前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た星野仙一

    1985年(昭和60年)の日本一になるまでの時期や、チームが低迷していた時期(1990年代)は巨人戦以外では空席も目立った甲子園球場であったが、星野監督時代の2003年(平成15年)に18年ぶりの優勝をして以降、レフトスタンドの外野ビジター応援席以外は全て阪神ファンという光景が日常茶飯事になっており、その地鳴りのする応援は他に例を見ない迫力を作り出す。そのため、プロ野球中継の際には高確率で「甲子園は360度全て阪神ファン」のような球場の様子を見聞きすることができる。2011年(平成23年)までは応援団とごく少数のビジターファンを除けば、ビジター応援席ですら阪神ファンばかりということもしばしばあった。これはビジター応援席でのホームチーム応援が東京ドームなどでは固く禁止されているのとは対照的に、甲子園球場においてはビジター応援席での阪神の応援は2011年(平成23年)までは特に禁止されていなかったからである。2012年(平成24年)からは阪神主催試合において、ビジター席における阪神を含む当日の対戦チーム以外の応援は禁止となった。なおビジター応援席は相手球団によってエリアの大きさが異なる。詳細はビジター応援席を参照。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た藤本敦士

    同年7月29日、それまで16連勝と好調だった対横浜戦で敗戦した際、9回裏藤本敦士の放った3アウト目となるレフトファウルフライに対し、周囲への注意が散漫になりやすいスライディングキャッチをした多村仁めがけて一部の阪神ファンがメガホンを投げつけた。多村は「本当に危ない。怪我するかと思った」とコメントしており、当時監督の星野仙一も「こんなことやったら甲子園で胴上げはやらん」と激怒した。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た桧山進次郎桧山 進次郎

    2003年(平成15年)6月11日、岐阜長良川球場の対中日戦において阪神が7-2で勝利した後に阪神ファンがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーとみられるものが噴射され、観客53人が目やのどの痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。岐阜北警察署が捜査したが事件は未解決である。この一件に関し(当時の)山田久志中日監督、星野仙一阪神監督、片岡篤史、桧山進次郎、赤星憲広などが暴挙を非難するコメントを出した(詳細は長良川球場を参照)。この一件以降、中日は阪神と地方試合の開催を2013年(平成25年)まで行わず。また、この事件を受けて阪神甲子園球場では乱入防止用のネットが設置されるなど対応に追われた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た金本知憲金本 知憲

    その日の試合に勝利すると、球場の周りに阪神ファンが集まり笛やメガホンを打ち鳴らしながら中虎連合会の時代の応援歌(掛布雅之、和田豊、ジョージ・アリアス、金本知憲ら人気選手が中心)・チャンステーマと現在(中虎連合会が完全に解散した平成17年度以降)の応援歌・チャンステーマを大合唱するという光景が見られるときがある。これをファンは2次会と呼んでいる。ホームゲームでの勝利の時は、試合後内野席・アルプス席にいるファンがジェット風船を飛ばし、その後選手が直々に応援御礼という意味で整列し、選手が挨拶して締めくくる。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た江夏豊

    球団OBの江夏豊が2006年(平成18年)6月5日付の『デイリースポーツ』紙のコラムに「『蛍の光』は相手投手を侮辱するもので、これを喜んで歌う観客は阪神ファンとは呼べず、観戦する資格はない」と寄稿するなど快く思わない人もいる。江夏のこの発言を受け、ヒッティングマーチ管理委員会が新たに同点時及び阪神劣勢時の相手投手交代時に演奏する「オペレーションビクトリー」なるヒッティングマーチを作成し同年7月28日の対ヤクルト戦より演奏されたが、広く波及するまでには至らず2010年(平成22年)に削除されている。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た和田豊

    その日の試合に勝利すると、球場の周りに阪神ファンが集まり笛やメガホンを打ち鳴らしながら中虎連合会の時代の応援歌(掛布雅之、和田豊、ジョージ・アリアス、金本知憲ら人気選手が中心)・チャンステーマと現在(中虎連合会が完全に解散した平成17年度以降)の応援歌・チャンステーマを大合唱するという光景が見られるときがある。これをファンは2次会と呼んでいる。ホームゲームでの勝利の時は、試合後内野席・アルプス席にいるファンがジェット風船を飛ばし、その後選手が直々に応援御礼という意味で整列し、選手が挨拶して締めくくる。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た掛布雅之

    その日の試合に勝利すると、球場の周りに阪神ファンが集まり笛やメガホンを打ち鳴らしながら中虎連合会の時代の応援歌(掛布雅之、和田豊、ジョージ・アリアス、金本知憲ら人気選手が中心)・チャンステーマと現在(中虎連合会が完全に解散した平成17年度以降)の応援歌・チャンステーマを大合唱するという光景が見られるときがある。これをファンは2次会と呼んでいる。ホームゲームでの勝利の時は、試合後内野席・アルプス席にいるファンがジェット風船を飛ばし、その後選手が直々に応援御礼という意味で整列し、選手が挨拶して締めくくる。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た上原浩治

    阪神ファンの甲子園球場での応援は他球団の応援よりも熱狂的である。例えば、上原浩治は2006年(平成18年)に行われたWBCの際、韓国側の熱狂的な応援について質問されると「甲子園の応援の方が揺れてすごい」と答え、また翌2007年(平成19年)北京オリンピックアジア最終予選後チャイニーズ・タイペイ戦での完全アウェーの応援について聞かれても「甲子園の阪神巨人戦が世界一」と語っている。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たカーネル・サンダース

    21年ぶりのリーグ優勝が決まった1985年(昭和60年)10月16日、大阪市の繁華街ミナミを流れる道頓堀川では熱狂的なタイガースファンが優勝を祝って夜中にもかかわらず戎橋の橋梁から飛び込む姿が相次いだ。さらに、ケンタッキーフライドチキンの創始者カーネル・サンダース像をこの年のMVP・ランディ・バースに見立て胴上げして道頓堀川に投げ込む事件もあった。ちなみに、その後の低迷を「カーネル・サンダースの呪い」などと呼ぶ冗談が一部のファンの間で流行し、ABCテレビ『探偵!ナイトスクープ』で取り上げられたことがきっかけとなり、都市伝説の一つとして定着した。なお、そのカーネル・サンダース像は2009年(平成21年)3月10日、道頓堀川の新戎橋より下流約5 m, 水深2 mのヘドロの中より上半身が、翌11日には下半身と右手が発見され、24年を経て救出された。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たアレックス・ラミレス

    2008年(平成20年)5月7日の対巨人戦(東京ドーム)でアレックス・ラミレスのオーバーフェンスかという打球を左翼席最前列にいた阪神ファンが手でブロックし、ボールがフェンス上部に当たりグラウンド内に落下。審判団の協議の結果、妨害が無くてもオーバーフェンスしなかったと判断されツーベースになった。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示

「阪神ファン情報」のニューストピックワード