69件中 31 - 40件表示
  • 阪神851形電車

    阪神851形電車から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神851形電車(はんしん851がたでんしゃ)は、かつて阪神電気鉄道が保有していた鉄道車両で、続いて製造された861形・881形の各形式ともども新設軌道線の急行系統を中心に運用され、特徴ある貫通扉のデザインをはじめ阪神間モダニズムの影響を大きく受けた内外装を持って登場した、昭和戦前期の阪神及び関西私鉄を代表する車両のひとつである。本項目では861,881の各形式についても併せて紹介する。阪神851形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 芦屋駅 (JR西日本)

    芦屋駅 (JR西日本)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    高級住宅地として名高い芦屋市の中心で、駅ビルには大丸芦屋店がある。阪神間の都市の多くと同じく、並行私鉄の同名の駅とは離れている。西宮市・尼崎市・伊丹市などでは並行私鉄の駅の方が市の中心市街地を形成するが、芦屋市においてはJRの当駅が市の中心部に当たる。しかし、駅前から一歩奥に入ればすぐに震災後少なくなったとはいえ豪壮な邸宅、ステンドグラス窓の洋館など、谷崎潤一郎の作品「細雪」の世界さながらのお屋敷街が存在する。芦屋駅 (JR西日本) フレッシュアイペディアより)

  • 逆瀬川駅

    逆瀬川駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    駅北側を東流する逆瀬川の河岸に沿って両岸に豪壮な邸宅建築が建ち並んでおり、阪神間の高級住宅地の一角を占めている。逆瀬川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 都心

    都心から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    副都心(兵庫県阪神東部3市1町)都心 フレッシュアイペディアより)

  • 細雪

    細雪から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    『細雪』(ささめゆき)は、谷崎潤一郎の長編小説。1936年(昭和11年)秋から1941年(昭和16年)春までの大阪の旧家を舞台に、4姉妹の日常生活の悲喜こもごもを綴った作品。阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られ、全編の会話が船場言葉で書かれている。上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしている。舞台は阪神間だが、本質的には大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。細雪 フレッシュアイペディアより)

  • 雲雀丘花屋敷駅

    雲雀丘花屋敷駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    駅周辺の宝塚市雲雀丘、川西市花屋敷は大正時代に開発された住宅地が広がる阪神間でも屈指の「お屋敷街」である。西隣の山本駅との間には平井車庫がある。雲雀丘花屋敷駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東灘区

    東灘区から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治30年頃より、住吉村界隈を発祥の地として1940年頃までを後世になって阪神間モダニズムの時代と呼ぶようになった。東灘区 フレッシュアイペディアより)

  • 白鶴酒造

    白鶴酒造から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    7代目嘉納治兵衛が設立した白鶴美術館は中国古美術、中でも青銅器のコレクションでは世界的に知られ、日本一の私立美術館密集地帯である阪神間においても代表的存在となっている。白鶴酒造 フレッシュアイペディアより)

  • 三木市

    三木市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    志染川沿岸の農村地帯であり、奈良時代から平安時代にかけて、志深郷と呼ばれていた。丘陵地は1970年頃から大和ハウスを中心に神戸電鉄粟生線の北側で緑が丘・自由が丘・青山の順にニュータウンが次々と開発され、現在では神戸市など阪神間のベッドタウンである。また、近年では兵庫県を事業主体とする三木総合防災公園・ひょうご情報公園都市の整備が進められている。一方で、現在でも豊かな自然が残っており、伽耶院・志染の石室(窟屋の金水)や御坂サイフォンや千体地蔵などの観光名所や、名門と謳われ、阪神間モダニズムの影響を受け設計された広野ゴルフ倶楽部がある。また、神戸市との境にある呑吐ダムは、灌漑・上水道を供給している。交通については、道路では山陽自動車道三木東インターチェンジ (IC) や神戸淡路鳴門自動車道方面への分岐点である三木JCTがある。鉄道では神戸電鉄粟生線が東西に走っており、東から緑が丘駅・広野ゴルフ場前駅・志染駅がある。これらの駅の北側がニュータウン地域となっている。三木市 フレッシュアイペディアより)

  • 大正

    大正から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    日露戦争頃から、当時の経済文化の中心地であった大阪・神戸において都市を背景にした大衆文化が成立し(阪神間モダニズム)、全国へ波及した。今日に続く日本人の生活様式もこの時代にルーツが求められるものが多い。大正 フレッシュアイペディアより)

69件中 31 - 40件表示

「阪神間のできごと」のニューストピックワード