阪神間のできごと ニュース&Wiki etc.

阪神間モダニズム(はんしんかんモダニズム)とは、1900年代から1930年代にかけて、六甲山系と海に囲まれた理想的な地形を有する阪神間(兵庫県神戸市中央区・灘区・東灘区、芦屋市、西宮市、宝塚市、伊丹市、尼崎市、三田市、川西市)を中心とする地域にはぐくまれた、近代的な芸術・文化・生活様式とその時代状況を指す。スプロール(都… (出典:Wikipedia)

「阪神間のできごと」最新ニュース

「阪神間のできごと」Q&A

  • Q&A

    【500枚】プロ野球5試合で7月1日(水)の合計ホームラン数は? . 締切時刻は明日…

    [続きを読む]

    回答数:9質問日時 - 2015年6月30日 14:00

  • Q&A

    神は残酷か?、秀思學は戦争も天災も神が起こしていることをTPOを通じて訴えております…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2013年4月28日 07:11

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「阪神間モダニズム」のつながり調べ

  • 女性 (雑誌)

    女性 (雑誌)から見た阪神間モダニズム

    『女性』(じょせい)は、かつて存在した日本の月刊誌である。大阪の中山太一率いる「クラブ化粧品」の中山太陽堂(現クラブコスメチックス)傘下の出版社「プラトン社」が、大正末年に発行、「阪神間モダニズム」の勃興に寄与したことで知られる。(女性 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 芦屋駅 (JR西日本)

    芦屋駅 (JR西日本)から見た阪神間モダニズム

    高級住宅地として名高い芦屋市の中心で、駅ビルには大丸芦屋店がある。阪神間の都市の多くと同じく、他社の同名の駅とは離れている。西宮市・尼崎市・伊丹市などでは他社の駅の方が市の中心市街地を形成するが、芦屋市においては当JR駅が市の中心部に当たる。しかし、駅前から一歩奥に入ればすぐに震災後少なくなったとはいえ豪壮な邸宅、ステンドグラス窓の洋館など、谷崎潤一郎の作品「細雪」の世界さながらのお屋敷街が存在する。(芦屋駅 (JR西日本) フレッシュアイペディアより)

「阪神間モダニズム」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「阪神間のできごと」のニューストピックワード