181件中 91 - 100件表示
  • 山崎勝己

    山崎勝己から見た阪神ファン阪神ファン

    地元チームの阪神タイガースのファンで、2006年の鷹の祭典用のユニフォームが黄色の部分が多く、また帽子のつばの部分が黄色くなったため、「タイガースのユニフォームを着たみたい」と喜んでいた。山崎勝己 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤勝重

    近藤勝重から見た阪神ファン阪神ファン

    熱烈な阪神タイガースファン。上記の出演番組では、護憲平和主義の観点からニュースを解説・批評している。また、一部の番組や毎日新聞大阪本社発行版の「近藤流健康川柳」では、時事川柳の家元・師範を自称(全日本川柳協会顧問も務める)。さらに、「『つかみ』の大研究」シリーズをはじめ、時事川柳、東西文化の違い、日常生活での笑い、文章論などに関する著書を数多く出している。近年は、「しあわせのトンボ」の一節が灘中学校の2014年入学試験・国語の問題に採用されるなど、著作・著書の一節が入学試験の題材に使われることもある。近藤勝重 フレッシュアイペディアより)

  • 小塚歩

    小塚歩から見た阪神ファン阪神ファン

    プロ野球は阪神タイガースの大ファン(俗にいうトラキチ)で、関東でのセ・リーグの阪神がビジターの試合や、大阪支社在籍時や中央競馬の実況で出張するなどで都合がつくときには、ホームの甲子園球場などに足を運んで応援している。また、大阪支社在籍時には檜川彰人と共に京セラドーム大阪で野球観戦をすることもあり、パ・リーグではオリックス・バファローズのファンとなり、ファンクラブにも入会している。小塚歩 フレッシュアイペディアより)

  • 桜塚やっくん

    桜塚やっくんから見た阪神ファン阪神ファン

    2007年1月10日には、一青窈の紹介でフジテレビ『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに初登場し、「ココに出るのが夢だった」と喜んだうえ、他コーナーにも登場するなど生放送終了まで出演した。当時、「テレフォン-」のゲストが番組終了時まで残ることはあまりなく、珍しいことだった。同年4月に公開された映画『名探偵コナン 紺碧の棺』では、その応援団として宣伝も兼ねて4月21日に阪神対巨人戦(甲子園)で始球式を行ない、阪神ファンであることを明かした。しかし、同年12月に喉のポリープの切除手術で入院したため、同年終盤からスケジュールを空けていた。桜塚やっくん フレッシュアイペディアより)

  • ダンカン

    ダンカン (お笑い芸人)から見た阪神ファン阪神ファン

    また、大の阪神タイガースファンとしても知られており、第二子となる長男に「甲子園」、第三子となる次男には松村邦洋の助言により「虎太郎(とらたろう)」と命名したほどである。後にNHKのEテレ『趣味Do楽』において虎太郎と共演している。家族は他にも第一子となる長女と、2014年6月22日に乳癌で逝去した妻(一般人・満47歳)の5人家族であった。通夜、告別式には軍団員の多くが参列したが、師匠のたけしは、仕事の都合で参列できなかった。また、2014年2月には母親も亡くしている。ダンカン (お笑い芸人) フレッシュアイペディアより)

  • 谷岡慎一

    谷岡慎一から見た阪神ファン阪神ファン

    資格は、普通自動車免許・漢字検定2級・話しことば検定2級を所持。特技は、ピアノ・野球(阪神タイガースファン)で、特にピアノは3歳からやっている。また釣りを趣味としており、フジテレビアナウンス公式サイトでも『谷岡慎一の釣った奴が正義』と題するオンデマンド配信番組も持っている。谷岡慎一 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・セガール

