、実際の運営は2003年以降、子会社の阪神総合レジャー株式会社に委託されている。六甲山人工スキー場 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神1dayパス

    阪急阪神1dayパスから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    従来より阪急が発売していたマルーンチケットに代わり、経営統合した阪神でも利用できるようにしたフリーチケットとして2007年4月1日より発売を開始した。それ以前に阪急と阪神の両方が利用できるフリーチケットは2006年10月1日から限定発売した阪急阪神ホールディングス誕生記念乗車券として同年12月31日まで発売していた。阪急阪神1dayパス フレッシュアイペディアより)

  • ディアモール大阪

    ディアモール大阪から見た阪急阪神HD阪急阪神ホールディングス

    大丸と阪神百貨店が主導権を握っていた時代には、テナント管理システム(POSシステム)及び会計システムを百貨店業界を一手に仕切る富士通にたよっていた。しかし、富士通のシステムでは、管理サーバ及びクレジットカードサーバを大阪ダイヤモンド地下街株式会社の事務所内に設置する必要があり、事務所サーバがダウンすると全館でクレジットカードが使用できなくなるというトラブルが頻発していた。平成19年に阪神電鉄が100%の運営を実現した時に、テナント管理システム(POSシステム)はいち早くオムロンのINFOX端末に移行して、ピタパをはじめとする電子マネーが使用可能となり、テナントの売上増加に貢献した。また、会計システムも阪急阪神HDの統一会計システムに移行して安定した管理運営ができるようになった。ディアモール大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神急行電鉄

    阪神急行電鉄から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪神急行電鉄(はんしんきゅうこうでんてつ)は、1918年(大正7年)2月から1943年(昭和18年)9月にかけて存在した、阪急阪神ホールディングスの前身となる鉄道事業者。現在の阪急電鉄各線のうち、神宝線(京都線系統を除く路線)に当たる地域の路線を完成させた会社である。阪神急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • KENZOグループ

    KENZOグループから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    2006年1月 - 阪急ホールディングス(現阪急阪神ホールディングス)の株式5.01%を取得。KENZOグループ フレッシュアイペディアより)

  • 阪急航空

    阪急航空から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪急電鉄が100%出資する阪急阪神ホールディングスグループの1社である。不定期航空運送事業、航空機使用事業の免許を保有し、ヘリコプター、軽飛行機によるチャーター便、貨物輸送、航空写真撮影、遊覧飛行などの事業を行っていた。阪急航空 フレッシュアイペディアより)

  • 穴吹エンタープライズ

    穴吹エンタープライズから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    もともと「第一イン高松」という第一ホテルのフランチャイズホテルだったが、第一ホテルの経営破綻後阪急資本となったのを機に2002年に契約解除し「ロイヤルパークホテル高松アネックス」となった。2010年にソラーレ ホテルズ アンド リゾーツとのフランチャイズ契約により、「チサンイン高松」となった。穴吹エンタープライズ フレッシュアイペディアより)

166件中 31 - 40件表示

「阪急阪神ホールディングス」のニューストピックワード