102件中 21 - 30件表示
  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たまんが日本昔ばなし

    相手投手がノックアウトされて降板する際、「さよならさよなら○○(降板する投手の名前)」とコールした後、「蛍の光」が合唱され、続いて「六甲おろし」が合唱される。しかし「蛍の光」は相手球団への侮辱行為であるとして批判する声もある。下記参照。かつて関東の球場では、『まんが日本昔ばなし』のエンディングテーマ「にんげんっていいな」の替え歌が合唱されていた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た藤村富美男

    1954年(昭和29年)7月25日の対中日ドラゴンズ戦(大阪球場)10回、捕球判定と選手の退場処分をめぐって阪神側と審判団が二度もめ、観客数百人がグラウンドに乱入した。観客は暴徒化し、阪神の選手のバットを持って中日側に押しかけた。後にこの試合は没収試合となり、審判団、阪神共に処分を受けた。藤村富美男・松木謙治郎の項目も参照。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たABCテレビ

    1973年(昭和48年)10月22日甲子園での対巨人最終戦。勝った方が優勝という試合で、阪神が0-9と大敗。不甲斐ない試合に激高したファンがグラウンドになだれ込み、巨人の選手らに暴行を働いたり、讀賣テレビ放送やABCテレビの機材を徹底的に破壊したりする事件が発生。これにより巨人のグラウンドでの胴上げは中止となり、兵庫県警察の機動隊員が出動する騒ぎとなった。(詳細は世紀の落球とV9を参照)阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た立川清登

    「阪神タイガースの歌」の通称。阪神ファンはタイガースの試合前、阪神の選手がタイムリーや本塁打を放ったとき、勝利確定後などにこの歌を合唱する。ホームゲームでの勝利の場合はヒーローインタビューの後に恒例としてレコード・CDを使った演奏(歌手は過去に立川清登ら、現在は唐渡吉則ら)が行われ、それに合わせてファンが合唱する。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た宮本勝浩

    2004年(平成16年)と2005年(平成17年)に、関西大学と関西国際大学により全国のプロ野球ファンにアンケート調査が実施された。いずれの調査報告でも、阪神タイガースをもっとも好む球団に選ぶプロ野球ファンが最大で3割と一番多く、読売ジャイアンツがそれに続く結果となった。さらに2005年(平成17年)、阪神タイガースが優勝した直後に大阪府立大学教授の宮本勝浩らがネット調査会社のデータなどを元におこなった調査によれば、日本全土で2,053万人の阪神ファンが存在し、巨人ファンを抜いて両リーグ最多であると推計している。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たジョージ・アリアス

    その日の試合に勝利すると、球場の周りに阪神ファンが集まり笛やメガホンを打ち鳴らしながら中虎連合会の時代の応援歌(掛布雅之、和田豊、ジョージ・アリアス、金本知憲ら人気選手が中心)・チャンステーマと現在(中虎連合会が完全に解散した平成17年度以降)の応援歌・チャンステーマを大合唱するという光景が見られるときがある。これをファンは2次会と呼んでいる。ホームゲームでの勝利の時は、試合後内野席・アルプス席にいるファンがジェット風船を飛ばし、その後選手が直々に応援御礼という意味で整列し、選手が挨拶して締めくくる。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た川端一彰

    1998年(平成10年)6月16日、草薙球場での対横浜戦、0-1で阪神が負けた後、阪神の敗戦に怒ったファン約20人がグラウンドに乱入。横浜の川端一彰の帽子を奪って逃走するなどして暴れた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たアロンゾ・パウエル

    1996年(平成8年)5月14日、浜松球場での対中日戦で3-10と完敗した直後、敗戦に怒った阪神ファンがグラウンドに乱入し、中日監督の星野仙一らが止めようとしたが、ファンの一人がこの試合1安打1打点とで活躍したアロンゾ・パウエルの頭をメガホンで殴打した。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た山田久志

    2003年(平成15年)6月11日、岐阜長良川球場の対中日戦において阪神が7-2で勝利した後に阪神ファンがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーとみられるものが噴射され、観客53人が目やのどの痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。岐阜北警察署が捜査したが事件は未解決である。この一件に関し(当時の)山田久志中日監督、星野仙一阪神監督、片岡篤史、桧山進次郎、赤星憲広などが暴挙を非難するコメントを出した(詳細は長良川球場を参照)。この一件以降、中日は阪神と地方試合の開催を2013年(平成25年)まで行わず。また、この事件を受けて阪神甲子園球場では乱入防止用のネットが設置されるなど対応に追われた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たレジー・スミス

    1984年(昭和59年)8月15日の対巨人戦(後楽園)の試合前に、阪神ファン数十人が巨人の外野手レジー・スミスを取り囲み、スミスの息子レジー・ジュニアに対して物を投げつけ、暴行しようとしたことが発端となりスミスが激怒、数名がスミスに暴行を受けた。「被害者」は、直ちに富坂警察署に届け出た。1984年(昭和59年)8月17日付朝日新聞は、「スミスだんまり一手」(15面)、「(スミスは)正当防衛主張」(22面)と同時に2つの観点から書きたて、スミスが書類送検される騒動に発展したが、のちに不起訴処分となった。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

102件中 21 - 30件表示

「阪神ファン情報」のニューストピックワード