74件中 41 - 50件表示
  • 浜寺公園駅

    浜寺公園駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    大阪府下屈指の高級住宅地として広く知られる。阪神間の住宅地とよく似た雰囲気を持ち、数寄屋造りの豪邸やスペイン風の洋館など豪壮な邸宅が並ぶ閑静な街並みである。浜寺公園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市

    神戸市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1905年 - 湊川跡に新開地造成。初の都市間電気鉄道(インターアーバン)として阪神電気鉄道が神戸(三宮駅) - 大阪(出入橋駅)間で開業。阪神間モダニズムの時代( - 1940年)。旧トーマス邸(風見鶏の館)完成。神戸市 フレッシュアイペディアより)

  • 諏訪ノ森駅

    諏訪ノ森駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    関西屈指の高級邸宅街と知られる浜寺エリアに含まれ、阪神間モダニズム的な雰囲気がただよう街である。そのようなこともあり、駅周辺は大規模な個人住宅や洋館が多い。イオン諏訪の森ショッピングセンターがある。東側には諏訪ノ森本通商店街がある。諏訪ノ森駅 フレッシュアイペディアより)

  • 甲子園駅

    甲子園駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    周囲には住宅地が広がっており、大正期に私鉄によって開発された、典型的な阪神間モダニズム文化圏の住宅地で、近畿においては西宮七園の一つとして知られている。その他甲子園球場自体も大正期の近代建築であるほか、大正末期から昭和初期にかけての邸宅建築が多く現存し、武庫川女子大学の甲子園会館(旧甲子園ホテル)も、日本建築史上に名高い。甲子園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 武庫之荘駅

    武庫之荘駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪急電鉄が総面積6万坪の住宅地を売り出すために駅を設置したという経緯があり、駅周辺は阪神間モダニズムの面影を残す住宅地となっている。駅北側・駅南側ともに駅から200m圏内に信号機は設置されていない。駅敷地内や線路沿いには桜並木が整備されている。武庫之荘駅 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本駅 (兵庫県)

    岡本駅 (兵庫県)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    歴史ある高級住宅街が連続する阪神間の中でも代表的な位置にあり、駅周辺は豪壮なる邸宅建築が多く、神戸市内の住宅地で最も地価が高い。岡本駅 (兵庫県) フレッシュアイペディアより)

  • 東灘区

    東灘区から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治30年頃より、住吉村界隈を発祥の地として1940年ごろまでを後世になって阪神間モダニズムの時代と呼ぶようになった。東灘区 フレッシュアイペディアより)

  • 辰馬本家酒造

    辰馬本家酒造から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    酒の銘柄は『白鹿』であり、全国的な日本酒の銘柄として知られている。代々社長・会長は辰馬家から輩出され、辰馬家により同族経営が行われている。辰馬家は灘の嘉納家(嘉納財閥)や山邑家(山邑財閥)などとともに、酒蔵でも指折りの名門である。戦前は土地開発や金融業、海運業などさまざまな事業を手がけ辰馬財閥を形成していた。また本町辰馬家出身の山県勝見(元国務大臣・興亜火災海上保険元会長)が辰馬財閥の大番頭として活躍したことでも知られている。他の阪神財閥とともに、阪神間文化(阪神間モダニズム)にも少なからず影響を与えた。代表的な商品としては『黒松白鹿』が有名である。辰馬本家酒造 フレッシュアイペディアより)

  • 甲東園駅

    甲東園駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    財界人や文化人の邸宅も多く、西宮七園の一つとして阪神間の高級住宅街の一角を構成する。当駅の南隣を山陽新幹線が通過しており(冒頭の写真参照)、阪神・淡路大震災時には新幹線の高架橋桁が落下して今津線不通の原因となった。甲東園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 芦屋駅 (JR西日本)

    芦屋駅 (JR西日本)から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    高級住宅地として名高い芦屋市の中心で、駅ビルには大丸芦屋店がある。阪神間の都市の多くと同じく、他社の同名の駅とは離れている。西宮市・尼崎市・伊丹市などでは他社の駅の方が市の中心市街地を形成するが、芦屋市においては当JR駅が市の中心部に当たる。しかし、駅前から一歩奥に入ればすぐに震災後少なくなったとはいえ豪壮な邸宅、ステンドグラス窓の洋館など、谷崎潤一郎の作品「細雪」の世界さながらのお屋敷街が存在する。芦屋駅 (JR西日本) フレッシュアイペディアより)

74件中 41 - 50件表示