74件中 61 - 70件表示
  • 兵庫県

    兵庫県から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1905年(明治38年) - 阪神電気鉄道が神戸(三宮)〜大阪(出入橋)で開業。阪神間モダニズムの時代。(1940年(昭和15年)まで)兵庫県 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚治虫

    手塚治虫から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1933年、治虫が5歳のときに、一家は阪神間モダニズムが漂う兵庫県宝塚市に移った。戦前の寶塚(宝塚)は田園風景の中に新興の住宅地が散在し、その中心に宝塚歌劇団の本拠地の宝塚大劇場、宝塚ファミリーランドの前身の宝塚新温泉や宝塚ルナパークなどの行楽地が立ち並び、一種の異空間を形作っていた。このような人工的な近代都市の風景は手塚の作品世界の形成に大きな影響を及ぼしたと考えられる。父は宝塚ホテルの中に作られた宝塚倶楽部の会員であり、ときどき治虫は父に連れられてホテルのレストランで食事をし、母には宝塚歌劇団に連れて行ってもらっていた。また手塚家の隣家は宝塚歌劇団のトップスターである天津乙女と雲野かよ子姉妹の家であり、宝塚音楽学校に入学したい娘が保護者とともにお百度を踏む光景がよく見られたほか、歌劇団の女性と接する機会も多かった。 のちに手塚は、初恋の相手が宝塚の生徒だったこと、宝塚の生徒を見たいがために宝塚に通ったこと、月丘夢路や淡島千景のような鉄火肌の女性が好みであること、月丘主演の大映映画『新雪』(1942年)を20数回観たことを語っている。手塚治虫 フレッシュアイペディアより)

  • 大正

    大正から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    日露戦争頃から、当時の経済文化の中心地であった大阪・神戸において都市を背景にした大衆文化が成立し(阪神間モダニズム)、全国へ波及した。今日に続く日本人の生活様式もこの時代にルーツが求められるものが多い。大正 フレッシュアイペディアより)

  • 堺市

    堺市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    同性愛を題材に、「美」に盲目的に崇拝して、その「美」に翻弄され、虐げられていく人々を描いた作品。作品の主な舞台は谷崎文学の「西の拠点」ともいうべき芦屋・岡本(神戸市)周辺と大阪だが、最後の場面に浜寺海水浴場が登場する。作品が発表された1928年は、阪神間モダニズムが花開いた時期と重なるが、作品に浜寺が登場するのは、阪神間に次ぐ関西モダニズムの一翼を担っていた点を意識したのではないかと考えられる。堺市 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚市

    宝塚市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1910年(明治43年) - 箕面有馬電気軌道(現在の阪急宝塚本線)が開通。(阪神間モダニズム宝塚市 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    球場完成後も周辺の開発が阪神電鉄によって進められ、遊園地、動物園、水族館(この3つは甲子園娯楽場として)、総合競技場(甲子園南運動場)、テニスコート(甲子園庭球場、甲子園国際庭球場)、競技用プール(甲子園水上競技場)などが設けられ、阪神電鉄のものではないがそれより前から存在していた鳴尾競馬場とゴルフ場(現在の鳴尾GCコースの前身)を含め一帯は阪神間モダニズムを代表する一大レジャーゾーンとなった。総合競技場は大運動場が野球場としての形状見直しによって、陸上競技場や球技場としての機能を分離したものである。甲子園大運動場から甲子園球場に名称が変更された時期は定かではないが、この時期である可能性が高い。球場は改良が進められて外野に芝が張られ、現在のアルプススタンド・外野スタンドにあたるスタンドが増築され、公称収容人数は7万人となった。スタンド増築の際にフェアグラウンドの形状が変更され、現在に近い形となってほぼ野球専用となった。それでも当時の日本の野球場としては広大であり、小柄で非力な日本人選手の体型とボールの品質の低さもあって、本塁打が極端に出にくいことで知られていた。また、1935年には所有者の阪神電鉄によって大阪野球倶楽部(球団名大阪タイガース・現阪神タイガース)が設立され、甲子園を本拠地とした。ただしフランチャイズ制度が導入される以前はホームゲ?ムを本拠地で行う習慣はなく、阪急西宮球場や後楽園球場とともに各球団が使用していた。阪神甲子園球場 フレッシュアイペディアより)

  • 三木市

    三木市から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    志染川沿岸の農村地帯であり、奈良時代から平安時代にかけて、志深郷と呼ばれていた。丘陵地は1970年頃から大和ハウスを中心に神戸電鉄粟生線の北側で緑が丘・自由が丘・青山の順にニュータウンが次々と開発され、現在では神戸市など阪神間のベッドタウンである。また、近年では兵庫県を事業主体とする三木総合防災公園・ひょうご情報公園都市の整備が進められている。一方で、現在でも豊かな自然が残っており、伽耶院・志染の石室(窟屋の金水)や御坂サイフォンや千体地蔵などの観光名所や、名門と謳われ、阪神間モダニズムの影響を受け設計された広野ゴルフ倶楽部がある。また、神戸市との境にある呑吐ダムは、灌漑・上水道を供給している。交通については、道路では山陽自動車道三木東インターチェンジ (IC) や神戸淡路鳴門自動車道方面への分岐点である三木JCTがある。鉄道では神戸電鉄粟生線が東西に走っており、東から緑が丘駅・広野ゴルフ場前駅・志染駅がある。これらの駅の北側がニュータウン地域となっている。三木市 フレッシュアイペディアより)

  • 中山太一

    中山太一から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    1922年(大正11年)、中山太陽堂の顧問に自由劇場、松竹蒲田撮影所前所長の小山内薫を迎え、出版社「プラトン社」を設立した。弟・豊三を社長に据え、このころ図案家として中山太陽堂に入社していた山六郎を出向させ、小山内を編集長に、同年5月、雑誌『女性』、1923年(大正14年)12月に『苦楽』の2誌を創刊した。同社は直木三十五、川口松太郎といった文人、山のほかに山名文夫、岩田専太郎、竹中英太郎といったイラストレーター、グラフィックデザイナーを育て、阪神間モダニズムの勃興に多大な影響を与えた。1928年(昭和3年)に6年間をもって廃業した。中山太一 フレッシュアイペディアより)

  • 深江文化村

    深江文化村から見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    明治後期から昭和初期までの阪神間モダニズムとよばれた時代、阪神間は富裕層の別荘地であった。大正時代後期、理想とする住環境を創造するために資産家と医師、建築家吉村清太郎(元ヴォーリズ事務所)らが手を組んで芦屋川西岸に建設した西洋館街が後に深江文化村と称されるようになった。深江文化村 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神モダニズム

    阪神モダニズムから見た阪神間モダニズム阪神間モダニズム

    阪神モダニズム フレッシュアイペディアより)

74件中 61 - 70件表示

「阪神間のできごと」のニューストピックワード