181件中 61 - 70件表示
  • 國定浩一

    國定浩一から見た阪神ファン阪神ファン

    熱狂的な阪神タイガースファンとして知られ、「虎エコノミスト」との異名を持つ。國定浩一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤 清史郎

    加藤清史郎から見た阪神ファン阪神ファン

    後述の『徹子の部屋』や『SMAP×SMAP』出演時、出身は横浜市であるが、プロ野球は熱烈な阪神ファンであることを明かし、特にお気に入りは引退した金本知憲元外野手と赤星憲広元外野手だと発言し、加藤自身も右投げ左打ち。阪神ファンの理由について、2010年1月15日放送のTBSのバラエティー番組『ぴったんこカン・カン』で、祖母が大阪市の出身であるためとしている。ただし父親は鹿児島県の出身であり、「鹿児島にはプロ野球のチームがないから阪神を応援している」と公言している。加藤清史郎 フレッシュアイペディアより)

  • サンプラザ中野くん

    サンプラザ中野くんから見た阪神ファン阪神ファン

    阪神ファンとして知られている。一時期『おはよう朝日です』にもレギュラー出演し、2003年に阪神タイガースがセ・リーグ制覇した当日深夜に放送された優勝特番にも出演した。2004年の球界再編問題ではプロ野球選手が歌う白いボールのファンタジーに参加している(収録されたCDは当時球場で配られたもので非売品)。サンプラザ中野くん フレッシュアイペディアより)

  • 麦倉洋一

    麦倉洋一から見た阪神ファン阪神ファン

    1989年のプロ野球ドラフト会議にて阪神タイガースから3位で指名され入団した。ドラフト指名後の会見で「自分が阪神に指名されたので、友達も皆阪神ファンになった」という趣旨を栃木弁で語った。2年目のにプロ初勝利を含む2勝をマークしたがに右肩を故障し手術を2回受けるも肩が回復せず限りで現役引退。ゴルフ場開発会社勤務を経てスポーツ用品の商社「デサント」に勤務、営業部タイガース担当に。また阪神タイガースOB野球教室に講師として参加している。麦倉洋一 フレッシュアイペディアより)

  • 古野正人

    古野正人から見た阪神ファン阪神ファン

    4月19日の阪神タイガース戦でプロ初登板。阪神ファンの「マートン」コールを自身の愛称「マー君」かと思い、「地元なので応援してくれているんだ」と勘違いしていた。古野正人 フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た阪神ファン阪神ファン

    岡山市立岡輝中学校(岡山リトルシニア)を卒業後、PL学園高校へ進学。1994年の第66回選抜高等学校野球大会に出場し、1番センターとしてベスト4進出に貢献する。この時のセンバツでは金沢高校の中野真博投手が完全試合を達成しているが、その次の試合の先頭打者としてセンター前に安打を放って2試合連続完全試合をいきなり阻止した打者としても知られる。子供のころは、阪神タイガースのファンであったことを、ブログで述べている。少年野球では、「黒い霧事件」でプロ球界を永久追放された森安敏明の指導を受けていた。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • ジェット風船

    ジェット風船から見た阪神ファン阪神ファン

    ジェット風船の応援は、1978年に広島東洋カープのファンが、甲子園球場でジェット風船を飛ばしたのが始まりとされる。しかし、一般的にプロ野球の応援の代名詞的なイメージとして定着したのは、1985年の阪神タイガース優勝時に甲子園を埋め尽くした阪神ファンが一斉に放ってからである。ジェット風船 フレッシュアイペディアより)

  • 福留功男

    福留功男から見た阪神ファン阪神ファン

    本格的にプロ野球ファン、読売ジャイアンツファンになったのは日本テレビ入社以後のことで、巨人ファンになったきっかけは、取材で一緒になった王貞治の人柄に惚れ込んだなどのことだったという。また一方で「巨人が勝たないと日本テレビの視聴率が下がる」という観点との理由もあったという。なお「本当は阪神ファンじゃないですか」と言われたこともあったが、これについては自著『葬らん!』の中で否定している。福留功男 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎慶一

    長崎慶一から見た阪神ファン阪神ファン

    北陽高校在学中の1966年、全国高等学校野球選手権大会(第48回)に1年生ながら外野のレギュラーとして出場した。大会では初戦(対福島商業高校)に勝利するも、2回戦で桐生高校(群馬)に1-10で敗れている。3年生時の1968年にはプロ野球ドラフト会議で、阪神タイガースから8位指名を受けた。長崎自身も阪神ファンであったが、一般の職に就くことを望んでいた母親の反対を受け、やむなく入団を拒否(尚、この年阪神タイガースがドラフトで指名した選手で入団に合意したのは、8人中3人だけであった)。高校卒業後、法政大学経営学部へ進学した。同大学の野球部では入学早々主軸に座り、東京六大学リーグ史上初の2シーズン連続首位打者を獲得するなど、法政初のリーグ4連覇に貢献。東京六大学リーグでは通算79試合に出場し、273打数93安打・打率.341・8本塁打・53打点を記録した。同リーグのベストナインにも3回、選出されている。1972年秋、ドラフト1位で大洋ホエールズに指名され、プロ入り。ホエールズ(以下、大洋)時代は主力打者として活躍し、「和製ミッキー・マントル」と称された。大洋では、オールスターゲーム出場1回、ベストナイン(1982年)の経験がある。入団当初長崎はブンブン振り回す三振の多い打者であったが、当時の大洋打撃コーチ大下弘の薫陶を受けアベレージヒッターへの転身を図り成功した。長崎は、当時世田谷区経堂に住んでいた大下の自宅にチームメイトの山下大輔とともによく訪れ、大下の次女と恋仲になり結婚したが、大下の死後に離婚している。長崎慶一 フレッシュアイペディアより)

  • ミスター・ルーキー

    ミスター・ルーキーから見た阪神ファン阪神ファン

    最終決戦で声援を送る阪神ファンとして登場。ミスター・ルーキー フレッシュアイペディアより)

181件中 61 - 70件表示

「阪神ファン情報」のニューストピックワード