前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • 芦屋市

    芦屋市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    国際観光文化都市に指定されている。兵庫県内において、摂津国であった阪神間の神戸市寄りに位置し、固有の阪神間モダニズム文化に育まれた瀟洒な街並を擁する。市内北部、平田町や松浜町といった中部は高級住宅地として名高く、市内南部は谷崎潤一郎の小説『細雪』の舞台になったことでも知られる。北に六甲山地、南に大阪湾を臨んだ豊かな自然と、南に緩やかに傾斜する地形は、美しい景観と温暖な気候を形成する。芦屋市 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮市

    西宮市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神間モダニズム文化圏の中央に位置し、近畿では大阪市の帝塚山とともに有数の高級住宅街である。特に、西宮七園と呼ばれる地域をはじめ、阪急電鉄沿線には財界人、文化人、プロ野球選手、指導者、評論家などの邸宅が多く建ち並んでいる。また大学、短大が十以上存在する。1995年の阪神・淡路大震災では大きな被害が出たが、中南部の阪急西宮北口駅周辺など市内各地で復興事業・再開発事業が進んでいる。西宮市 フレッシュアイペディアより)

  • 文化住宅

    文化住宅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    昭和時代に入って「文化住宅」という名称で一定のパターンができあがった。住宅本体はこれまで同様の和風住宅であるが、玄関脇に洋風デザインの応接間が造られる、といったものである。阪神間や東京近郊地帯(世田谷、杉並など)の宅地開発とともに数多くの文化住宅が造られた。愛知万博で人気を得た「サツキとメイの家」(となりのトトロ)も文化住宅風である。文化住宅 フレッシュアイペディアより)

  • 甲東園駅

    甲東園駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神・淡路大震災の際に被災し、その後改修された。周辺施設に合わせて、阪神間モダニズムを意識した駅舎デザインを採用している。甲東園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪神

    京阪神から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治時代は幕末の開国により外国人居留地がおかれた神戸が国際貿易港として発展し、同じく川口居留地がおかれた大阪、そして京都も次第に都市の近代化が進んでいった。「天下の台所」と呼ばれた経済都市の大阪は健在であったが、江戸期以来参勤交代で富裕層の集住に成功して大消費地となった江戸が、東京府となって中央集権体制を確立し、税と外貿で富を更に集めるようになった。しかし1894年に勃発した日清戦争を契機に、大阪は「東洋のマンチェスター」と呼ばれる日本最大の商工業都市に発展し、神戸は東洋最大の港湾都市へ飛躍するなど、再び日本における文化・経済の中心地となった(阪神間モダニズムも参照)。さらに1923年の関東大震災後には関東からの移住者が多数あり、文化・経済の更なる興隆を見た。京阪神 フレッシュアイペディアより)

  • 関東大震災

    関東大震災から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    なおこの震災により東京市から郊外に移り住む者も多く、「天災によるドーナツ化現象」が発生した(参照)。40年近く後の高度経済成長期に三大都市圏の中心となる大阪府や愛知県等に移住する者も多くみられ、特に大阪市は東京市を超え、世界第6位の人口を擁する都市に躍進した。阪神間では阪神間モダニズム後期の大大阪時代を迎え、六大都市の序列に影響を与えた。また東京市電の機能不全を肩代わりさせるため東京市がT型フォードを約800台輸入してバス事業を開始(円太郎バス)。すると、全国にバス事業が広まるとともに、輸入トラックを利用した貨物輸送も始まって、旅客および物流におけるモータリゼーションが到来した。電話の自動交換機も普及した。関東大震災 フレッシュアイペディアより)

  • 千里山

    千里山から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    千里丘陵の別名のように用いられる場合もあるが、地域としての千里山は千里丘陵の南部に当たる。大正中期より阪神間モダニズムの影響を受け開発された高級住宅地の千里山住宅地(千里ニュータウンとは別)や、関西大学千里山キャンパスの所在地で知られる。千里山 フレッシュアイペディアより)

  • 女性 (雑誌)

    女性 (雑誌)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    『女性』(じょせい)は、かつて存在した日本の月刊誌である。大阪の中山太一率いる「クラブ化粧品」の中山太陽堂(現クラブコスメチックス)傘下の出版社「プラトン社」が、大正末年に発行、「阪神間モダニズム」の勃興に寄与したことで知られる。女性 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 阪神121形電車

    阪神121形電車から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    武庫川の支流であった枝川、申川の廃川敷を開発した甲子園は、住宅地をはじめ阪神甲子園球場や阪神パークなど、阪神が力を入れて開発に取り組んだ地域であるとともに、当時は遠浅の海岸で阪神間でも有名な海水浴場であったほか、西宮七園のひとつとして阪神間モダニズムの主要な舞台でもあった。その甲子園を南北に貫く形で建設された甲子園線は、住宅地と鉄道駅を結ぶ路線であるとともに、シティリゾートへの観光客を運ぶ路線でもあった。1936年に阪神パークと中津浜、六甲山植物園の3ヶ所を会場とした「輝く日本博覧会」が開催された際、博覧会のPRと納涼観光を目的とした電車を登場させることとなり、手持ち資材を有効活用して121形を製造した。阪神121形電車 フレッシュアイペディアより)

  • プラトン社

    プラトン社から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    小山内薫が会社の運営に関与し、『女性』の編集を担当、『苦楽』の編集に直木三十五(当時「直木三十二」)、川口松太郎らが携わっていた。また単行本も月1冊程度のペースで刊行。両誌と単行本に山六郎、山名文夫、岩田専太郎らを起用した華麗なデザインは一世を風靡し、いわゆる大正モダニズム、阪神間モダニズムの勃興に多大な影響を与えたとされる。おもな執筆者は、泉鏡花、大佛次郎、谷崎潤一郎、武者小路実篤、与謝野晶子ら、非常勤編集者に藤澤清造がいた。プラトン社 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「阪神間のできごと」のニューストピックワード