74件中 31 - 40件表示
  • 阪神1001形電車

    阪神1001形電車から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1001形各形式は、1931年に登場した1001形から1936年に登場した1141形まで、間に291形の701形への鋼体化改造を挟んで5年間にわたって行われたことから、各形式ごとにさまざまな差異があったほか、後期登場車ほど当時阪神間で進行していた阪神間モダニズムの影響を受けて洗練された内外装で登場した。この項では各形式ごとの概要を紹介する。ただし、後述のとおり1001形と1101形以降の各形式とでは車体長や仕様が大幅に異なることから、後者を便宜上1101系としてまとめて紹介することもあり、本項においても状況に応じてこの呼称を使用する。阪神1001形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 滴翠美術館

    滴翠美術館から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    美術館名の「滴翠」は、山口翁の雅号。高級住宅地の連なる阪神間でもその代表格である芦屋にあって、旧山邑邸とともに象徴的な洋館の大邸宅である。滴翠美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸コレクション

    神戸コレクションから見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    神戸のアパレル業の知名度の高さや阪神間の良家子女に見られたファッションスタイル(阪神間モダニズム・神戸系ファッションを参照)が女性誌によく紹介され、独特のファッションとして認識されている背景が、イベント発展の一助となっている。神戸コレクション フレッシュアイペディアより)

  • 関西学院大学

    関西学院大学から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    図書館を中心に、中央芝生を囲んで両側に建物を配置するという配置になっている。また赤色の素煉瓦とクリーム色のスタッコ壁、連続アーチのスパニッシュ・ミッション・スタイル(スパニッシュ・コロニアル・リバイバル)で校舎建築が統一されており、近代建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの代表的作品の1つでもある。 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの建築群は、阪神間モダニズムの特徴を有しており、1958年(昭和33年)キャンパスを含む上ケ原地区が、国立地区につぐ日本で2番目の文教地区として指定された。関西学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 細雪

    細雪から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    『細雪』(ささめゆき)は、日本の作家・谷崎潤一郎の長編小説。全編の会話が船場言葉で書かれた異色の作品である(谷崎自身は東京出身)。上流の大阪人の生活を描き絢爛でありながら、それゆえに第二次世界大戦前の崩壊寸前の滅びの美を内包し挽歌的切なさをも醸しだしている。阪神間モダニズム時代の阪神間の生活文化を描いた作品としても知られる。舞台は阪神間だが、本質的には大阪(船場)文化の崩壊過程を描いている。細雪 フレッシュアイペディアより)

  • 住吉川 (兵庫県)

    住吉川 (兵庫県)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    倚松庵をはじめ両岸には大規模な邸宅が多く、旧住吉村の流れを受け継ぐ阪神間のお屋敷街の一角をなす。住吉川 (兵庫県) フレッシュアイペディアより)

  • 夙川駅

    夙川駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    谷崎潤一郎が松子夫人と出会った根津家の邸宅があったことでも知られ、高級住宅街が連続する阪神間の中でも屈指のお屋敷町として有名である。特に駅の北西は豪邸が立ち並び環境が良い。駅から徒歩5分の丘の上には遠藤周作が洗礼を受けたことでも知られるカトリック大阪大司教区の旧カテドラル(司教座聖堂)、カトリック夙川教会聖テレジア大聖堂がある。この教会堂はコレギウム・ムジクム・テレマンの本拠地として、関西におけるバロック音楽、古楽のメッカとなっている。夙川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和ノスタルジー

    昭和ノスタルジーから見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    文化住宅、モダニズム建築、アールデコ、ストリームライン・モダン、阪神間モダニズム、田園都市 (企業)、帝冠様式、看板建築、同潤会アパート、ニコライ堂、東日天文館、東京會舘、佐藤新興生活館(現:山の上ホテル旧館)、軍艦ホテル(摩耶観光ホテル)、丹平ハウス、神戸市立御影公会堂、大河内山荘、華厳滝エレベーター、銀座トクダビル、土浦亀城邸、大阪市立電気科学館(日本最初の科学館)、交通博物館(東京都千代田区神田須田町)、東京科学博物館、上野駅 駅舎、小樽駅 駅舎、甲子園球場、帝都復興事業、大東京道路網計画、大阪花月劇場、山の手美容院(後に、→吉行あぐり美容室→吉行あぐりサロンに改称。 http://www.sainet.or.jp/~junkk/mavo/aoi.htm 参考画像HP ※ 上から二番目])昭和ノスタルジー フレッシュアイペディアより)

  • 阪神電気鉄道

    阪神電気鉄道から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    レジャー事業は古くから活動しており、最初期のものに1907年(明治40年)開設の香櫨園遊園地がある(1913年(大正2年)閉鎖)。全国中等学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)(夏の高校野球)の会場も誘致し、鳴尾球場(現在廃止。タイガース二軍球場とは別のもの)と阪神甲子園球場を相次いで建設している。その後甲子園球場を本拠地とする阪神タイガースを創立し、また甲子園球場では選抜高等学校野球大会(春の高校野球)も開催されている。また甲子園地区や六甲山地区の開発にも携わり、阪神間モダニズムの一翼を担った。阪神電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 南海本線

    南海本線から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    堺駅を過ぎると周辺には住宅地や商業地のほかに、阪神高速4号湾岸線や、堺泉北臨海工業地帯の工場群が右側の車窓に近づいてくる。堺市の目抜き通りの1つであるフェニックス通り(国道26号。大阪中央環状線とも重複)を乗り越えた後、湊駅、石津川駅を過ぎて石津川を渡ると、線路は難波からここまで続いてきた高架を下りて地上に移る。上下ホームが千鳥式に配置された諏訪ノ森駅に近づく頃から、あたかも阪神間モダニズムを想わせるような高級住宅街が線路の周辺に見え始める。右側に浜寺公園が見えると阪堺電気軌道阪堺線をくぐって浜寺公園駅。この駅と諏訪ノ森駅上りホームの駅舎は国の登録有形文化財に登録されている。線路は高石市に入り、程なく高師浜線・JR羽衣線(阪和線支線)との乗り換え駅である羽衣駅に着く。この駅手前左側の高架上に、JR羽衣線の東羽衣駅がある。かつてこの周辺が海水浴場などを有する行楽地であったことから、1990年代まで、羽衣駅の周辺には大規模な観光旅館がいくつか存在したが、現在はいずれも廃業し、姿を消している。またこの駅付近の踏切は、JR阪和線を建設した阪和電気鉄道と南海との熾烈な競争の象徴でもあったが、南海の連続立体交差事業に伴い、廃止されることになっている。南海本線 フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示