前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示
  • 西宮市

    西宮市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神間モダニズム文化圏の中央に位置し、周囲の各市とともに日本有数の高級住宅街として名高い。特に、西宮七園と呼ばれる地域をはじめ、阪急電鉄沿線には財界人、文化人などの邸宅が多く建ち並んでいる。また大学、短大が十以上存在する文教都市でもある。1995年の阪神・淡路大震災では大きな被害が出たが、中南部の阪急西宮北口駅周辺など市内各地で復興事業・再開発事業が進んでおり、阪神間の新たな核として発展することが期待されている。2006年6月12日には推計人口が47万人を超えた。西宮市 フレッシュアイペディアより)

  • 芦屋市

    芦屋市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    国際観光文化都市に指定されている。兵庫県内において、阪神間の神戸市寄りに位置し、固有の阪神間モダニズム文化に育まれた瀟洒な街並を擁する。市内北部は高級住宅地として名高く、市内南部は谷崎潤一郎の小説『細雪』の舞台になったことでも知られる。北に六甲山地、南に大阪湾を臨んだ豊かな自然と、南に緩やかに傾斜する地形は、美しい景観と温暖な気候を形成する。芦屋市 フレッシュアイペディアより)

  • 高級住宅街

    高級住宅街から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    宝塚市には川面・御殿山、月見山、仁川高台/高丸・中州・雲雀丘などの邸宅街がある。以上の地区は阪神間モダニズムの発祥の地と重なる。高級住宅街 フレッシュアイペディアより)

  • 文化住宅

    文化住宅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    昭和時代に入って「文化住宅」という名称で一定のパターンができあがった。住宅本体はこれまで同様の和風住宅であるが、玄関脇に洋風デザインの応接間が造られる、といったものである。阪神間や東京近郊地帯(世田谷、杉並など)の宅地開発とともに数多くの文化住宅が造られた。愛知万博(となりのトトロ)で人気を得た「サツキとメイの家」も文化住宅風である。文化住宅 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪神

    京阪神から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治時代は幕末の開国により外国人居留地がおかれた神戸が国際貿易港として発展し、同じく川口居留地がおかれた大阪、そして京都も次第に都市の近代化が進んでいった。「天下の台所」と呼ばれた経済都市の大阪は健在であったが、江戸期以来参勤交代で富裕層の集住に成功して大消費地となった江戸が、東京となって中央集権体制を確立し、税と外貿で富を更に集めるようになった。しかし明治27年に勃発した日清戦争を契機に、大阪は「東洋のマンチェスター」と呼ばれる日本最大の商工業都市に発展し、神戸は東洋最大の港湾都市へ飛躍するなど、再び日本における文化・経済の中心地となった(阪神間モダニズムも参照)。さらに大正12年の関東大震災後には関東からの移住者が多数あり、文化・経済の更なる興隆を見た。京阪神 フレッシュアイペディアより)

  • 中山豊三

    中山豊三から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    中山 豊三(なかやま とよぞう)は、日本の実業家、雑誌編集者である。中山太陽堂副社長、「阪神間モダニズム」として謳われる大阪の出版社プラトン社社主、太陽製薬株式会社創業社長として知られる。中山豊三 フレッシュアイペディアより)

  • クラブコスメチックス

    クラブコスメチックスから見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1922年(大正11年)、小山内薫を顧問に迎え、化粧品宣伝のためのハウスオーガン(PR誌)を編集発行するために広告社・出版社「プラトン社」を併設し、中山は実弟の豊三にその経営を任せた。アール・デコ調のデザインと豪華な執筆陣で知られる女性文芸誌『女性』を同年創刊、翌1923年(大正12年)の暮れには、文芸雑誌『苦楽』を創刊した。これらの雑誌はPR誌の域を超えた総合文芸誌となり、「阪神間モダニズム」と呼ばれる文化を生み出した。1925年(大正14年)11月末、東京の大日本雄辯會講談社(現講談社)が大衆娯楽雑誌『キング』を創刊(大正15年1月1日付発行)、大いに争った。1928年(昭和3年)にはプラトン社は廃業した。クラブコスメチックス フレッシュアイペディアより)

  • 阪神急行電鉄

    阪神急行電鉄から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    そして宝塚線の開業時と同様、沿線開発も進められた。六甲山開発、小林の人的コネクションによる学校誘致(梅田方向と逆へ向かう乗客流動の確保を目的とした)などのほか、住宅地開発には特に力が入れられた。住宅開発には、この頃になると阪急本体のみならず様々な民間業者も参入するようになっており、その結果六甲山麓や西宮七園に代表されるような高級住宅街が形成され、さらには阪神間モダニズムと呼ばれるような独自の文化生活圏も構築している。阪神急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和モダン

    昭和モダンから見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    前述の鉄道沿線開発では阪急電鉄の小林一三、東武鉄道の根津嘉一郎の近代田園都市建設は名高い。宝塚大劇場や甲子園球場が開場したのはこの頃である(阪神間モダニズム)。昭和モダン フレッシュアイペディアより)

  • 古塚正治

    古塚正治から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神間モダニズムを代表する建築家の一人。古塚正治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示

「阪神間のできごと」のニューストピックワード