阪神間のできごと ニュース&Wiki etc.

阪神間モダニズム(はんしんかんモダニズム)とは、明治時代に形成された帝塚山をモデルに開発された地区である。1900年代から1930年代の日本において、六甲山系と海に囲まれた理想的な地形を有する阪神間(兵庫県神戸市中央区・灘区・東灘区、芦屋市、西宮市、宝塚市、伊丹市、尼崎市、三田市、川西市)を中心とする地域に育まれた、近代… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「阪神間モダニズム」のつながり調べ

  • 深江文化村

    深江文化村から見た阪神間モダニズム

    明治後期から昭和初期までの阪神間モダニズムとよばれた時代、阪神間は富裕層の別荘地であった。大正後期、理想とする住環境を創造するために資産家と医師、建築家吉村清太郎(元ヴォーリズ事務所)らが手を組んで芦屋川西岸に建設した西洋館街が後に深江文化村と称されるようになった。(深江文化村 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た阪神間モダニズム

    1919年7月に東京高等工業学校(現・東京工業大学)の田中三郎ら学生4人が、アート紙4ページ、毎月1日、11日、21日発行の外国映画専門誌として発刊。1923年9月に発生した関東大震災により社屋が壊滅したが、兵庫県芦屋市や西宮市香櫨園などの阪神間に編集拠点を移して刊行を続けた。このため出版業を通じて阪神間モダニズムの一翼を担うことになる。(キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

「阪神間モダニズム」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「阪神間のできごと」のニューストピックワード