198件中 71 - 80件表示
  • 天寿光希

    天寿光希から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    2006年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される。天寿光希 フレッシュアイペディアより)

  • きんえい

    きんえいから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    アポロビルにある「あべのアポロシネマ」の前身は1950年に開館した「アポロ座」だが、そのルーツは、大鉄映画劇場(近畿映画劇場を経て、現・きんえい)が1937年(昭和12年)に大阪鉄道大阪阿部野橋駅構内に開設した社名と同じ「大鉄映画劇場」まで遡ることができる。映画館設立にあたっては阪神急行電鉄(現:阪急阪神ホールディングス)を率いていた小林一三も関与している。1954年に「近映大劇場」「近畿劇場」「近畿地下劇場」の3館からなる「近映会館」が開館し、今日の礎を築いた。戦前には吉本興業と提携した大鉄花月劇場も運営していた。きんえい フレッシュアイペディアより)

  • 阪急観光バス

    阪急観光バスから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪急観光バス株式会社(はんきゅうかんこうバス)は、阪急バスの貸切バス部門を切り離し設立した子会社で、阪急阪神ホールディングスの連結子会社である。阪急観光バス フレッシュアイペディアより)

  • エフエムキタ

    エフエムキタから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスのグループ会社であり、阪急阪神東宝グループの一員でもある。エフエムキタ フレッシュアイペディアより)

  • 株式公開買付け

    株式公開買付けから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪神電気鉄道 - 阪急ホールディングス(現:阪急阪神ホールディングス)が実施(06/05/30)株式公開買付け フレッシュアイペディアより)

  • 六甲高山植物園

    六甲高山植物園から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    植物学の第一人者・牧野富太郎博士の指導を受けて1933年6月24日に開園し、1955年に博物館相当施設の指定を受けた。阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道の直営であるが、実際の運営は2003年以降、子会社の阪神総合レジャー(現・六甲山観光)に委託されている。園は海抜865mに位置するため年平均気温は北海道並の約9°Cである。この気候を利用して世界の高山植物、寒冷地の植物など約1,500種の植物を栽培している。六甲高山植物園 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神園芸

    阪神園芸から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪神園芸株式会社(はんしんえんげい)は、兵庫県西宮市に本社を置く阪神電気鉄道系列の造園会社である。阪急阪神ホールディングスに属し、阪急阪神東宝グループのグループ企業のうちの1社でもある。阪神園芸 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の経済

    2006年の経済から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    1月10日 - 投資会社プリヴェチューリッヒ企業再生グループが阪急ホールディングスの発行済み株式の5.01%を取得し筆頭株主となったことが分かる。その後株を買い進めるとともに、阪急ホールディングスと東宝の経営統合や宝塚歌劇団の株式上場の提案を行なう。2006年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 六甲ガーデンテラス

    六甲ガーデンテラスから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    標高890mに位置する複数の展望テラスを中心とする複合施設。それまで敷地内にあったホテルや展望施設を撤去し、2003年4月にリニューアルオープンした。園内のいたるところから神戸市街や大阪湾を見渡すことができる。リニューアルで誕生した西側の施設群は英国調に統一されている。阪急阪神ホールディングス傘下の阪神電気鉄道の直営であるが、実際の運営は子会社の六甲山観光株式会社に委託されている。六甲ガーデンテラス フレッシュアイペディアより)

  • 合併 (企業)

    合併 (企業)から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    京阪神急行電鉄(阪神急行電鉄+(旧)京阪電気鉄道。現阪急阪神ホールディングス。京阪側は京阪神急行鉄道を希望していた。)合併 (企業) フレッシュアイペディアより)

198件中 71 - 80件表示

「阪急阪神ホールディングス」のニューストピックワード