74件中 11 - 20件表示
  • プラトン社

    プラトン社から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    小山内薫が会社の運営に関与し、『女性』の編集を担当、『苦楽』の編集に直木三十五(当時「直木三十二」)、川口松太郎らが携わっていた。また単行本も月1冊程度のペースで刊行。両誌と単行本に山六郎、山名文夫、岩田専太郎らを起用した華麗なデザインは一世を風靡し、いわゆる大正モダニズム、阪神間モダニズムの勃興に多大な影響を与えたとされる。おもな執筆者は、泉鏡花、大佛次郎、谷崎潤一郎、武者小路実篤、与謝野晶子ら、非常勤編集者に藤澤清造がいた。プラトン社 フレッシュアイペディアより)

  • 女性 (雑誌)

    女性 (雑誌)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    『女性』(じょせい)は、かつて存在した日本の月刊誌である。大阪の中山太一率いる「クラブ化粧品」の中山太陽堂(現クラブコスメチックス)傘下の出版社「プラトン社」が、大正末年に発行、「阪神間モダニズム」の勃興に寄与したことで知られる。女性 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 闘牛 (小説)

    闘牛 (小説)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    『文學界』1949年12月号初出。社運を賭けた闘牛大会の実現に奔走する新聞編集局長の情熱と、その行動の裏側に潜む人生に賭けきれない知識人の孤独な心模様や戦後の日本社会に漂っている悲哀を、敗戦直後の混乱した世相の中に描き出した作品。戦後を代表するイベントプロモーター・小谷正一が西宮球場で仕掛けた闘牛大会をモデルとしている。主な舞台は阪神間と呼ばれる兵庫県西宮市近辺で、戦後間もない頃の阪神間モダニズムも知ることができる作品である闘牛 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 旧辰馬喜十郎住宅

    旧辰馬喜十郎住宅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治中期ごろから、阪神間では近代的な芸術・文化・生活様式が育まれ、阪神間モダニズムが形成されたが、その過程で灘の酒造家をはじめてとする、阪神間の実業家が、この地域に与えた影響は大きく、洋館建の邸宅や酒造工場、酒蔵を残した他、美術館・博物館・学校を創設するなど地域文化に大きな貢献を果たした。この邸宅は辰馬財閥・辰馬本家の分家である、南辰馬家当主、辰馬喜十郎(十代目当主・辰馬吉左衛門の四男)が自邸を新築するにあたって、日本人大工、山下某に神戸旧居留地の英国領事館を模すように命じたと伝わる明治21年築の擬洋風建築である。木造総2階建の母屋(外壁2面は煉瓦積)と木造平屋建の附属屋で構成される。列柱を配したベランダや両開き鎧戸など北野町異人館群と同様のコロニアルスタイル建築の特徴を有す。旧辰馬喜十郎住宅 フレッシュアイペディアより)

  • 河内山本駅

    河内山本駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    駅の南側に玉串川に沿った地域は河内地方屈指の高級住宅街になっていて、阪神間の飛び地のような雰囲気を持っている。河内山本駅 フレッシュアイペディアより)

  • 尼崎市立大庄公民館

    尼崎市立大庄公民館から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神間モダニズムを代表する建築家である村野藤吾の設計による。1937年(昭和12年)の完成当時は、大庄村の村役場として建設された。その作風の特徴は、役場の水路に沿った敷地の形状にあわせ、西側面をR状の不整形とする平面構成や、塔屋などの幾つかの箇所に配置された猛禽類や植物などの装飾、褐色のタイルを用いた外壁と肌色の窓枠の外観などに見られる。尼崎市立大庄公民館 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神121形電車

    阪神121形電車から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    武庫川の支流であった枝川、申川の廃川敷を開発した甲子園は、住宅地をはじめ阪神甲子園球場や阪神パークなど、阪神が力を入れて開発に取り組んだ地域であるとともに、当時は遠浅の海岸で阪神間でも有名な海水浴場であったほか、西宮七園のひとつとして阪神間モダニズムの主要な舞台でもあった。その甲子園を南北に貫く形で建設された甲子園線は、住宅地と鉄道駅を結ぶ路線であるとともに、シティリゾートへの観光客を運ぶ路線でもあった。1936年に阪神パークと中津浜、六甲山植物園の3ヶ所を会場とした「輝く日本博覧会」が開催された際、博覧会のPRと納涼観光を目的とした電車を登場させることとなり、手持ち資材を有効活用して121形を製造した。阪神121形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神851形電車

    阪神851形電車から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神851形電車(はんしん851がたでんしゃ)は、かつて阪神電気鉄道が保有していた鉄道車両で、続いて製造された861形・881形の各形式ともども新設軌道線の急行系統を中心に運用され、特徴ある貫通扉のデザインをはじめ阪神間モダニズムの影響を大きく受けた内外装を持って登場した、昭和戦前期の阪神及び関西私鉄を代表する車両のひとつである。本項目では861,881の各形式についても併せて紹介する。阪神851形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 猟銃 (小説)

    猟銃 (小説)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    作品で描かれている時代は戦前から戦後にかけてで、主な舞台は阪神間と呼ばれる兵庫県芦屋市、西宮市、神戸市近辺で、戦前の阪神間モダニズムも知ることができる作品である。猟銃 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • イオンモール神戸北

    イオンモール神戸北から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    山林開発でできた広大な敷地からなる郊外型大型SCで、商圏は兵庫県神戸市、阪神、東播及び丹波地域が中心であるが、尚、駐車場は無料開放されている。イオンモール神戸北 フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示