69件中 51 - 60件表示
  • 堺市

    堺市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    同性愛を題材に、「美」に盲目的に崇拝して、その「美」に翻弄され、虐げられていく人々を描いた作品。作品の主な舞台は谷崎文学の「西の拠点」ともいうべき芦屋・岡本(神戸市)周辺と大阪だが、最後の場面に浜寺海水浴場が登場する。作品が発表された1928年は、阪神間モダニズムが花開いた時期と重なるが、作品に浜寺が登場するのは、阪神間に次ぐ関西モダニズムの一翼を担っていた点を意識したのではないかと考えられる。堺市 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    球場完成後も周辺の開発が阪神電鉄によって進められ、遊園地、動物園、水族館(この3つは甲子園娯楽場として)、総合競技場(甲子園南運動場)、テニスコート(甲子園庭球場、甲子園国際庭球場)、競技用プール(甲子園水上競技場)などが設けられ、阪神電鉄のものではないがそれより前から存在していた鳴尾競馬場とゴルフ場(現在の鳴尾GCコースの前身)を含め一帯は阪神間モダニズムを代表する一大レジャーゾーンとなった。総合競技場は大運動場が野球場としての形状見直しによって、陸上競技場や球技場としての機能を分離したものである。甲子園大運動場から甲子園球場に名称が変更された時期は定かではないが、この時期である可能性が高い。球場は改良が進められて外野に芝が張られ、現在のアルプススタンド・外野スタンドにあたるスタンドが増築され、公称収容人数は7万人となった。スタンド増築の際にフェアグラウンドの形状が変更され、現在に近い形となってほぼ野球専用となった。それでも当時の日本の野球場としては広大であり、小柄で非力な日本人選手の体型とボールの品質の低さもあって、本塁打が極端に出にくいことで知られていた。また、1935年には所有者の阪神電鉄によって大阪野球倶楽部(球団名大阪タイガース・現阪神タイガース)が設立され、甲子園を本拠地とした。ただしフランチャイズ制度が導入される以前はホームゲームを本拠地で行う習慣はなく、阪急西宮球場や後楽園球場とともに各球団が使用していた。阪神甲子園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神電気鉄道

    阪神電気鉄道から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    レジャー事業は古くから活動しており、最初期のものに1907年(明治40年)開設の香櫨園遊園地がある(1913年(大正2年)閉鎖)。全国中等学校優勝野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)(夏の高校野球)の会場も誘致し、鳴尾球場(現在廃止。タイガース二軍球場とは別のもの)と阪神甲子園球場を相次いで建設している。その後甲子園球場を本拠地とする阪神タイガースを創立し、また甲子園球場では選抜高等学校野球大会(春の高校野球)も開催されている。また甲子園地区や六甲山地区の開発にも携わり、阪神間モダニズムの一翼を担った。阪神電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急神戸本線

    阪急神戸本線から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    沿線開発の方では宝塚本線開業時同様、住宅開発が積極的に進められた。この頃になると、阪急のみならず芦屋六麓荘、関西土地などといった民間宅地開発業者も開発に参入するようになり、結果として伊丹・西宮七園・夙川・六麓荘町・御影など良好な住宅地が沿線に形成され、のちにこれらの新興住宅地は、高級住宅街となった。これらの開発はそれ独自の文化も生み出し、後に阪神間モダニズムと呼ばれるようになる。阪急神戸本線 フレッシュアイペディアより)

  • 高級住宅街

    高級住宅街から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    以上の地区は阪神間モダニズムの発祥の地となった。高級住宅街 フレッシュアイペディアより)

  • 関西学院大学

    関西学院大学から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    図書館を中心に、中央芝生を囲んで両側に建物を配置するという配置になっている。また赤色の素煉瓦とクリーム色のスタッコ壁、連続アーチのスパニッシュ・ミッション・スタイル(スパニッシュ・コロニアル・リバイバル)で、パラペット屋根にスパニッシュ瓦をあしらっているか、スパニッシュ瓦葺きの校舎建築がほぼ統一されており、近代建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの代表的作品の1つでもある。関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの建築群は、阪神間モダニズムの特徴を有しており、1958年(昭和33年)キャンパスを含む上ケ原地区が、国立地区につぐ日本で2番目の文教地区として指定された。なお、戦後から1960年代に一時スパニッシュ・ミッション・スタイルの校舎を採用しなかった時期があったが、1970年代からは設計者を日本設計に変えて、再びスパニッシュ・ミッション・スタイルの校舎群が建てられるようになった。関西学院大学 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市

    大阪市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治時代から昭和時代初期は、政府が造幣局や砲兵工廠を置き、金属工業や繊維産業を中心に商社・卸売・新聞など様々な商工業が発展し「東洋一の商工地」と称され、多くの企業が勃興した。メセナが活発に行われた阪神間の「阪神間モダニズム」と呼ばれた時代には、六大都市の1つとして幕末から明治時代当初にかけて明治政府よる藩債処分の影響により大打撃をあたえられていた大阪だが再び日本の中心の1つとなった。関東大震災後には、周辺の東成郡・西成郡全域の編入と東京からの移住者(横浜や名古屋や神戸にも移住者あり)も加わって大阪市は、1932年の東京市の市域拡張までの間、日本最大の都市となり、世界でも第6位となった。そのため、「大大阪」と称されたこともあった。しかし、昭和10年代より政府が戦時統制を敷き、文化・芸術・教育・産業その他あらゆる分野の中枢を東京に集めたことで、相対的地位は低下していった。大阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和モダン

    昭和モダンから見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    前述の鉄道沿線開発では阪急電鉄の小林一三、東武鉄道の根津嘉一郎の近代田園都市建設は名高い。宝塚大劇場や甲子園球場が開場したのはこの頃である(阪神間モダニズム)。昭和モダン フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1919年7月に東京高等工業学校(現・東京工業大学)の田中三郎ら学生4人が、アート紙4ページ、毎月1日、11日、21日発行の外国映画専門誌として発刊。1923年9月に発生した関東大震災により社屋が壊滅したが、兵庫県芦屋市や西宮市香櫨園などの阪神間に編集拠点を移して刊行を続けた。このため出版業を通じて阪神間モダニズムの一翼を担うことになる。キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治維新後は、首都機能が京都から東京へと移ったことおよび、蔵屋敷が不要になったことなどもあって一時的に衰えを見せた。しかし、繊維関係を始めとする軽工業部門を中心に商工業が発展し、「東洋のマンチェスター」や「東洋一の商工地」 と称せられ、現在も大企業として存続する企業が勃興しメセナが活発に行われた。この時代は「阪神間モダニズム」と呼ばれる。1925年には大阪市が周辺地域を合併して市域を拡大させた(大大阪時代)こともあって、この大大阪が関東大震災で打撃を受けた東京市を凌ぐ日本最大の人口を誇る都市であった時期もある。大阪府 フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「阪神間のできごと」のニューストピックワード