1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示
  • 神戸市

    神戸市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1905年 - 湊川跡に新開地造成。初の都市間電気鉄道(インターアーバン)として阪神電気鉄道が神戸(三宮駅)- 大阪(出入橋駅)間で開業。阪神間モダニズムの時代( - 1940年)。旧トーマス邸(風見鶏の館)完成。神戸市 フレッシュアイペディアより)

  • 辰馬本家酒造

    辰馬本家酒造から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1662年(寛文二年)創業。ブランドネームは『白鹿』であり、全国的な日本酒の銘柄として知られている。代々社長・会長は辰馬家から輩出され、辰馬家により同族経営が行われている。辰馬家は灘の嘉納家(嘉納財閥)や山邑家(山邑財閥)などとともに、酒蔵でも指折りの名門である。戦前は土地開発や金融業、海運業などさまざまな事業を手がけ辰馬財閥を形成していた。また本町辰馬家出身の山県勝見(元国務大臣・興亜火災海上保険元会長)が辰馬財閥の大番頭として活躍したことでも知られている。他の阪神財閥とともに、阪神間文化(阪神間モダニズム)にも少なからず影響を与えた。代表的な商品としては『黒松白鹿』が有名である。辰馬本家酒造 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治20年代末以降は京阪神に富裕層が集まり、関東大震災による東京の一時的な衰退もあって、昭和初期まで東京に並ぶ日本の文化・経済の拠点として多くの文化人・経済人を輩出した(阪神間モダニズム)。しかし東京は短期間に復興し、特に昭和10年代に戦時体制がとられてからは有力企業や資本家の東京への移動が始まる。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 南海本線

    南海本線から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    堺駅を過ぎると周辺には住宅地や商業地のほかに、阪神高速4号湾岸線や、堺泉北臨海工業地帯の工場群が右側の車窓に近づいてくる。堺市の目抜き通りの一つであるフェニックス通り(国道26号。大阪中央環状線とも重複)を乗り越えた後、湊駅、石津川駅を過ぎて石津川を渡ると、線路は難波からここまで続いてきた高架を下りて地上に移る。上下ホームが千鳥式に配置された諏訪ノ森駅に近づく頃から、あたかも阪神間モダニズムを想わせるような高級住宅街が線路の周辺に見え始める。右側に浜寺公園が見えると阪堺電気軌道阪堺線をくぐって浜寺公園駅。この駅の旧駅舎と諏訪ノ森駅上りホームの駅舎は国の登録有形文化財に登録されている。線路はその後下り線のみ高架に切り替わる。高石市に入り、程なく高師浜線・JR羽衣線(阪和線支線)との乗り換え駅である羽衣駅に着く。この駅手前左側の高架上に、JR羽衣線の東羽衣駅がある。かつてこの周辺が海水浴場などを有する行楽地であったことから、1990年代まで、羽衣駅の周辺には大規模な観光旅館がいくつか存在したが、現在はいずれも廃業し、姿を消している。またこの駅付近の踏切は、JR阪和線を建設した阪和電気鉄道と南海との熾烈な競争の象徴でもあったが、南海の連続立体交差事業(高架化)に伴い、2016年に下り線側の踏切が廃止された。上り線側についても先述の通り2019年春頃廃止される予定である。南海本線 フレッシュアイペディアより)

  • 灘五郷

    灘五郷から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治期以降、豊かな醸造家は阪神間モダニズム文化の牽引役となった。灘五郷 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神モダニズム

    阪神モダニズムから見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神モダニズム フレッシュアイペディアより)

  • 阪急文化

    阪急文化から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪急文化 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神文化圏

    阪神文化圏から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神文化圏 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神間文化

    阪神間文化から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神間文化 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示

「阪神間のできごと」のニューストピックワード