69件中 11 - 20件表示
  • 西宮七園

    西宮七園から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    現在では、財界人や文化人の邸宅が多く建ち並ぶ閑静な高級邸宅街の代名詞となっており、阪神間モダニズム文化圏を代表するブランド住宅街を形成している。特に、阪急電鉄沿線北側の界隈(甲風園、甲東園、甲陽園、苦楽園)は山手に位置しており、高い人気を集めている。加えて、苦楽園、甲陽園、甲子園にかかるエリアの一部には最低敷地面積等が規定された市指定建築協定が存在しており、豪邸が軒を連ねるエリアとなっている。1西宮七園 フレッシュアイペディアより)

  • 志染町

    志染町から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    三木サティをはじめとする多くの店舗があり、都市機能は充実しているといえる。また、近年では兵庫県を事業主体とする三木総合防災公園・ひょうご情報公園都市の整備が進められている。一方、豊かな自然が残っているほか、伽耶院・御坂サイフォン橋・志染の石室(窟屋の金水)・千体地蔵などの観光名所や、阪神間モダニズムの影響を受け設計され、名門と謳われる廣野ゴルフ倶楽部がある。また、神戸市との境にある呑吐ダムは、灌漑や上水道の供給源として利用されている。志染町 フレッシュアイペディアより)

  • 住吉川 (兵庫県)

    住吉川 (兵庫県)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    倚松庵をはじめ両岸には大規模な邸宅が多く、旧住吉村の流れを受け継ぐ阪神間モダニズムの住宅地の一角をなす。住吉川 (兵庫県) フレッシュアイペディアより)

  • 阪神急行電鉄

    阪神急行電鉄から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    そして宝塚線の開業時と同様、沿線開発も進められた。六甲山開発、小林の人的コネクションによる学校誘致(梅田方向と逆へ向かう乗客流動の確保を目的とした)などのほか、住宅地開発には特に力が入れられた。住宅開発には、この頃になると阪急本体のみならず様々な民間業者も参入するようになっており、その結果六甲山麓や西宮七園に代表されるような高級住宅街が形成され、さらには阪神間モダニズムと呼ばれるような独自の文化生活圏も構築している。阪神急行電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 闘牛 (小説)

    闘牛 (小説)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    主な舞台は阪神間と呼ばれる兵庫県西宮市近辺で、戦後間もない頃の阪神間モダニズムも知ることができる作品である。闘牛 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 古塚正治

    古塚正治から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神間モダニズムを代表する建築家の一人。古塚正治 フレッシュアイペディアより)

  • クラブコスメチックス

    クラブコスメチックスから見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1922年(大正11年)、小山内薫を顧問に迎え、化粧品宣伝のためのハウスオーガン(PR誌)を編集発行するために広告社・出版社「プラトン社」を併設し、中山の実弟中山豊三がその経営に当たった。アール・デコ調の装丁で豪華な執筆陣を抱えた女性文芸誌『女性』を同年創刊、翌1923年(大正12年)の暮れには、文芸雑誌『苦楽』を創刊した。これらの雑誌はPR誌の域を超えた総合文芸誌となって阪神間モダニズムと呼ばれる文化を生み出し、1925年(大正14年)11月末に東京の大日本雄辯會講談社(現講談社)が創刊した大衆娯楽雑誌『キング』(大正15年1月1日付発行)と大いに争ったが、1928年(昭和3年)にプラトン社は廃業した。1924年(大正13年)には創業20周年を記念し、大阪の堂島ビルヂングと東京の丸の内ビルディング内に中山文化研究所を設立した。クラブコスメチックス フレッシュアイペディアより)

  • 播半

    播半から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    甲陽園にかつて存在した播半(はり半)は阪神間モダニズム時代の1927年(昭和2年)に建設されたが、2005年(平成17年)閉店。跡地は日本エスリードによる分譲マンション「エスリード西宮甲陽園」となっている。播半 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸コレクション

    神戸コレクションから見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    神戸のアパレル業の知名度の高さや阪神間の良家子女に見られたファッションスタイル(阪神間モダニズム・神戸系ファッションを参照)が女性誌(ファッション雑誌)によく紹介され、独特のファッションとして認識されている背景が、イベント発展の一助となっている。神戸コレクション フレッシュアイペディアより)

  • 旧辰馬喜十郎住宅

    旧辰馬喜十郎住宅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治中期ごろから、阪神間では近代的な芸術・文化・生活様式が育まれ、阪神間モダニズムが形成されたが、その過程で灘の酒造家をはじめてとする、阪神間の実業家が、この地域に与えた影響は大きく、洋館建の邸宅や酒造工場、酒蔵を残した他、美術館・博物館・学校を創設するなど地域文化に大きな貢献を果たした。この邸宅は辰馬財閥・辰馬本家の分家である、南辰馬家当主、辰馬喜十郎(十代目当主・辰馬吉左衛門の四男)が自邸を新築するにあたって、日本人大工、山下某に神戸旧居留地の英国領事館を模すように命じたと伝わる明治21年築の擬洋風建築である。木造総2階建の母屋(外壁2面は煉瓦積)と木造平屋建の附属屋で構成される。列柱を配したベランダや両開き鎧戸など北野町異人館群と同様のコロニアルスタイル建築の特徴を有す。旧辰馬喜十郎住宅 フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「阪神間のできごと」のニューストピックワード