69件中 21 - 30件表示
  • 大阪弁

    大阪弁から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治以後、中等・高等教育の普及による標準語化(船場言葉の使用層は裕福な家庭が多く、教育熱が高かった)や阪神間の別荘・宅地開発(帝塚山がモデル)に伴う船場商人の職住分離化(阪神間モダニズム)で船場言葉は変質していった。その後、大阪大空襲や戦後の混乱による旧来住人の離散や高度経済成長による商習慣の変化などが原因となって船場言葉は急速に衰退し、今では上方落語の古典落語などで耳にする他は、限られた高齢者にしか船場言葉は残っていない。船場言葉を守り伝えようとする動きもあり、例えば1983年に結成された「なにわことばのつどい」では約200人の会員が活動している。大阪弁 フレッシュアイペディアより)

  • 猟銃 (小説)

    猟銃 (小説)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    作品で描かれている時代は戦前から戦後にかけてで、主な舞台は阪神間と呼ばれる兵庫県芦屋市、西宮市、神戸市近辺で、戦前の阪神間モダニズムも知ることができる作品である。猟銃 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 中山太一

    中山太一から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1922年(大正11年)、中山太陽堂の顧問に自由劇場、松竹蒲田撮影所前所長の小山内薫を迎え、出版社「プラトン社」を設立した。弟・豊三を社長に据え、このころ図案家として中山太陽堂に入社していた山六郎を出向させ、小山内を編集長に、同年5月、雑誌『女性』、1923年(大正14年)12月に『苦楽』の2誌を創刊した。同社は直木三十五、川口松太郎といった文人、山のほかに山名文夫、岩田専太郎、竹中英太郎といったイラストレーター、グラフィックデザイナーを育て、阪神間モダニズムの勃興に多大な影響を与えた。1928年(昭和3年)に6年間をもって廃業した。中山太一 フレッシュアイペディアより)

  • 中山豊三

    中山豊三から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    中山 豊三(なかやま とよぞう)は、日本の実業家、雑誌編集者である。中山太陽堂副社長、「阪神間モダニズム」として謳われる大阪の出版社プラトン社社主、太陽製薬株式会社創業社長として知られる。中山豊三 フレッシュアイペディアより)

  • 深江文化村

    深江文化村から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治後期から昭和初期までの阪神間モダニズムとよばれた時代、阪神間は富裕層の別荘地であった。大正後期、理想とする住環境を創造するために資産家と医師、建築家吉村清太郎(元ヴォーリズ事務所)らが手を組んで芦屋川西岸に建設した西洋館街が後に深江文化村と称されるようになった。深江文化村 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷眞次郎

    長谷眞次郎から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    長谷 眞次郎(はせ しんじろう、1916年7月25日 - 1963年2月4日)は、日本の洋画家。昭和初期から60年代にかけて関西で活躍した。活動の中心は関西、京都、阪神間。阪神間モダニズムの晩期に画壇に登場し、具体美術直前までの時期。作品を時系列に追うと当時の美術界のムーブメントの軌跡を見ることができる。長谷眞次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 本庄 (神戸市)

    本庄 (神戸市)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神電鉄の開通により本庄村も宅地化が進み阪神間モダニズムを担った。本庄 (神戸市) フレッシュアイペディアより)

  • 尼崎市立大庄公民館

    尼崎市立大庄公民館から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神間モダニズムを代表する建築家である、村野藤吾の設計による。その作風から、以下の点などに特徴が見られる。尼崎市立大庄公民館 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県

    兵庫県から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1905年(明治38年) - 阪神電気鉄道が神戸(三宮)〜大阪(出入橋)で開業。阪神間モダニズムの時代。(1940年(昭和15年)まで)兵庫県 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸女学院大学

    神戸女学院大学から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    キャンパスは創立以来長く神戸市にあったが、1933年(昭和8年)、摂津尼崎藩主桜井家(旧・桜井松平家)が所有していた西宮市岡田山にキャンパスを移転した。近隣の関西学院大学や聖和大学(現・関西学院大学教育学部)と同じウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計によるスパニッシュ・ミッション・スタイル(南地中海様式)の優美な校舎は、淡いクリーム色の外壁と赤銅色の瓦が特徴的。また、国土交通省近畿地方整備局は神戸女学院大学キャンパスを阪神間モダニズムにおけるヴォーリス設計事務所代表作として紹介している。講堂・総務館・チャペル、図書館、文学館、理学館、音楽学部一号館は、2009年11月2日にまず国の登録有形文化財に登録され、引き続き2014年5月16日の文化審議会の答申により、それまで登録有形文化財に登録されていなかった建物を含め、中高部を含めた現存するヴォーリズ建築12棟が「重要文化財・神戸女学院」の名称で一括して重要文化財に指定されることが決まり、同年8月18日の官報で正式に指定された。神戸女学院大学 フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「阪神間のできごと」のニューストピックワード