102件中 11 - 20件表示
  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た西本聖

    「我等ぞ阪神タイガース」と「阪神タイガースの歌」(いわゆる六甲颪)の歌詞にもあるように、阪神ファンは阪神タイガースに対し強い一体感を持っている。巨人の元エースで阪神のコーチを務めた西本聖は、「巨人ファンにとって巨人は趣味の一つ。阪神ファンにとって阪神は生活の一部」と評している。前述のアンケート調査からも、阪神ファンは球団に対する愛着や、ファン同士の連帯感が強いことが判明している。また、阪神タイガースが弱い時でも、球団を温かく見守るファン心理も特徴として挙げられている。経済評論家の國定浩一は「阪神ファンにとって球場での応援は「観戦」ではなく「参戦」である。」と分析しており、ファンの連帯感を象徴する行為として、球場に観戦へ行くファンに対し、友人の阪神ファンが「頼むで」とチームの勝敗の是非を託す光景も見られるという。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た多村仁志

    同年7月29日、それまで16連勝と好調だった対横浜戦で敗戦した際、9回裏藤本敦士の放った3アウト目となるレフトファウルフライに対し、周囲への注意が散漫になりやすいスライディングキャッチをした多村仁めがけて一部の阪神ファンがメガホンを投げつけた。多村は「本当に危ない。怪我するかと思った」とコメントしており、当時監督の星野仙一も「こんなことやったら甲子園で胴上げはやらん」と激怒した。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た野村克也

    1992年(平成4年)9月11日の対ヤクルトスワローズ戦(甲子園)で、阪神の打者八木裕が岡林洋一から放ったレフト方向への大飛球は一度本塁打と判定されたが、「フェンスに当たって中に入った」というヤクルト野村克也監督の抗議によりエンタイトル二塁打に覆されたことを不服とした阪神ファン数人がグラウンド内に乱入し、逮捕者が出る事態へと発展した。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た太田房江

    また、数々の飛び込みに対し当時の大阪府知事太田房江は阪神の優勝が目前に迫った2003年(平成15年)7月、「マジックを順調に減らしている阪神と今回の清掃が無関係とは言わないが、大阪への注目度を上げるためきれいにしたい」と話し「飛び込み奨励ではない」とくぎを刺した上で、ボートの上から網で水面のごみをすくうなど大阪市と合同の河川愛護キャンペーンの一環として道頓堀川を清掃、その発言や清掃の様子が、翌日の一般紙やスポーツ紙に掲載された。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たランディ・バース

    21年ぶりのリーグ優勝が決まった1985年(昭和60年)10月16日、大阪市の繁華街ミナミを流れる道頓堀川では熱狂的なタイガースファンが優勝を祝って夜中にもかかわらず戎橋の橋梁から飛び込む姿が相次いだ。さらに、ケンタッキーフライドチキンの創始者カーネル・サンダース像をこの年のMVP・ランディ・バースに見立て胴上げして道頓堀川に投げ込む事件もあった。ちなみに、その後の低迷を「カーネル・サンダースの呪い」などと呼ぶ冗談が一部のファンの間で流行し、ABCテレビ『探偵!ナイトスクープ』で取り上げられたことがきっかけとなり、都市伝説の一つとして定着した。なお、そのカーネル・サンダース像は2009年(平成21年)3月10日、道頓堀川の新戎橋より下流約5 m, 水深2 mのヘドロの中より上半身が、翌11日には下半身と右手が発見され、24年を経て救出された。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た赤星憲広

    2003年(平成15年)6月11日、岐阜長良川球場の対中日戦において阪神が7-2で勝利した後に阪神ファンがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーとみられるものが噴射され、観客53人が目やのどの痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。岐阜北警察署が捜査したが事件は未解決である。この一件に関し(当時の)山田久志中日監督、星野仙一阪神監督、片岡篤史、桧山進次郎、赤星憲広などが暴挙を非難するコメントを出した(詳細は長良川球場を参照)。この一件以降、中日は阪神と地方試合の開催を2013年(平成25年)まで行わず。また、この事件を受けて阪神甲子園球場では乱入防止用のネットが設置されるなど対応に追われた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たデイリースポーツ

    球団OBの江夏豊が2006年(平成18年)6月5日付の『デイリースポーツ』紙のコラムに「『蛍の光』は相手投手を侮辱するもので、これを喜んで歌う観客は阪神ファンとは呼べず、観戦する資格はない」と寄稿するなど快く思わない人もいる。江夏のこの発言を受け、ヒッティングマーチ管理委員会が新たに同点時及び阪神劣勢時の相手投手交代時に演奏する「オペレーションビクトリー」なるヒッティングマーチを作成し同年7月28日の対ヤクルト戦より演奏されたが、広く波及するまでには至らず2010年(平成22年)に削除されている。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た讀賣テレビ放送

    1973年(昭和48年)10月22日甲子園での対巨人最終戦。勝った方が優勝という試合で、阪神が0-9と大敗。不甲斐ない試合に激高したファンがグラウンドになだれ込み、巨人の選手らに暴行を働いたり、讀賣テレビ放送やABCテレビの機材を徹底的に破壊したりする事件が発生。これにより巨人のグラウンドでの胴上げは中止となり、兵庫県警察の機動隊員が出動する騒ぎとなった。(詳細は世紀の落球とV9を参照)阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た阪神タイガース

    阪神ファン(はんしんファン)とは、日本プロ野球の球団・阪神タイガースを支持・応援するファンのことである。タイガースファンとも言う。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た読売ジャイアンツ

    阪神ファンは、応援の対象である阪神タイガースが兵庫県にある阪神甲子園球場を本拠地にしていることもあり、近畿地方を中心に存在している。近畿地方には大阪府を保護地域とするオリックス・バファローズがあるが、それを圧倒的に上回る人気を得ている。その総数は多く、日本の野球12球団の中でも読売ジャイアンツのファンである巨人ファンと一、二を争う。実際、球場への動員は2005年(平成17年)以降日本一であり、毎年300万人前後をコンスタントに動員している。阪神ファンの特徴として熱狂的な応援がある。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

102件中 11 - 20件表示

「阪神ファン情報」のニューストピックワード