102件中 51 - 60件表示
  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たマナー

    現在では、こういった問題行為に対し、甲子園への缶・瓶類持ち込み禁止チェックや立ち見応援の規制呼びかけや、ジェット風船の打ち上げを認めていない球場での禁止徹底といったマナーの向上に、球団側や応援団も努めている。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たファン

    阪神ファン(はんしんファン)とは、日本プロ野球の球団・阪神タイガースを支持・応援するファンのことである。タイガースファンとも言う。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たパリ

    2003年(平成15年)8月、阪神がリーグ優勝を目前としていた頃、当時の星野仙一監督も水質汚染などを理由に、ファンに道頓堀川への飛び込みは止めるよう呼びかけていた。この当時、道頓堀川は川の側面に歩道を設ける工事を実施しており、また川自体も大腸菌やヘドロなど環境上の汚染が深刻であるため、橋梁からの飛び込み行為は絶対止めるようにという注意書きの看板が掲げられていた。また、リーグ優勝決定時には警察官を出動させるなど、行政や民間でも対策を行った。それでも阪神がリーグ優勝を決めた9月15日から16日にかけて、のべ5,300人を超えるファンが道頓堀川に飛び込んだ。17日には泥酔した人物が欄干上から落下、溺死体で発見されるという事件が起きた。また、パリのセーヌ川のアルマ橋から川に飛び込んだり、ロンドンのトラファルガー広場で噴水に飛び込んだ現地在住のファンもいた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たデトロイト・タイガース

    最も一般的とされる。タイガースという球団名は日本のプロ野球以外にも存在する(デトロイト・タイガースなど)が、日本でタイガースファンと言えば通常は阪神タイガースのファンのことをさす。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た阪神甲子園球場

    阪神ファンは、応援の対象である阪神タイガースが兵庫県にある阪神甲子園球場を本拠地にしていることもあり、近畿地方を中心に存在している。近畿地方には大阪府を保護地域とするオリックス・バファローズがあるが、それを圧倒的に上回る人気を得ている。その総数は多く、日本の野球12球団の中でも読売ジャイアンツのファンである巨人ファンと一、二を争う。実際、球場への動員は2005年(平成17年)以降日本一であり、毎年300万人前後をコンスタントに動員している。阪神ファンの特徴として熱狂的な応援がある。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た横浜スタジアム

    かつては横浜スタジアムなどジェット風船の使用が禁止されている球場でも平気で打ち上げる阪神ファンが大半であり、2003年(平成15年)に応援団が打ち上げ禁止を呼びかけ収まった。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たビジター応援席

    1985年(昭和60年)の日本一になるまでの時期や、チームが低迷していた時期(1990年代)は巨人戦以外では空席も目立った甲子園球場であったが、星野監督時代の2003年(平成15年)に18年ぶりの優勝をして以降、レフトスタンドの外野ビジター応援席以外は全て阪神ファンという光景が日常茶飯事になっており、その地鳴りのする応援は他に例を見ない迫力を作り出す。そのため、プロ野球中継の際には高確率で「甲子園は360度全て阪神ファン」のような球場の様子を見聞きすることができる。2011年(平成23年)までは応援団とごく少数のビジターファンを除けば、ビジター応援席ですら阪神ファンばかりということもしばしばあった。これはビジター応援席でのホームチーム応援が東京ドームなどでは固く禁止されているのとは対照的に、甲子園球場においてはビジター応援席での阪神の応援は2011年(平成23年)までは特に禁止されていなかったからである。2012年(平成24年)からは阪神主催試合において、ビジター席における阪神を含む当日の対戦チーム以外の応援は禁止となった。なおビジター応援席は相手球団によってエリアの大きさが異なる。詳細はビジター応援席を参照。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た長良川球場

    2003年(平成15年)6月11日、岐阜長良川球場の対中日戦において阪神が7-2で勝利した後に阪神ファンがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーとみられるものが噴射され、観客53人が目やのどの痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。岐阜北警察署が捜査したが事件は未解決である。この一件に関し(当時の)山田久志中日監督、星野仙一阪神監督、片岡篤史、桧山進次郎、赤星憲広などが暴挙を非難するコメントを出した(詳細は長良川球場を参照)。この一件以降、中日は阪神と地方試合の開催を2013年(平成25年)まで行わず。また、この事件を受けて阪神甲子園球場では乱入防止用のネットが設置されるなど対応に追われた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た阪神タイガースの歌

    「我等ぞ阪神タイガース」と「阪神タイガースの歌」(いわゆる六甲颪)の歌詞にもあるように、阪神ファンは阪神タイガースに対し強い一体感を持っている。巨人の元エースで阪神のコーチを務めた西本聖は、「巨人ファンにとって巨人は趣味の一つ。阪神ファンにとって阪神は生活の一部」と評している。前述のアンケート調査からも、阪神ファンは球団に対する愛着や、ファン同士の連帯感が強いことが判明している。また、阪神タイガースが弱い時でも、球団を温かく見守るファン心理も特徴として挙げられている。経済評論家の國定浩一は「阪神ファンにとって球場での応援は「観戦」ではなく「参戦」である。」と分析しており、ファンの連帯感を象徴する行為として、球場に観戦へ行くファンに対し、友人の阪神ファンが「頼むで」とチームの勝敗の是非を託す光景も見られるという。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た中虎連合会

    その日の試合に勝利すると、球場の周りに阪神ファンが集まり笛やメガホンを打ち鳴らしながら中虎連合会の時代の応援歌(掛布雅之、和田豊、ジョージ・アリアス、金本知憲ら人気選手が中心)・チャンステーマと現在(中虎連合会が完全に解散した平成17年度以降)の応援歌・チャンステーマを大合唱するという光景が見られるときがある。これをファンは2次会と呼んでいる。ホームゲームでの勝利の時は、試合後内野席・アルプス席にいるファンがジェット風船を飛ばし、その後選手が直々に応援御礼という意味で整列し、選手が挨拶して締めくくる。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「阪神ファン情報」のニューストピックワード