104件中 71 - 80件表示
  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た兵庫県警察

    1973年(昭和48年)10月22日甲子園での対巨人最終戦。勝った方が優勝という試合で、阪神が0-9と大敗。不甲斐ない試合に激高したファンがグラウンドになだれ込み手当たり次第に巨人の選手らに暴行を働いたり、テレビ局の機材を徹底的に破壊したりする事件が発生。これにより再び川上監督のグラウンドでの胴上げは中止となり、兵庫県警察の機動隊員が出動する騒ぎとなった。(詳細は世紀の落球とV9を参照)阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た延長戦

    9回(表・裏とも)、またはビジター(裏のみ)においての延長戦のそれぞれで阪神がリードして決着が付く可能性がある回の守備で2アウトの際には、「あと一人」コールが連呼される。2アウト2ストライクに達すると、コールが「あと一球」に変わる。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た催涙スプレー

    2003年(平成15年)6月11日、岐阜長良川球場の対中日戦において、阪神が7-2で勝利した後に阪神ファンがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーと見られるものが噴射され、観客53人が目や喉の痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。岐阜北警察署が捜査したが事件は未解決である。この一件に関し山田久志(当時中日監督)、星野仙一(当時阪神監督)、片岡篤史、桧山進次郎、赤星憲広などが暴挙を非難するコメントを出した(詳細は長良川球場を参照)。この一件以降、中日は阪神と地方試合の開催を2013年(平成25年)まで行わず。また、この事件を受けて阪神甲子園球場では乱入防止用のネットが設置されるなど対応に追われた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たアルマ橋

    阪神が首位を独走していた2003年(平成15年)7月には当時の大阪府知事太田房江が「マジックを順調に減らしている阪神と今回の清掃が無関係とは言わないが、大阪への注目度を上げるためきれいにしたい」と話し「飛び込み奨励ではない」とくぎを刺した上で、ボートの上から網で水面のごみをすくうなど大阪市と合同の河川愛護キャンペーンの一環として道頓堀川を清掃、その発言や清掃の様子が、翌日の一般紙やスポーツ紙に掲載された。同時期、当時の星野仙一監督も水質汚染などを理由にファンに道頓堀川への飛び込みは止めるよう呼びかけていた。この当時、道頓堀川は川の側面に歩道を設ける工事を実施しており、また川自体も大腸菌やヘドロなど環境上の汚染が深刻であるため、橋梁からの飛び込み行為は絶対止めるようにという注意書きの看板が掲げられていた。また、リーグ優勝決定時には警察官を出動させるなど、行政や民間でも対策を行った。それでも阪神がリーグ優勝を決めた9月15日から16日にかけて、延べ5,300人を超えるファンが道頓堀川に飛び込んだ。17日には泥酔した人物が欄干上から落下、溺死体で発見されるという事件が起きた。また、パリのセーヌ川のアルマ橋から川に飛び込んだり、ロンドンのトラファルガー広場で噴水に飛び込んだ現地在住のファンもいた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た飛球

    1992年(平成4年)9月11日の対ヤクルトスワローズ戦(甲子園)で、阪神の打者八木裕が岡林洋一から放ったレフト方向への大飛球は一度本塁打と判定されたが、「フェンスに当たって中に入った」という当時ヤクルト監督の野村克也の抗議によりエンタイトル二塁打に覆されたことを不服とした阪神ファン数人がグラウンド内に乱入し、逮捕者が出る事態へと発展した。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た著作権法

    2010年(平成22年)現在、「阪神タイガース応援団」が阪神タイガースの中で鳴り物応援を行う唯一の応援団である。2003年(平成15年)からは、球団公式ファンクラブも設立されている。以前は阪神タイガース応援団の前身の「阪神タイガース私設応援団」の他に「中虎連合会」という団体とレフトスタンドの応援団の守虎連合会で全体の応援を統率していたが、2004年(平成16年)に中虎連合会の幹部がヒッティングマーチに関する著作権法違反容疑で逮捕されたり、2005年(平成17年)には守虎連合会の会長が暴行容疑で逮捕などで、一団体のみという状況になった。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見たラッキーセブン

    7回の攻撃前(ラッキー7)、および阪神タイガースの勝利確定時に、ジェット風船が一斉に打ち上げられる。ラッキー7の際は、ホームではファンファーレの後に、ビジターでは「六甲おろし」(通常のリーグ戦では応援団の演奏に合わせての合唱であるが、交流戦では前述のCD音源が演奏される)を歌った後に打ち上げられる(しかしオリックス主催の京セラドームでの試合ではビジターにもかかわらず何故か阪神ラッキー7時にはホームでのファンファーレが流れてジェット風船を飛ばす)。ジェット風船の色は特に統一されていない。甲子園球場で一斉に上げられたジェット風船の音が、95dBを超えることもある。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た唐辛子

    2003年(平成15年)6月11日、岐阜長良川球場の対中日戦において、阪神が7-2で勝利した後に阪神ファンがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーと見られるものが噴射され、観客53人が目や喉の痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。岐阜北警察署が捜査したが事件は未解決である。この一件に関し山田久志(当時中日監督)、星野仙一(当時阪神監督)、片岡篤史、桧山進次郎、赤星憲広などが暴挙を非難するコメントを出した(詳細は長良川球場を参照)。この一件以降、中日は阪神と地方試合の開催を2013年(平成25年)まで行わず。また、この事件を受けて阪神甲子園球場では乱入防止用のネットが設置されるなど対応に追われた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    阪神ファンの甲子園球場での応援は他球団の応援よりも熱狂的である。例えば、上原浩治は2006年(平成18年)に行われたWBCの際、韓国側の熱狂的な応援について質問されると「甲子園の応援の方が揺れてすごい」と答え、また翌2007年(平成19年)北京オリンピックアジア最終予選後チャイニーズ・タイペイ戦での完全アウェーの応援について聞かれても「甲子園の阪神巨人戦が世界一」と語っている。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た西宮市

    阪神ファンは、応援の対象である阪神タイガースが兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場を本拠地にしていることもあり、近畿地方を中心に全国に存在している。近畿地方には大阪府を保護地域とするオリックス・バファローズがあるが、それを圧倒的に上回る人気を得ている。その総数は多く、日本の野球12球団の中でも読売ジャイアンツのファンである巨人ファンと一、二を争う。実際、球場への動員は2005年(平成17年)以降日本一であり、毎年300万人前後をコンスタントに動員している。阪神ファンの特徴として熱狂的な応援がある。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

104件中 71 - 80件表示

「阪神ファン情報」のニューストピックワード