82件中 61 - 70件表示
  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見た阪急東宝グループ

    このとき、「阪急東宝グループ」の名称については、阪急電鉄グループ(阪急HD)、阪急百貨店グループ、東宝グループの総称として、その後も継続使用されてきた(当時、3グループの資本関係はあまり濃くはなかった)。また、「阪急ホールディングスグループ」とは改称されず、従前のまま「阪急電鉄グループ」と称された。阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見た株主

    2006年1月にプリヴェチューリッヒ企業再生グループ(現・プリヴェ企業再生グループ)が5.01%の阪急ホールディングス株式を取得し筆頭株主になっているが、その後出資比率を2.1%まで低下させている。阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見たパシフィック・リーグ

    1936年(昭和11年)から1988年(昭和63年)にはパ・リーグ球団、阪急ブレーブス(のちにオリックス・ブルーウェーブ、現在は大阪近鉄バファローズと合併してオリックス・バファローズ)と、阪急西宮球場(後の阪急西宮スタジアム、2002年(平成14年)に閉鎖)をフランチャイズとして所有していた。阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見た宝塚球場

    1924年(大正13年)、日本最初のプロ野球チームである日本運動協会(芝浦協会)を引き取り、宝塚運動協会を再結成して経営に当たる。宝塚球場をフランチャイズとしたが、1929年(昭和4年)に解散。阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見たフランチャイズ

    1924年(大正13年)、日本最初のプロ野球チームである日本運動協会(芝浦協会)を引き取り、宝塚運動協会を再結成して経営に当たる。宝塚球場をフランチャイズとしたが、1929年(昭和4年)に解散。阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見た流通

    2005年(平成17年)4月1日の持株会社化に伴い、阪急電鉄株式会社から阪急ホールディングス株式会社に商号変更した。持株会社化は、会社分割によって現在の阪急電鉄株式会社(1989年設立、休眠を経て2004年に阪急電鉄分割準備株式会社に商号変更、不動産事業を承継させるために必要な免許登録等を済ませたうえで分割期日の2005年4月1日に阪急電鉄株式会社に商号変更して現在に至る)に事業を承継させる手法でおこなわれた(沿革は阪急電鉄の歴史の項参照)。この時点で、阪急電鉄関連企業は、鉄道、不動産、レジャー、流通事業が阪急電鉄、ホテル事業(阪急第一ホテルグループ)は阪急ホテルマネジメント、旅行事業は阪急交通社の3社にそれぞれ再編成された。阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見た千代田区

    本社事務所の所在地は大阪府大阪市北区芝田一丁目16番1号、登記上の本店所在地は大阪府池田市栄町1番1号(池田駅の所在地である)。代表取締役会長兼グループCEOは、角和夫。代表取締役社長は、杉山健博。東京支社は、東京都千代田区有楽町一丁目5番2号 東宝ツインタワービル5階。阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見た雲雀丘花屋敷駅

    ファイル:Hankyu-6000-HM.jpg|阪急阪神ホールディングス誕生記念ヘッドマークを掲出した阪急電鉄の6000系電車。雲雀丘花屋敷駅ホームにて阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見た有楽町

    本社事務所の所在地は大阪府大阪市北区芝田一丁目16番1号、登記上の本店所在地は大阪府池田市栄町1番1号(池田駅の所在地である)。代表取締役会長兼グループCEOは、角和夫。代表取締役社長は、杉山健博。東京支社は、東京都千代田区有楽町一丁目5番2号 東宝ツインタワービル5階。阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 阪急阪神ホールディングス

    阪急阪神ホールディングスから見た不動産

    2005年(平成17年)4月1日の持株会社化に伴い、阪急電鉄株式会社から阪急ホールディングス株式会社に商号変更した。持株会社化は、会社分割によって現在の阪急電鉄株式会社(1989年設立、休眠を経て2004年に阪急電鉄分割準備株式会社に商号変更、不動産事業を承継させるために必要な免許登録等を済ませたうえで分割期日の2005年4月1日に阪急電鉄株式会社に商号変更して現在に至る)に事業を承継させる手法でおこなわれた(沿革は阪急電鉄の歴史の項参照)。この時点で、阪急電鉄関連企業は、鉄道、不動産、レジャー、流通事業が阪急電鉄、ホテル事業(阪急第一ホテルグループ)は阪急ホテルマネジメント、旅行事業は阪急交通社の3社にそれぞれ再編成された。阪急阪神ホールディングス フレッシュアイペディアより)

82件中 61 - 70件表示

「阪急阪神ホールディングス」のニューストピックワード