166件中 71 - 80件表示
  • 全但バス

    全但バスから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    なお、かつての筆頭株主は阪急電鉄(阪急阪神ホールディングス/阪急阪神東宝グループ)であったが、2008年10月末までに関係は解消されている。また、阪急電鉄が筆頭株主であった当時、阪急阪神東宝グループには属していなかった。ただし、現在協力関係にある神姫バスの筆頭株主は阪神電気鉄道(阪急阪神東宝グループ)であり、同グループとの関連が完全になくなるわけではない。全但バス フレッシュアイペディアより)

  • 西梅田・十三連絡線

    西梅田・十三連絡線から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    2006年5月、阪急ホールディングス(現・阪急阪神ホールディングス)の角和夫社長が阪神電気鉄道との経営統合に関連して「新大阪、十三、北ヤード、西梅田をつなぐ路線も可能」とコメント、未成線であった阪急新大阪連絡線(新大阪駅 - 十三駅間2.3km)と合わせて1本の路線として建設することを示唆した。同年12月8日には阪急電鉄・大阪市・国土交通省が都市鉄道等利便増進法に基づいてこの路線に関する原案を固めたと報道された。建設主体は鉄道建設・運輸施設整備支援機構、営業主体は大阪市交通局と阪急電鉄で、新駅は梅田貨物駅跡地再開発地域(北ヤード)の中央に建設される。西梅田・十三連絡線 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮七園

    西宮七園から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    いずれも大正から昭和初期にかけて、交通・環境とも恵まれた場所に開発された。開発元はそれぞれ異なるが、なかには阪神電気鉄道や阪急電鉄(現:阪急阪神ホールディングス)が乗客誘致を図るため自ら開発したものもある。西宮七園 フレッシュアイペディアより)

  • 池田銀行

    池田銀行から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    戦時中の政策で住友銀行に吸収された池田実業銀行で最後に頭取を務めた清瀧幸次郎が、池田信用組合を母体として1951年に設立。創立時に旧・阪急電鉄(現在の阪急阪神ホールディングス)が関与し、同社の創業者小林一三が相談役を務めるなど阪急阪神東宝グループとの関係が密接で、池田泉州銀行となった現在も大株主としてその経営への影響力は計り知れないものがある。池田銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 新京阪鉄道

    新京阪鉄道から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    これ以降は阪急京都本線、阪急電鉄、阪急阪神ホールディングスを参照新京阪鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • TAKARAZUKA SKY STAGE

    TAKARAZUKA SKY STAGEから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    2011年4月1日、委託放送事業者(現衛星基幹放送事業者)が阪急電鉄から番組制作・編成や送出・送信管理を担当していた宝塚クリエイティブアーツに変更された。2005年に旧・阪急電鉄(現:阪急阪神ホールディングス)から新・阪急電鉄に変更されているため、委託放送事業者の変更は2度目となる。TAKARAZUKA SKY STAGE フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚クリエイティブアーツ

    宝塚クリエイティブアーツから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    株式会社宝塚クリエイティブアーツ(たからづかクリエイティブアーツ)とは、兵庫県宝塚市に所在する映像制作会社、衛星基幹放送事業者。阪急電鉄(阪急阪神ホールディングス傘下)の子会社である。宝塚クリエイティブアーツ フレッシュアイペディアより)

  • 六甲摩耶鉄道六甲ケーブル線

    六甲摩耶鉄道六甲ケーブル線から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    従来は阪急電鉄系の阪急バスと競合関係にあったが、2006年の阪急電鉄と阪神電鉄の経営統合に伴う阪急阪神ホールディングス発足に伴い、阪急電鉄側が六甲ケーブルをPRするなど、従来にはなかった変化が見られるようになった。だが阪急バスが通る表六甲ドライブウェイは六甲ケーブル下駅前を高架橋で通過するため、阪急バスは従来どおり六甲ケーブルとは連絡していない。六甲摩耶鉄道六甲ケーブル線 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪電気軌道

    大阪電気軌道から見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    大阪府・奈良県境の生駒山地を直線的に越えるため、当初は鋼索鉄道(ケーブルカー)や索道(ロープウェイ)の利用さえも検討されたが、これでは高速都市間電車としての機能が失われることから、箕面有馬電気軌道(現:阪急阪神ホールディングス)の設立にもかかわった同社の筆頭取締役の岩下清周(後に大軌社長)の発案などにより、結局生駒山を複線規格の生駒トンネル(3,388m、当時日本第2位の長さ)で開削し、急勾配区間を大出力モーター搭載の300馬力電車で克服する、という大規模かつ先進的な策で攻略することにした。また計画も、全線が複線電化の標準軌(この当時の関西私鉄は、南海鉄道を除いて全てこの規格であった)路線に変更された。大阪電気軌道 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪グループ

    京阪グループから見た阪急阪神ホールディングス阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングス(阪急阪神東宝グループ) - 京阪はグループ企業である阪急電鉄との間で、戦時中法律に基づき統合されていた。また、阪神電気鉄道との経営統合も検討されていた。京阪グループ フレッシュアイペディアより)

166件中 71 - 80件表示

「阪急阪神ホールディングス」のニューストピックワード