2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示
  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た放棄試合

    1954年(昭和29年)7月25日の対中日ドラゴンズ戦(大阪球場)10回、捕球判定と選手の退場処分をめぐって阪神側と審判団が二度もめ、観客数百人がグラウンドに乱入した。観客は暴徒化し、阪神の選手のバットを持って中日側に押しかけた。後にこの試合は没収試合となり、審判団、阪神共に処分を受けた。藤村富美男・松木謙治郎の項目も参照。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た大阪府警察

    2005年(平成17年)の2年ぶりの阪神のリーグ優勝時には、大阪市と大阪府警察本部が戎橋に高さ3 mの透明強化プラスチック製のフェンスを設け、また2年ぶりのリーグ優勝が確定しそうな日には「とんぼりリバーウォーク」への出入りを禁止にするなどの対策を採った結果、飛び込みを少数にとどめることができた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た東京ドーム

    1985年(昭和60年)の日本一になるまでの時期や、チームが低迷していた時期(1990年代)は巨人戦以外では空席も目立った甲子園球場であったが、星野監督時代の2003年(平成15年)に18年ぶりの優勝をして以降、レフトスタンドの外野ビジター応援席以外は全て阪神ファンという光景が日常茶飯事になっており、その地鳴りのする応援は他に例を見ない迫力を作り出す。そのため、プロ野球中継の際には高確率で「甲子園は360度全て阪神ファン」のような球場の様子を見聞きすることができる。2011年(平成23年)までは応援団とごく少数のビジターファンを除けば、ビジター応援席ですら阪神ファンばかりということもしばしばあった。これはビジター応援席でのホームチーム応援が東京ドームなどでは固く禁止されているのとは対照的に、甲子園球場においてはビジター応援席での阪神の応援は2011年(平成23年)までは特に禁止されていなかったからである。2012年(平成24年)からは阪神主催試合において、ビジター席における阪神を含む当日の対戦チーム以外の応援は禁止となった。なおビジター応援席は相手球団によってエリアの大きさが異なる。詳細はビジター応援席を参照。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た富坂警察署

    1984年(昭和59年)8月15日の対巨人戦(後楽園)の試合前に、阪神ファン数十人が巨人の外野手レジー・スミスを取り囲み、スミスの息子レジー・ジュニアに対して物を投げつけ、暴行しようとしたことが発端となりスミスが激怒、数名がスミスに暴行を受けた。「被害者」は、直ちに富坂警察署に届け出た。1984年(昭和59年)8月17日付朝日新聞は、「スミスだんまり一手」(15面)、「(スミスは)正当防衛主張」(22面)と同時に2つの観点から書きたて、スミスが書類送検される騒動に発展したが、のちに不起訴処分となった。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た安全進塁権

    1992年(平成4年)9月11日の対ヤクルトスワローズ戦(甲子園)で、阪神の打者八木裕が岡林洋一から放ったレフト方向への大飛球は一度本塁打と判定されたが、「フェンスに当たって中に入った」というヤクルト野村克也監督の抗議によりエンタイトル二塁打に覆されたことを不服とした阪神ファン数人がグラウンド内に乱入し、逮捕者が出る事態へと発展した。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た併殺

    9回(表・裏とも)、またはビジター(裏のみ)においての延長戦のそれぞれで阪神がリードして決着が付く可能性がある回の守備で2アウトの際には、「あと一人」コールが連呼される。2アウト2ストライクに達すると、コールが「あと一球」に変わる。その後阪神の勝利が確定すると、ホームの阪神甲子園球場やジェット風船を飛ばすことが許可されている球場では、ジェット風船を飛ばす。ノーアウトからのトリプルプレーや、1アウトからのダブルプレーで試合が終わった場合は当然「あと一人・一球」はできない。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た草薙球場

    1998年(平成10年)6月16日、草薙球場での対横浜戦、0-1で阪神が負けた後、阪神の敗戦に怒ったファン約20人がグラウンドに乱入。横浜の川端一彰の帽子を奪って逃走するなどして暴れた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たミナミ

    21年ぶりのリーグ優勝が決まった1985年(昭和60年)10月16日、大阪市の繁華街ミナミを流れる道頓堀川では熱狂的なタイガースファンが優勝を祝って夜中にもかかわらず戎橋の橋梁から飛び込む姿が相次いだ。さらに、ケンタッキーフライドチキンの創始者カーネル・サンダース像をこの年のMVP・ランディ・バースに見立て胴上げして道頓堀川に投げ込む事件もあった。ちなみに、その後の低迷を「カーネル・サンダースの呪い」などと呼ぶ冗談が一部のファンの間で流行し、ABCテレビ『探偵!ナイトスクープ』で取り上げられたことがきっかけとなり、都市伝説の一つとして定着した。なお、そのカーネル・サンダース像は2009年(平成21年)3月10日、道頓堀川の新戎橋より下流約5 m, 水深2 mのヘドロの中より上半身が、翌11日には下半身と右手が発見され、24年を経て救出された。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た応援歌

    ファンの応援スタイルは、攻撃時にヒッティングマーチを歌いながらメガホン(応援バット、カンフーバット)を叩くというオーソドックスなものが浸透している。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た逮捕

    2010年(平成22年)現在、「阪神タイガース応援団」が阪神タイガースの中で鳴り物応援を行う唯一の応援団である。以前は阪神タイガース応援団の前身の「阪神タイガース私設応援団」の他に「中虎連合会」という団体とレフトスタンドの応援団の守虎連合会で全体の応援を統率していたが、2004年(平成16年)に中虎連合会の幹部がヒッティングマーチに関する著作権法違反容疑で逮捕されたり、2005年(平成17年)には守虎連合会の会長が暴行容疑で逮捕などで、一団体のみという状況になった。2003年(平成15年)からは、球団公式ファンクラブも設立されている。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
102件中 91 - 100件表示

「阪神ファン情報」のニューストピックワード