102件中 31 - 40件表示
  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た八木裕

    1992年(平成4年)9月11日の対ヤクルトスワローズ戦(甲子園)で、阪神の打者八木裕が岡林洋一から放ったレフト方向への大飛球は一度本塁打と判定されたが、「フェンスに当たって中に入った」というヤクルト野村克也監督の抗議によりエンタイトル二塁打に覆されたことを不服とした阪神ファン数人がグラウンド内に乱入し、逮捕者が出る事態へと発展した。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た松木謙治郎

    1954年(昭和29年)7月25日の対中日ドラゴンズ戦(大阪球場)10回、捕球判定と選手の退場処分をめぐって阪神側と審判団が二度もめ、観客数百人がグラウンドに乱入した。観客は暴徒化し、阪神の選手のバットを持って中日側に押しかけた。後にこの試合は没収試合となり、審判団、阪神共に処分を受けた。藤村富美男・松木謙治郎の項目も参照。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た唐渡吉則

    「阪神タイガースの歌」の通称。阪神ファンはタイガースの試合前、阪神の選手がタイムリーや本塁打を放ったとき、勝利確定後などにこの歌を合唱する。ホームゲームでの勝利の場合はヒーローインタビューの後に恒例としてレコード・CDを使った演奏(歌手は過去に立川清登ら、現在は唐渡吉則ら)が行われ、それに合わせてファンが合唱する。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た岡林洋一

    1992年(平成4年)9月11日の対ヤクルトスワローズ戦(甲子園)で、阪神の打者八木裕が岡林洋一から放ったレフト方向への大飛球は一度本塁打と判定されたが、「フェンスに当たって中に入った」というヤクルト野村克也監督の抗議によりエンタイトル二塁打に覆されたことを不服とした阪神ファン数人がグラウンド内に乱入し、逮捕者が出る事態へと発展した。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た國定浩一

    「我等ぞ阪神タイガース」と「阪神タイガースの歌」(いわゆる六甲颪)の歌詞にもあるように、阪神ファンは阪神タイガースに対し強い一体感を持っている。巨人の元エースで阪神のコーチを務めた西本聖は、「巨人ファンにとって巨人は趣味の一つ。阪神ファンにとって阪神は生活の一部」と評している。前述のアンケート調査からも、阪神ファンは球団に対する愛着や、ファン同士の連帯感が強いことが判明している。また、阪神タイガースが弱い時でも、球団を温かく見守るファン心理も特徴として挙げられている。経済評論家の國定浩一は「阪神ファンにとって球場での応援は「観戦」ではなく「参戦」である。」と分析しており、ファンの連帯感を象徴する行為として、球場に観戦へ行くファンに対し、友人の阪神ファンが「頼むで」とチームの勝敗の是非を託す光景も見られるという。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た片岡篤史

    2003年(平成15年)6月11日、岐阜長良川球場の対中日戦において阪神が7-2で勝利した後に阪神ファンがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーとみられるものが噴射され、観客53人が目やのどの痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。岐阜北警察署が捜査したが事件は未解決である。この一件に関し(当時の)山田久志中日監督、星野仙一阪神監督、片岡篤史、桧山進次郎、赤星憲広などが暴挙を非難するコメントを出した(詳細は長良川球場を参照)。この一件以降、中日は阪神と地方試合の開催を2013年(平成25年)まで行わず。また、この事件を受けて阪神甲子園球場では乱入防止用のネットが設置されるなど対応に追われた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た関西大学

    2004年(平成16年)と2005年(平成17年)に、関西大学と関西国際大学により全国のプロ野球ファンにアンケート調査が実施された。いずれの調査報告でも、阪神タイガースをもっとも好む球団に選ぶプロ野球ファンが最大で3割と一番多く、読売ジャイアンツがそれに続く結果となった。さらに2005年(平成17年)、阪神タイガースが優勝した直後に大阪府立大学教授の宮本勝浩らがネット調査会社のデータなどを元におこなった調査によれば、日本全土で2,053万人の阪神ファンが存在し、巨人ファンを抜いて両リーグ最多であると推計している。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たロンドン

    2003年(平成15年)8月、阪神がリーグ優勝を目前としていた頃、当時の星野仙一監督も水質汚染などを理由に、ファンに道頓堀川への飛び込みは止めるよう呼びかけていた。この当時、道頓堀川は川の側面に歩道を設ける工事を実施しており、また川自体も大腸菌やヘドロなど環境上の汚染が深刻であるため、橋梁からの飛び込み行為は絶対止めるようにという注意書きの看板が掲げられていた。また、リーグ優勝決定時には警察官を出動させるなど、行政や民間でも対策を行った。それでも阪神がリーグ優勝を決めた9月15日から16日にかけて、のべ5,300人を超えるファンが道頓堀川に飛び込んだ。17日には泥酔した人物が欄干上から落下、溺死体で発見されるという事件が起きた。また、パリのセーヌ川のアルマ橋から川に飛び込んだり、ロンドンのトラファルガー広場で噴水に飛び込んだ現地在住のファンもいた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た大阪府立大学

    2004年(平成16年)と2005年(平成17年)に、関西大学と関西国際大学により全国のプロ野球ファンにアンケート調査が実施された。いずれの調査報告でも、阪神タイガースをもっとも好む球団に選ぶプロ野球ファンが最大で3割と一番多く、読売ジャイアンツがそれに続く結果となった。さらに2005年(平成17年)、阪神タイガースが優勝した直後に大阪府立大学教授の宮本勝浩らがネット調査会社のデータなどを元におこなった調査によれば、日本全土で2,053万人の阪神ファンが存在し、巨人ファンを抜いて両リーグ最多であると推計している。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たジェット風船

    7回の攻撃前(ラッキー7)、および阪神タイガースの勝利確定時に、ジェット風船が一斉に打ち上げられる。ラッキー7の際は、ホームではファンファーレの後に、ビジターでは「六甲おろし」(通常のリーグ戦では応援団の演奏に合わせての合唱であるが、交流戦では前述のCD音源が演奏される)を歌った後に打ち上げられる。ジェット風船の色は特に統一されていない。甲子園球場で一斉に上げられたジェット風船の音が、95dBを超えることもある。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

102件中 31 - 40件表示