74件中 51 - 60件表示
  • 日本の市外局番

    日本の市外局番から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    072 - 大阪府の大半(06及び075・074地域を除く)と兵庫県阪神東部(06・079地域を除く)、京都府京都市西京区大原野出灰及び八幡市枚方カントリークラブ、奈良県御所市金剛山上。日本の市外局番 フレッシュアイペディアより)

  • 甲陽園駅

    甲陽園駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    周囲は甲陽園として西宮七園の一つに数えられ、阪神間における高級住宅街の一つとして有名である。甲陽園駅 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸女学院大学

    神戸女学院大学から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    キャンパスは創立以来長く神戸市にあったが、1933年(昭和8年)、摂津尼崎藩主桜井家(旧・桜井松平家)が所有していた西宮市岡田山にキャンパスを移転した。近隣の関西学院大学や聖和大学(現・関西学院大学教育学部)と同じウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計によるスパニッシュ・ミッション・スタイル(南地中海様式)の優美な校舎は、淡いクリーム色の外壁と赤銅色の瓦が特徴的。また、国土交通省近畿地方整備局は神戸女学院大学キャンパスを阪神間モダニズムにおけるヴォーリス設計事務所代表作として紹介している。講堂・総務館・チャペル、図書館、文学館、理学館、音楽学部一号館は国の登録有形文化財に登録されている。神戸女学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治20年代末以降は京阪神に富裕層が集まり、関東大震災による東京の一時的な衰退もあって、昭和初期まで東京に並ぶ日本の文化・経済の拠点として多くの文化人・経済人を輩出した(阪神間モダニズム)。しかし東京は短期間に復興し、特に昭和10年代に戦時体制がとられてからは有力企業や資本家の東京への移動が始まる。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急神戸本線

    阪急神戸本線から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    沿線開発の方では宝塚本線開業時同様、住宅開発が積極的に進められた。この頃になると、阪急のみならず芦屋六麓荘、関西土地などといった民間宅地開発業者も開発に参入するようになり、結果として伊丹・西宮七園・夙川・六麓荘町・御影など良好な住宅地が沿線に形成され、のちにこれらの新興住宅地は、高級住宅街となった。これらの開発はそれ独自の文化も生み出し、後に阪神間モダニズムと呼ばれるようになる。阪急神戸本線 フレッシュアイペディアより)

  • 灘五郷

    灘五郷から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治期以降、豊かな醸造家は阪神間モダニズム文化の牽引役となった。灘五郷 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治維新後は、首都機能が京都から東京へと移ったことおよび、蔵屋敷が不要になったことなどもあって一時的に衰えを見せた。しかし、繊維関係を始めとする軽工業部門を中心に商工業が発展し、「東洋のマンチェスター」や「東洋一の商工地」と称せられ、現在も大企業として存続する企業が勃興しメセナが活発に行われた。この時代は「阪神間モダニズム」と呼ばれる。大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市

    大阪市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治時代から昭和時代初期は、政府が造幣局や砲兵工廠を置き、金属工業や繊維産業を中心に商社・卸売・新聞など様々な商工業が発展し「東洋一の商工地」と称され、多くの企業が勃興した。メセナが活発に行われた「阪神間モダニズム」と呼ばれた時代には、六大都市の1つとして日本の中心の1つとなった。特に関東大震災後には、周辺の東成郡・西成郡全域の編入と東京からの移住者も加わって大阪市は日本最大の都市となり、世界でも第6位となった。そのため、「大大阪」と称されたこともあった。しかし、昭和10年代より政府が戦時統制を敷き、文化・芸術・教育・産業その他あらゆる分野の中枢を東京に集めたことで、相対的地位は低下していった。大阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 雲雀丘花屋敷駅

    雲雀丘花屋敷駅から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    駅周辺の宝塚市雲雀丘、川西市花屋敷は大正時代に開発され、高級住宅街が広がる阪神間でも屈指の「お屋敷街」である。西隣の山本駅との間には平井車庫がある。雲雀丘花屋敷駅 フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1919年7月に東京高等工業学校(現・東京工業大学)の田中三郎ら学生4人が、アート紙4ページ、毎月1日、11日、21日発行の外国映画専門誌として発刊。1923年9月に発生した関東大震災により社屋が壊滅したが、兵庫県芦屋市や西宮市香櫨園などの阪神間に編集拠点を移して刊行を続けた。このため出版業を通じて阪神間モダニズムの一翼を担うことになる。キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

74件中 51 - 60件表示

「阪神間のできごと」のニューストピックワード