    スティーヴン・セガールから見た阪神ファン阪神ファン

    17歳の時から10年以上大阪府に滞在していたため、日本語が堪能。千葉真一と親交があり、千葉がハリウッドに拠点を移してからは、セガールが流暢な大阪弁で「千葉先生、居てはりまっか?」などと、頻繁に千葉へ連絡している。淀川長治とも日本語で対談を行い、淀川の「日本語がお上手ですね」に対してセガールは「恐れ入ります」と応えた。初主演作品の『刑事ニコ』のオープニングシーンおよびコンベンションセンターでのシーンや、2005年公開の映画『イントゥ・ザ・サン』では日本語の台詞を用いているほか、いくつかの作品では日本語の単語を台詞の中で用いている。2008年正月、『奪還 DAKKAN -アルカトラズ-』のテレビ放映時に出演し、「あけましておめでとうございます」と挨拶をし、日本語で映画のみどころをアピールした。しかしコメントの締めの日本語を言い間違えたあと苦笑いをし、「日本語はもう20年ほど話していなかった為、忘れてしまった」とやはり日本語で語っている。それでもコメディアンで画家のジミー大西がTV番組のロケでアメリカを訪れた際、たまたまロケ現場に居合わせたセガールはジミーに「おう。元気か」「自分、大阪は何処?(ジミーが関西弁を話していた為)」「ウチはどこや」「新宿か。新宿の何処だ。四谷か。そうか」等、話しかけるなど、流暢な日本語でやり取りをしていた。『情報プレゼンター とくダネ!』に出演した際、シルヴェスター・スタローンが『ロッキー・ザ・ファイナル』の製作を発表したことについてコメントを求められ「彼は最近仕事がないから」、「品のある年の取り方をして欲しい」と答え、さらにデーブ・スペクターとパパラッチ問題について語り合ったが、デーブとのやり取り含め、全て日本語である。日本のテレビコマーシャルにも多数登場し、日清食品のカップうどん・ごんぶとのCMでは日本語で演技を行い、アリナミンAの爆走する車の屋根につかまり「こう見えても、疲れまんねん」と言うCMシリーズでは娘・藤谷文子と共演した。大阪在住時に阪神タイガースのファンとなり、タイガースの低迷期に朝日放送のインタビューで「今年もまた負けたらしいのう。わしゃ、もう情けないわ」と大阪弁でコメントしている。スティーヴン・セガール フレッシュアイペディアより)

  • 横浜スタジアム審判集団暴行事件

    横浜スタジアム審判集団暴行事件から見た阪神ファン阪神ファン

    この判定に対して阪神側は、まず河野旭輝三塁ベースコーチが、「打球がフェアゾーンで石橋のグラブに触れてからファウルゾーンに出たからフェアの打球だ」と主張して抗議を始めた。鷲谷塁審は打球が石橋のグラブに触れていないとしてファウルボールと判定しているので、本事件はルールの適用ではなく、純然たる事実認定をめぐる抗議だった。阪神側は、さらに島野育夫一塁ベースコーチ、ベンチを飛び出した柴田猛コーチ、さらには選手のほぼ全員が加わり、三塁側ファウルゾーンフェンス付近で鷲谷塁審を取り囲んだ。フェンスの向こうにはこの後の暴力行為に声援を送り続ける阪神ファンもいた。この時真っ先に止めに入った選手は真弓明信のみであったという。横浜スタジアム審判集団暴行事件 フレッシュアイペディアより)

  • 野村啓司

    野村啓司から見た阪神ファン阪神ファン

    『ノムラでノムラだ♪』などの出演番組では、阪神タイガースファンであることを公言。歌謡曲や演歌への造詣も深く、毎日放送の専属パーソナリティ時代からは歌手としても活動している。2008年6月には、『ノムラでノムラだ♪』の企画で、リスナーへの公募による歌詞から生まれたオリジナルソング「退職記念日」「時を止めて」を発表。「時を止めて」では、当時の水曜アシスタント・森川美穂(歌手)とのデュエットを披露した。さらに2011年6月27日には、「茶碗」(中村泰士の作詞・作曲による楽曲)を発表している(いずれもインターネット限定で音源を配信)。野村啓司 フレッシュアイペディアより)

  • 希望の泉

    希望の泉から見た阪神ファン阪神ファン

    一例として、2006年にドラゴンズがリーグ優勝した際には、飛び込みを警戒して多数の警察官が周りを取り囲む、異様な光景が見られた。2007年の中日ドラゴンズ日本シリーズ優勝時にも多数のファンが希望の泉に飛び込んだ。また、希望の泉の中心にある銅像にファンが落合監督のユニフォームを着せ、更に中日の旗や応援タオルなどを持たせるなどをして、この銅像が名古屋市民の注目を集めることになる。希望の泉 フレッシュアイペディアより)

181件中 91 - 100件表示

「阪神ファン情報」のニューストピックワード